Blogブログ

相馬建築のブログはこちらから

相馬建築のブログはこちらからご覧いただけます。完成見学会の開催情報のほか、優れた土地の取得方法や家づくり・インテリアづくりの極意といった情報を随時更新予定です。便利でお得な情報をキャッチして、理想の家づくりを叶えるためにお役立てください。

ブログ一覧

  • バイアス解除のススメ

    バイアス解除のススメ

    周りを見渡してみると ほとんどの家がそうなっているように、 家を建てるとなれば、 日当たりがいいところに部屋を配置し、 そうじゃないところに 部屋以外を配置するものだという 当たり前が存在します。 そして土地の方位や環境などは どこ吹く風と言わんばかりに、 どんな土地であっても このもっともらしい論理になぞって 設計プランがつくられていくのですが、 もちろん、この結末がいいものになることは 「ほぼほぼ無い」と言っても過言ではありません。 例えばこの論理が最もしっくりきそうな 南向きの土地の場合、 日当たりがいい場所に全ての部屋を配置すると 部屋には直射光がたっぷりと 入ってくるのは間違いありません。 しかし、光が眩し過ぎること、 熱も入ってき過ぎること、 台風の直風がモロに当たること、 そして、なにより家の中が丸見えなり過ぎること、 などの困った理由から 大きな窓には全て基本的に カーテンとシャッターがセットで必要になってきます。 そしてカーテンはおろか、 立地によったらシャッターまでも ずっと閉めた状態にしているという光景も よくお見かけするのではないでしょうか。 つまり、何のために大きな窓をつくったのやら・・ という状態になっているというわけです。 庭につくったウッドデッキだって 丸見え過ぎることから 全くと言っていいほど使っていない、 というか使いたくても使えない 状況になっているでしょうしね。 次に北向きの土地で考えてみましょう。 この場合、南に部屋をつくったとしても よほど土地に奥行きがない限り 南からの光が充分に入ってきません。 北向きの土地では基本すぐ南に家が建っているからです。 また、南に部屋を配置すれば 必然的に水回りが北に配置されるのですが、 この結果、正面である北面に 窓や換気扇や給湯器といった部材が 設置されることになります。 つまり、家の顔となる正面が不細工になりやすい上、 汚くなりやすいというわけです。 では、東や西向きの土地はどうでしょう。 これらの土地に共通して言えるのは、 家の正面に丸見えになる 大きな窓を設置する可能性も低いし、 景観を乱す水回りも正面になりにくいということですが、 北向きの土地と同じように 日当たり面で支障が出やすいのが特徴です。 基本すぐ南に家が建っているからです。 ゆえ、この場合も単純にこの論理になぞって 間取りを決めるのは懸命な選択だとは言えません。 また、すぐ南に家が建っているということは、 「=家の裏側がよく見える」ということでもあるので、 南に大きな窓をつくった場合、 いい景色を窓から臨むことは皆目出来ないことも もはや言うまでもありません。 そして、この問題を解決するために 外構工事により多くのお金を かけざるを得ないということになります。 南向きの土地以外は庭の景観をよくするために。 南向きの土地はプライバシーを担保するために。   根本的な解決策を知っておく   冒頭でお伝えした論理は、 それを適用して問題がない土地なら そうしていただいても何の問題もありませんが、 ここまでお伝えしてきたように、 よほど広い土地じゃない限り、 必ず何らかの支障が出るのは間違いありません。 つまり、最適なプランというのは セオリーだけで成り立つのではなく、 「土地」そのものが持つ個別の条件によって 大きく左右されるということですね。 ゆえ、家を建てる時には こういった当たり前のように認識されている 様々なバイアスを一旦解除することをオススメしています。 そして、家を建てる土地の前に立ち、 周囲の環境をよく観察してみてください。 これらがバランスよく考えられれば、 きっと本当に住みやすい家を 建てることが出来るようになるはずです。 もちろん、美しいデザインも両立しながら。 それでは、、、

