青森在住で注文住宅の間取りにお悩みの方へ!地下室のメリットと作る際の注意点とは?

青森在住で注文住宅の間取りにお悩みの方へ!地下室のメリットと作る際の注意点とは?_main.jpg

地下室に対して、どのようなイメージをお持ちですか。
日本の場合、まだまだ地下室を家に導入する方は少数派です。
しかし、地下室を設置することには、さまざまなメリットがあります。
そこで今回は、青森にお住まいの方へ、地下室のメリットと作る際の注意点について紹介します。

3807180_s.jpg

□地下室を作るメリットとは

地下室を作るメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。
趣味を楽しむ部屋としてのイメージが強い地下室の、あまり知られていない他のメリットを紹介します。

まず、地下室を作ることで、土地を有効活用できます。
容積率というものをご存知でしょうか。
これは、家を建てる時に考慮する必要がある指標です。
容積率とは、敷地面積に対する延床面積の割合のことです。

例えば、容積率70%の場合、100平方センチメートルの敷地面積には最大70平方センチメートルの家を建てられます。
地下室の場合、条件さえ満たせば建物全体の3分の1までは容積率の範囲に含まれません。

続いて、遮音性の高さも地下室のメリットです。
特に、全地下タイプの地下室は遮音性が高いため、近所へ迷惑をかけることなく趣味の音楽や映画に没頭できます。

また、地下室の温度は安定しています。
日本は1年間を通して四季があるため、気温の差が激しくて大変ですよね。
地下室は、外気温の影響を受けず、1年間ほぼ温度が一定です。

さらに、地下室は地震に強いです。
建物は、地表より高いところに立てれば建てるほど、地震の振動や衝撃を受けやすくなります。
一方、地下室の場合はどうでしょうか。
地下室は地盤に囲まれており、地震の揺れが軽減されます。

□地下室を作る際の注意点とは

では、間取りに地下室を導入する際の注意点は何でしょうか。

*日当たりの確保と温度調節の重要性とは

地下室の環境を保つために重要なポイントは、温度調節や日当たりの確保です。
これを可能にするのが、ドライエリアです。

では、ドライエリアとは何でしょうか。
それは、地下室と地面の間にある空堀りのことを指します。
空堀りのおかげで、過剰な湿気を逃し、太陽光を取り入れられます。

*避難経路の確保の重要性とは

避難経路は、安全を確保するための最も重要な要素です。
災害時、地下室の避難経路がなくなってしまうのはとても危険ですよね。
この問題も、地下室にドライエリアとドアを設けることによって解消できます。

2554604_s.jpg

□まとめ

地下室は、温度がほぼ一定で趣味や勉強、子どもの遊