    MORE

  • 多面的に捉えることの大切さ

    多面的に捉えることの大切さ

    ~弘前市で注文住宅をお考えの方必見!!~ 例えば、東向きの土地に家を建てるとしたら、 光を遮る建物がない東に部屋を配置し、 採光と風通しのための窓をつくるのが一般的です。 しかし、この場合、 何点か注意しておかないといけないポイントがあり、 それらを知らないまま建ててしまうと 思っていたのとは違う家が出来上がってしまいます。 まず注意すべき点は、 エアコンの室外機を置く場所が どこになるのかということです。 東向きの土地で 東にしか室外機が置けないとなると、 家の正面に室外機が置かれると同時に、 エアコンの配管カバーまで見えてしまうからです。 ゆえ、図面を見る時には エアコンをどこにつけるのかということも 一緒にチェックするようにしてください。 続いて、注意すべき点が 換気扇がどこにつくのかということです。 換気扇はトイレや脱衣などにつける 排気のためのものだけじゃなく、 各部屋につける給気もあるからです。 ゆえ、エアコンのチェックと共に 換気扇の種類と製品がどこにつくのかも チェックするようにしてください。 細かいようですが、 外部につく換気扇のカバーも 景観を乱す原因となるものだし、 壁から突起した部材は全て外壁を汚す原因となり、 それが正面だとただただ汚れが 目立つことになりますからね。 最後に注意していただきたいことが、 そこにつける窓が充分な採光と風通しを もたらしてくれるのかということです。 闇雲に窓のサイズを大きくしても 透明ガラスだとカーテンが必ず必要になるし、 かつカーテンを開けることが出来なくなります。 また、カーテンが開けられないということは イコール窓も開けられないということでもあるので、 基本、風を取り込むことも出来ません。 ゆえ、窓に関してもその場所ごとに どのような形状がベターなのかと どのようなサイズがベターなのかも しっかり考えていかないといけないということも 覚えておいていただいた方がいいかと思います。 窓もカーテンも開けられないでは、 そこに窓をつくった意味は 「皆無に等しい」わけですからね。 設計図の見方を知っておくことが大事 ここまでお伝えしたようなことは こうやって言われてみると ごく当たり前なことのように お感じになると思いますが、 現実は決してそうではありません。 例えば、間取り提案の時に お見せする立面図(外観図)や立体パースなどには、 エアコンの室外機まで記載しないし、 もちろん換気扇の外部カバーなんかも 記載されることはありません。 かつ、雨樋も記載されていません。 つまり、実際建ってみたら 結構ゴチャゴチャしそうなのに、 プラン上は割とスッキリ見えてしまう ということですね。 ゆえ、この問題を解決するには ご自身でしっかり想像していただくか、 あるいは、そういった細かい部材まで 図面に反映して出してもらうか のいずれかを選択するしかありません。 また、窓に関しても 平面図だけを見ていたのでは 99.99%設置すべき窓を間違えてしまうと思います。 窓はただサイズを大きくしたから その分光量が増えるわけではありません。 たとえ計算上は増えるとしても、です。 また、数を増やしたから その分光量が増えるわけでもありません。 たとえ計算上は増えるとしても、です。 風通しに関しても、 同じ部屋に2ヶ所窓をつけたから 単純に風が通るわけではないし、 開口を大きくしたから その分取り込める風量が増えるわけでもありません。 これらに関しても、 家の中や外からどのように見えるのかを 想像していただくことが なにより大事なのは もはや言うまでもないと思います。 そして、そこまで考えつつ 窓の形やサイズ、そしてガラスの種類などを 一つ一つ考えていかないといけません。 というわけなので、 本当に暮らしやすい住まいや 本当に景観が美しい家をつくるためには、 平面図(間取り図)だけを 見ていてはいけないということ、 そして間取りや動線だけじゃなく 外観との兼ね合いなども 一緒に見なければいけないということを ぜひ覚えておいていただければと思います。 それでは、、、

    MORE

  • 理想の借入と現実の家づくりと

    理想の借入と現実の家づくりと

    一般的に銀行からの借入は (税込)年収の5倍ぐらいが適切だと言われています。 仮に世帯年収が500万円だとしたら 2500万円ぐらいが適切で、 3500万円銀行から借りたいとお考えなら 世帯年収が700万円ぐらい あった方がいいという感じでしょうか。 もちろん、この説はなかなかいい線を行っていて この実現が理想的なのは 火を見るよりも明らかなことなんですが、 どっこい現実を見てみると 20%以上建築費が値上がりした現在は、 この理想論からはかけ離れざるを得ない方の方が 圧倒的に多いというのが現実です。 例えば世帯年収500万円のご家族が 土地から買って家を建てる場合、 仮に自己資金が300万円あるとしたら 理想的なローンと自己資金を合計すると 2800万円が家づくりの総予算となるのですが、 購入しようとしている土地が1000万円だとしたら、 家そのものにかけられる予算は マックス1500万円となり、 数年前まではこの予算でも 家を建てることが出来ていたものの、 現在の建築価格では 思い描いている理想を叶えるどころか そもそも家を建てることすら難しいというのが、 悲しいかな今の現実です。 ゆえ、この場合使える土地があるなら そこを使っていただくか、 不足分を自己資金とローンによって 賄っていただくというお話を せざるを得ないということになります。 もっとも土地を買わなくてよくなれば 土地に費やす予定だった1000万円を 建築代(と外構代)に回すことが出来、 借入を増やすどころか むしろ減らすことが出来るかもしれないので まずはこちらを優先して 考えていただく方がいいですけどね。 では、土地を買わないといけない方は どうすればいいのか? この場合、まずは購入する土地の価格を 少しでも落とせないかを優先して 考えていただくことをオススメします。 住む地域を変えるとか、 面積を小さくするなどによって、です。 理由は、理想的な予算からのはみ出しを 少しでも小さくするためです。 かつ、家の予算を少しでも小さくするために コンパクトさを意識しながら 間取りを考えていただくことをオススメしています。 このように土地にせよ家にせよ これまでの常識は一旦脇に置いていただき、 現状にフィットした考えになって いただかないといけないのですが、 とはいえ、これを実行していただくことは 想像以上に難易度が高く、 おそらく大多数の方が年収の5倍ルールの範囲内では 全く収まらないと思います。 なので、最後に予算が大きくはみ出た場合、 どうしないといけないかについて お伝えしていきたいと思います。 「攻撃は最大の防御なり」 それは勇気を持ってリスクを取り、 安全だと考えられている 銀行への貯金と生命保険を減らし、 その分を「長期積立投資」に回すことです。 ここでは銀行への預金が必要ない理由や 生命保険や学資保険がいらない理由、 そして医療保険もほどほどでいい理由 などについては触れませんが、 要は、今すぐこれらを見直して 夫婦そろって「新NISA」を活用しつつ 積立を開始してください。 そして、いつか仕事を辞める時まで 積み立てた資金を引き出すことなく ずっと運用し続けていってください。 もちろん、未来のことなんて誰にも予測はつきません。 ですが、過去150年間のデータによると 年間で約10%ずつ資産が増えてきており、 今後も短期的・中期的には 世界情勢によって不安定な時期が定期的に訪れるものの、 長期的にはそのパフォーマンスを きっと維持してくれるのではないでしょうか。 そしてそう考えると、 勇気を持ってそこに踏み込んだ人と 踏み込めなかった人とでは、 やがて迎える老後にとてつもない大差が開いていることは もはや言うまでもありません。 というわけなので、 これから家を建てる方は、 同じタイミングでここまでするのが セットであることを忘れずに 家づくりをしていただければと思います。 それでは、、、

    MORE

  • 適切な部屋の広さの導き出し方

    適切な部屋の広さの導き出し方

    せっかく家を建てるんだから、 これからの暮らしに困らないように 収納もたっぷりと欲しいし なるだけ家も広くしておきたい・・ 誰もがそうお考えになると思います。 もちろん予算的に問題ないのであれば 広さも含めてやりたいことを 詰め込んだ方がいいと思うのですが、 なかなかそういうわけにはいかない という厳しい現実に直面している方も 決して少なくないのではないでしょうか。 ましてや現在は資材高騰の影響を受け 20%ほど建築費が上がっているので、 広さに関してはグンと削らないといけなくなっている というのが率直な感想です。 そんなわけで今回は、 「適切な広さ」というテーマで お伝えしていきたいと思います。 おそらく、ほとんどの方に 「確かにそうだよねー」と 共感いただける内容であるとともに、 この内容をご理解いただくと 自然と家のコストを縮めることが出来ると思うので、 ぜひ最後までお付き合いいただければと思います。 では、早速1つ1つ広さや必要性について 検証していってみましょう! 寝室の適切な広さ 今は、寝室に隣接してか、 あるいは寝室からそう遠くない場所に ウォークインクローゼットをつくるのが スタンダードになっているし、 かつ、テレビ離れが加速していることから、 わざわざ寝室にまでテレビを置かないか、 あるいは、置くとしても場所を取らない 壁掛けにされる方が多いため、 寝室には基本ベッドしか置かない という方が圧倒的多数だと思います。 となると置くベッド寸法と台数さえ あらかじめ分かっていれば、 自ずと寝室の広さをどれくらいに すればいいのかが分かります。 例えば、置くベッドが セミダブルが2台だとしたら、 ベッドが締める面積は 横2m40cm(1m20cm×2台)、 縦2mということになりますが、 実は6帖あればこれらを置くことが出来ます。 6帖という広さは、 3m51cm×2m60cmだからです。 つまり、3m51cmに対して2m40cmを置けば 1m11cmも余白が出来るし、 2m60cmに対して2mを置けば 60cm余白が出来、 通るだけならそれだけで 充分なスペースが出来るからです。 そんなわけで 寝室の広さを決める時は、 このように考えていただければと思うし、 子供部屋に関しても同じように考えていただければ、 闇雲に大きくすることもなくなるかと思います。 子供部屋に関しては、 シングルベッド(90cm×2m)と勉強机を 置くか置かないかという感じでしょうかね。 子供たちはいつかは家を出ていくので、 その点も加味しつつ考えてみていただけたらと思います。 客間の必要性 仮にあなたが建てる家を 2階建てだと決めていて、 かつ寝室と子供部屋を2階につくる と決めているのであれば、 1階にはLDKの他に もう1つ部屋をつくっておいた方が いいと思います。 1階にLDKしかないと 子供たちが小さいうち LDKが荷物でごった返すことになるし、 足腰が悪くなった時、 生活そのものに困ることになるからです。 他方、平屋を中心に間取りを考えると 全ての部屋と収納が1階に集結するので、 寝室と子供部屋以外に部屋を つくる必要がなくなります。 そしてそれだけで、 200万円ぐらい家のコストを カットすることが出来ます。 LDKの適切な広さ LDKは過ごす時間がダントツで長く、 一番重要な場所であることから 出来ればここだけはやりたいようにしてもらいたい と思っているのですが、 とはいえ、こことて広くなれば その分コストは上がってしまうため、 あらかじめ適切な広さを知っておいていただくことが 大切かと思います。 もちろん、ここもどんな家具を置くかによって 適切な広さは変わってくるのですが、 仮にあなたが望むキッチンが対面型で、 家族そろって食卓で食事をし、 大きなソファーでくつろぎたいとお考えであれば 16帖という広さが適切だと思います。 なぜ18帖や20帖ではなく14帖でもないのか? 理由は14帖だと食卓とソファーの間に 全くゆとりがなくなるし、 18帖より大きくすると、 食卓とソファーの間にゆとりが出来過ぎ、 そこが荷物置き場と化しやすいからです。 また、人は隙間があると そこを埋めたくなるという習性を持っており、 これが意味することは どれだけゆとりをつくったとしても 全力でそこを埋めようとしてしまうということです。 つまり、リビングを広くつくると、 そこにチェストなどの家具を置きたくなり、 置いたが最後、 今度はチェストの中を埋めたくなり、 次から次へと物を買って 出費が増えると同時に、 どんどん物も増えていき管理出来なくなる。 その上、チェストをはじめ家具の上は ちょこっと物が置きやすいため、 書類やら物が溢れる原因にもなりますしね。 リビングやダイニングの辺りには 細々した物が多いわけですしね。 というわけなので、 これから家を建てようとお考えの方は、 前回の収納と共に今回の内容も ぜひ参考にしていただけたらと思います。 それでは、、、

    MORE

  • 収納と建築コストの関係性

    収納と建築コストの関係性

    建築コストが高止まりしている現在、 少しでもコストを抑えながら家を建てるためには、 家の面積を抑えることが欠かせない要素ですが、 そのためには図面の見方を知っておく必要があります。 というのも、平面図(間取図)を 上からずっと眺めていると 部屋は狭いような気がしてくるし、 収納に至っては少ないような気しかしないからです。 つまり、その不安から 本来縮めないといけないのに、 逆に広げてしまう可能性が 高くなってしまうんですよね。 で、限界ギリギリまで ローンを組まざるを得なくなります。 今回は図面の見方について お伝えしていきたいと思います。 例えば、収納のポテンシャルは 「床面積」というよりは、 「壁面積」によって違ってくるのですが、 これを知らないまま家を建ててしまうと 単純に「床面積」だけを 増やそうとしてしまいます。 そして床面積を増やした代償として 建築コスト上昇のダメージを モロに食うことになります。 2帖の収納を追加でつくれば、 単純に70〜80万円ほど コストアップするという感じですね。 2帖もの収納を追加でつくると 入り口をどこにつくるかでも 分量は変わってくるものの、 一般的には1段あたり2.93m 物が置けるようになるので、 仮に棚板を4枚設置したとしたら 5段トータルで14.65mも 物が置ける場所が増えるので かなりな収納アップにはなるんですけどね。 これが「床面積」増加による 収納力アップという方法ですね。 一方で「壁面積」を上手く使えば コストを増やすことなく 先程の床面積アップと同等か あるいはそれ以上に収納力を アップさせることが出来ます。 例えば、6帖のお部屋は 長手方向が有効寸法で3m51cm、 短手方向で2m60cmの部屋ですが、 この短手方向に窓をつくらず 一面を壁にした場合、 この壁面全てを収納として 使うことが出来るようになります。 つまり、1段あたり2m60cm 物が置けるようになるので、 先程の2帖の収納より少し劣るものの ほぼ同等近く物が置けるということですね。 あるいは、 長手方向に棚を設置するとなると、 1段あたり3m51cm 物が置けるようになるので、 先程の2帖の収納以上に 物が置けるということですね。 もちろん、床面積は 全く増やしていないので、 コストアップも必要ありません。 とはいえ、この場合 部屋の中に棚を設置するため 部屋の有効寸法がその分小さくなるので、 それが嫌だという方もいらっしゃるかもしれないし、 収納が丸見えになるので、 隠すために「扉をつけたい」となり、 そうなれば扉1枚あたり4万円ぐらいの コストが必要になるので、 計12〜16万円はコストが アップしてしまうんですけどね。 それでも わざわざ別で収納をつくるのに比べたら ずいぶんと割安ですよね。 利便性VSコスト そして収納を考える上で 知っておいていただきたいことがもう1つ。 それは、通り抜け動線や回遊動線は 「壁が有効に使えなくなる」ということです。 つまり、床面積の割に 収納のポテンシャルが低くなる というわけですね。 例えば4帖のウォークインクローゼットは、 壁面積を有効に活用すれば 1段あたり7mもの棚を設置することが出来るのですが、 仮にこの収納を通り抜け出来るようにしてしまうと、 その分量が一気に半減してしまいます。 片側の壁しか使えなくなるからです。 要するに、通り抜け動線にすると、 名目上は4帖収納があるんだけど、 実質は2帖分の収納しかないのと 同じになってしまうというわけなんですよね。 ゆえ、確かに利便性は上がるものの 本当に通り抜け動線にする必要があるのか? を考えていただきたいと思っています。 わずか数歩でも毎日のこととなれば大きい という気持ちもよく分かります。 より使い勝手がいい家にしたい という気持ちもよく分かります。 ですが、現在の建築費を考えると、 通り抜け動線にした場合ぐらいの 収納力でなんとかなるなら、 通り抜け動線をやめて 収納を2帖にした方がいい というのが個人的な考え方です。 単純にそれだけで コストを70〜80万円も 縮めることが出来るからです。 というわけなので、 これから家を建てようとお考えの方は、 こういった知識もお持ちになった上で 間取りを決めていって いただけたらと思います。 それでは、、、

    MORE

  • 一戸建てしか果たせない役割

    一戸建てしか果たせない役割

    いくつかの原発が再稼働することになると 電気料金の値上がりは若干緩和されるかもしれませんが、 とはいえ、今後も電気料金は値上がりの方向で進むと 考えておいた方がいいと思います。 というのも、脱炭素と電力供給の安定のために 今後もさらに太陽光発電をはじめとした 再生可能エネルギーが普及していくため、 電気料金に上乗せされている 再エネ賦課金はますます高くなっていくし、 自動車のEV化が本格的に進んでいけば、 さらに電気の消費量が上がることが予想されるからです。 ゆえ、私たちは 高騰が予想される電気料金への対策を 早いうちから講じなければいけないのですが、 では、そのためには一体どうすればいいのでしょうか。 太陽光発電の設置 まずやるべきことがこれです。 太陽光発電の普及が始まった10年ほど前は 電気料金がまだ安かったため、 発電した電気を売るために 太陽光発電を設置していたのですが、 現在は、当時に比べて電気料金が ずいぶんと高くなっているため、 売るよりも買わないという選択を取ることで 負担を減らすという理屈です。 そんなわけで、これから家を建てる人に 太陽光発電をつけることをオススメしています。 太陽光パネルの発電は25年という 電化製品の中では異例の長さの保証がついているし、 その年数が経過した後も、発電効率は若干落ちるものの、 それなりに働き続けてくれる可能性が高そうですしね。 蓄電池の設置 まずは太陽が出ている間の 電気料金を買わないという選択を 取っていただくわけですが、 個人的には、可能であれば太陽が出ていない間も 電気を買わないという選択を取っていただく方が なお良いと考えています。 そして、そのために必要なツールが「蓄電池」です。 蓄電池を設置しておけば、 電力会社からほぼ電気を買う必要がなくなります。 なので、巷の電気料金が上がろうが 全く気にする必要がありません。 また、自然災害を原因とする 停電が起こった場合も、 全く不自由を感じることもありません。 さらに、これから購入する車を 電気自動車にした場合、 その車の燃料代だって必要なくなります。 ゆえ、会社が遠い方なんかは、 蓄電池を設置すると同時に、 電気自走車に買い替える方が 圧倒的に家計が楽になるんじゃないかと 思っている次第です。 電気自動車は少し価格が高いものの、 かなり多額の補助金も出るし、 税金だってかなり割安ですしね。 というわけで、 高騰していくことが予想される 電気料金をヘッジするためには、 太陽光発電はもちろん、蓄電池の設置と 場合によったら電気自走車に チェンジしていただくのが 良いんじゃないかと思っている次第です。 電気料金は住宅ローンと違って 生涯払い続けないといけない費用なので、 対策を講じたか講じていないかで とてつもなく家計のゆとりに 差が生まれてくるでしょうしね。 とはいえ、蓄電池はまだ価格が高いため あくまで設置した方がいいかどうかは、 太陽光発電同様にシュミレーションした上で 決めた方がいいんですけどね。 (あくまで採算が合うかどうかで決めるということです)   一戸建ての所有が唯一の手段 このセットを実現するためには 住むところが自ら所有する一戸建て であることが絶対条件となってきます。 分譲マンションはおろか、 賃貸マンションや賃貸アパートも 自分のために太陽光発電も設置出来ないし、 蓄電池や電気自走車の充電器も設置出来ないからです。 ゆえ、個人的には住むところを考える時は、 一戸建てを持つことを前向きに考えたほうがいいと思っています。 ただし、その場合注意すべきことは予算です。 というのも、現在は建築費が高騰しており、 かつ、そのコストも高止まりした状態が続きそうだからです。 また、土地に至っても災害が予想される地域での建築が 今後どんどん厳しくなっていきそうで、 そうなれば建築代に加えて土地代まで高くなりそうだからです。 かつ、太陽光発電のパワコンや蓄電池なども 寿命とともに買い換えないといけないので、 それらのメンテコストも含めた長期的な目線を持って 家づくりの予算計画を立てていただけたらと思います。 それでは、、、

    MORE

  • 住宅ローン金利の仕組みと今後の金利動向

    住宅ローン金利の仕組みと今後の金利動向

    昨年12月、日銀が誰もが予想してなかったタイミングで 「長期金利」の利上げをし、 その後も「長期金利」はジワジワと上昇し続けています。 これを受けて、 長期金利に連動する住宅ローン金利が上昇傾向にあるのですが、 果たして住宅ローン金利は今後どのようになっていくのでしょうか。 というわけで今回は、 これから家を建てたいなーとお考えの方が 最も気になっていることであろう 「住宅ローン金利」について お伝えしていきたいと思います。 住宅ローン金利はどうなるのか? 今回の日銀の利上げによって 全ての住宅ローン商品の金利が上がるのかというと 決してそんなことはありません。 変動金利と固定金利では 金利を決定する要素が違うからです。 変動金利は、 銀行が融資に問題がないと判断した 信用力の高い優良な企業に融資をする際に 適用される返済期間1年以内の金利を 参考にして決定するのに対し、 固定金利は「長期金利」を参考にして決定するからです。 つまり、現在金利が上がっているのは 長期金利を参考にして決定される 固定金利だけというわけですね。 具体的な商品としては、 フラット35をはじめとして 各銀行が取り扱っている全期間固定型の住宅ローンが1つ。 そしてもう1つが、当初の10年間だけ金利が固定される いわゆる「10年固定」と呼ばれている住宅ローンです。 もちろん固定金利が上がれば、 少なからず変動金利も影響を受けて上がりやすくなるのも また一つの事実ではあるものの、 まー、今の状況だと変動金利が上がることは しばらくの間ないと思うので、 すでに住宅ローンを変動金利で組んでいる人が 返済が苦しくなるということはまずあり得ません。 これから家を建てる人はどうするべきか? 長期金利の利上げに伴って 全期間固定型の住宅ローンと10年固定の住宅ローンは すでに上昇してしまいましたが、 個人的にはそれでも全期間固定型を選んだ方がいいと考えています。 これから先、インフレや金利の動向が どうなるかは誰にも分からないし、 仮に変動金利の金利が上がるような状況になった場合、 それから固定金利に借り換えしようとしても 商品の性質上、変動金利が上がる頃には 固定金利はずいぶん上がっている可能性が高いからです。 借り換えは、たとえ金利が下がり返済負担が下がるとしても 都度、手数料や登記代といった余分な手数料がかかることになるし、 団体信用生命保険への加入が必須となるので、 健康状態にも左右されますしね。 そんなわけで、 そんな心配や煩わしい手間がかからない全期間固定型の商品を 選んでおいた方がいいと思っている次第です。 もちろん、金利が高くなれば 多少なりとも返済負担は上がるし、 全期間固定金利を選んだ場合は 借入時に余分な手数料がかかってくるので、 これから家を建てようとお考えの方はそれらも考慮した上で 予算計画を立てるようにしていただければと思います。 それでは、、、

    MORE

  • 投資と生活費とゆとり費と

    投資と生活費とゆとり費と

    本気で貯蓄をするなら、 収入から支出を差し引いた残りを 貯蓄に回すのではなく、 まずは貯蓄に回すお金を差し引き 残ったお金で生活するという スタンスにした方がいいと言われています。 つまり 「収入-支出=貯蓄」ではなく 「収入-貯蓄=支出」にすべきだ ということなのですが、 個人的には、これから家を建てる方には この法則に従ってライフプランを 組んでいただきたいと思っています。 というわけで今回は、 貯蓄を優先することを前提とした場合、 家づくりをどのように考えたらいいのかについて お伝えしていきたいと思います。 あくまで個人的な価値観であり、 賛同出来ない方もいるとは思いますが とりあえず最後までお付き合いいただければと思います。 固定費の考え方 「支出」の中には、 生活していく上で最低限必要な費用と 遊びに行ったり好きなものを買ったりする ゆとり費用の2つがあります。 ゆえ「収入-貯蓄=支出」という選択をとった場合、 もちろんいずれも削らざるを得ないのですが、 この場合、より優先して削るべきは、 生活していく上で最低限必要となる費用の方ではないでしょうか。 ゆとり費を大幅に削るとなれば、 旅行はおろか、遊びに行くことも出来ない、 好きなものを全く買うことが出来ない、 趣味や楽しみを満喫することが出来ないなど、 なんだか窮屈な人生になってしまいそうですからね。 子供と過ごすかけがえのない時間に 全力を注ぎ込もうとすれば、 それなりに費用がかかるわけですしね。 ゆえ、個人的には生活していく上で最低限かかる 費用を見直すことをオススメしています。 では、そのためにどうすればいいのか? 生活費にはかかる費用が毎月変動する変動費と かかる費用が毎月同じの固定費の2つが存在しますが、 僕が出来るだけ抑えるべきだと考えているのが 後者の固定費の一部である「住居費」と「車」です。 実際、私自身も車にこだわらないというか、 固執しないこともあって、 車にかけるコストを出来るだけ抑えられるように 故障が少なく維持費が抑えられそうな国産車一択にしているし、 そもそも価格の高い車を選択肢から削除しています また、家に関しても、 家を建てる仕事をしている私が こんなことを言うのもなんですが、 マイホームには華美な装飾や 過度な設備を採用していません。 結果、毎月の返済額は 以前住んでいたアパートの家賃より安く済んでいます。 もちろん、購入したのが十数年前なので そもそも家のコストも違うし、 今の家に比べると性能もガクンと落ちるので、 夏はやたらと暑いし冬はやたらと寒いですけどね。 でもエアコンをつけていたら それらの問題は解消出来るので、 全く気にもならないですけどね。 太陽光発電をつけているので 昼間は全く電気代を気にしなくていいし、 これに加えてそのうち蓄電池をつければ、 昼夜問わず電気代を気にしなくて良くなるので、 快適に暮らせそうですしね。 やがて蓄電池を設置すれば、 電気自動車の普及が進んだ時、 ガソリン代もゼロに出来ますしね。 そんなわけで、個人的には 家計の中で大きな割合を閉めるこの2つを 出来るだけ抑えることをオススメしているというわけです。 家も車もどう考えるかによって それぞれ毎月2〜3万円ぐらいずつ出費が違ってきますしね。 そして、浮いた費用を「貯蓄」に回していただき、 残った費用を豊かな時間を過ごすために 費やして欲しいと思っている次第です。 投資をオススメする理由 最後に投資をオススメする理由について。 それは「再現性が高いから」です。 例えば、急速的にお金を増やすためには、 自分の時間を切り売りしてお金を稼ぐ (残業・副業など)のではなく、 事業投資をするのが最短ルートですが、 これは誰もが成功するわけではないし、 成功するかどうかに関わらず「時間」という大きな犠牲を 必ずと言っていいほど払わなければいけません。 つまり大きな見返りを得るために 大切な家族に大きな負担をかける リスクが高くなるというわけです。 一方で、金融投資にも 短期(中期)的なリスクはつきものですが、 長期的に考えればほぼリスクはゼロであることが 過去のデータを見れば一目瞭然だし、 これは才能によって成功・失敗があるわけでもありません。 ゆえ、個人的には 誰もが長期積立投資をするべきだと思っていて、 そのために毎月の収入の中から最優先でそこに回すお金を 可能な限り確保して欲しいと思っている次第です。 なので、 不透明な未来への不安を少しでも緩和し、 わずか20年足らずの「子育て」というかけがえのない時間を より豊かに過ごせるようになるためにも、 「見栄」や「欲」という感情を出来るだけ規制することで 固定費を出来るだけ削減し、 再現性の高い長期積立投資や 家族との時間をより豊かにするための「ゆとり費」に お金を回すようにしていただけたらと思います。 それでは、、、

    MORE

  • 家づくりに潜むリスクとヘッジ対策

    家づくりに潜むリスクとヘッジ対策

    2024年以降に新築した家に入居することになる方は、 少なくとも省エネ基準を満たした家にしていないと 住宅ローン控除が適用されなくなります。 住宅ローン控除とは、新築してから13年の間 借入金額の年末残高の0.7%を上限に 税金を還付してくれる制度で、 仮に銀行から借りたお金が3500万円で 1年目の年末残高が3400万円だとしたら 3400万円×0.7%=23.8万円を上限に 税金を返してくれるということですね。 年収が500万円で 払った所得税が15万円だとしたら 年末調整の時に全額国が返してくれて、 控除しきれていない分(8.8万円)は 住民税から控除されるというイメージです。 そして13年間を合計すると もちろん所得や借入によっても違うのですが、 260万円から±40万円ぐらいの 税金が返ってくるという感じですね。 ゆえ、これから家を建てる方は、 最低でも省エネ基準を満たし、 出来ればZEH水準もしくは長期優良住宅・低炭素住宅を満たした 住まいにしなければいけないのですが、 もちろん、そうなれば申請費用とグレードアップ費用で 家の価格は高くなってしまいます。 現在の資材高騰によるコストアップと合わせると コロナ前と比べるとざっと500万円〜600万円アップ といったところでしょうか。 結果、コロナ前までは 1500万円で建てることが出来ていた家は 2000万円〜2100万円となり、 2000万円で建てることが出来ていた家は、 2500万円〜2600万円となり、 2500万円で建てることが出来ていた家は、 3000万円〜3100万円になってしまったという感じです。 要するに、これから家を建てる方は、 もはや1000万円代で家を持つことが 出来なくなってしまったというわけですね。 これを受けて家を建てる方と私たち住宅会社が 共に知恵を絞って考えなければいけないことが、 これだけのレベルの負担増を どうやってヘッジしていくのかということです。 500万円予算が上がったのは仕方ないからと、 単純に借入を増やすという選択を取れば 15,000円も負担が増えてしまうだけですからね。 負担軽減策その1 まず検討すべきことが、 土地を買わないという選択です。 つまり、どこか使える土地があるのなら、 そこを使うことを前向きに考えるということですね。 土地を買わなくていいとして、 かつ土地にかかるコストも一切負担しなくていいとなれば、 かなり大幅に負担が減るからです。 ゆえ、この選択肢がある方は、 最優先で考えて欲しいと思っている次第です。 今後は電気自動車が急速に普及する可能性が高いので、 それに備えて、家を建てると同時に 太陽光発電と蓄電池さえ設置しておけば、 すぐさま電気自動車に乗り換え出来、 そうなれば通勤距離が遠くなったとしても むしろ燃料代の負担は減ることになるので、 多少、不便な地域に住んだとしても 金銭的な負担は上がることもありませんしね。 負担軽減策その2 どうしても土地を買わないといけない場合、 負担を増やさないためには、 土地の価格を抑えつつ家の価格も抑えなければいけません。 このどちらかだけでは賄いきれないからです。 ゆえ、住む地域を変えるとか、 買う土地の面積を小さくするとか、 部屋の広さや数を見直すことで 家の面積を出来るだけ小さくするとか、 やりたいことを絞ることで 出来るだけグレードアップを防ぐなどを並列で検討しながら 家づくりを進めていくことをオススメしています。 かつ、馬鹿にならない外構工事のコストも 出来るだけ抑えられるような 土地の選び方と間取りを考えることも 忘れてはいけない大切な要素ですね。 負担軽減策その3 最後にご紹介するのは、 ローンの返済期間を最大に延ばしつつ、 生命保険、学資保険、医療保険を見直し、 積立投資に可能な限りお金を入れていただく という戦略です。 個人的には、 負担軽減策1はもちろん 負担軽減策2も出来ないという方は、 この状況を難なく乗り越えていくには この策を講じるしか手段がないと思っています。 ローンの期間を延ばす理由は、 積立投資に回す資金余力を高めるために 毎月の返済負担を少しでも抑えるため。 3つの保険を見直す(解約・減額)理由も、 積立投資に回す資金余力を高めるため。 積立投資をオススメする理由は、 銀行や保険にお金を預けていても 全くお金が増えないため。 いや、それどころかインフレが進めば、 お金の価値が目減りしてしまうためです。 そんなわけで、 弊社ではこの負担軽減策3までも サービスとしてお伝えし、 ご希望であればご相談に乗るようにしているというわけです。 たとえ家を持つことが出来ても、 その後の暮らしが苦しくなったのでは、 家を持ったことを後悔すると同時に、 家族の関係まで悪化してしまいます。 これでは本末転倒です。 なので、これから 家を建てようとお考えの方は、 かつてない厳しい状況の中、 建てなければいけないということを ご理解いただくと共に、 少しでも負担が軽減出来るよう よく考えて、慎重に家づくりを 進めていっていただければと思います。 それでは、、、

    MORE

  • 光と色の特性を活かす

    光と色の特性を活かす

    安定的に家の中を明るく保ち続けるためには、 直射光と天空光を上手に使い分けた方がいいということを 前回お伝えさせていただいたのですが、 入ってきた光を効率よく家全体に拡散していくための工夫も 同時に必要なことです。 例えば、弊社では室内の壁のほぼ全てを 「白」で仕上げるようにしているのですが、 この理由は「白」が最も光を反射し拡散してくれる色だからです。 また、壁同様に天井も 基本「白」で仕上げるようにしています。 もちろん、光の拡散効果を狙ってです。 さらに、室内に使用するドアも 壁同様に「白」を基本としているのですが、 これに加えて、室内のドアは全て 凹凸のないフラットなデザインにしつつ、 天井と高さをそろえるようにしています。 理由は、壁とドアを一体化させた方が、 空間がよりスッキリと見えること、 そして、天井と高さをそろえれば ドアの上に出来る垂れ壁がなくなり、 抜け感が出ると同時に、 反射光をより遠くまで運んでくれるからです。 こうして天空光を中心に採り込んだ優しい光を 家全体に拡散させていくという感じですね。 このように安定した状態で 明るさを保ち続けるためには 間取りだけじゃなく仕上げにも工夫を施すのですが、 弊社の家の特徴である中庭の 壁を白で仕上げていることが多いのも、 もちろん光の反射効果を狙ってです。 直射光を反射させた光を 中庭を通して室内に届けることが出来れば、 たとえ日当たりが悪い場所に部屋を配置しても、 安定した明るさを保ち続けることが出来るからです。 ゆえ、中庭につくる窓は 基本、大きいサイズを採用しているし、 かつ、窓の高さもドア同様に 天井と合わせるようにしています。 こうすれば、より多くの光を 室内に届けることが出来るからですね。 明るさの最大の秘訣 以上のような手法を使い どんな土地でも安定した状態で 明るさを保ち続けられるような 住まいづくりを提案しているのですが、 言わずもがな、 これを実現するために最も心がけていることが、 「カーテンありきの窓」をつくらないことです。 外からの丸見えを防ぐために カーテンをしなければいけないとしたら、 99.99%カーテンが開けられる日が 訪れることはないからです。 つまり、大なり小なり 侵入してくる光を殺してしまい、 自然光だけで日中過ごすのが 難しくなってしまうというわけですね。 そして、四六時中照明が必要な暮らしを強いられます。 また、カーテンありきで窓を考えると、 採光に不安が残ることから、 不用意にたくさん窓をつくってしまいます。 そして、窓のコストが上がると同時に、 カーテンのコストまでもさらに余分に必要になります。 かつ、窓が増えることによって 耐震性が悪くなり、断熱性が悪くなり、 窓掃除の手間が増えることになり、 戸締りの不安が増えることになり、 外壁の汚れが増えることになり、 家具や家電の配置がやりにくくなり、 設計段階では分からない様々な支障が 暮らしの中で生じることになります。 ゆえ、弊社では、 可能な限りカーテンがいらない窓をつくるようにしています。 カーテンが必要になる時は、視線を遮るためではなく、 入ってき過ぎる直射光を遮るため程度という感じでしょうか。 世間一般とは違った考え方かもしれませんが、 これを知っているかどうかで 家づくりの幅が大きく変わってくるので、 これから家を建てられる方は、 ぜひこの考え方も頭に入れておいていただけたらと思います。 それでは、、、

    MORE

1 2 3 4 17

トップに戻る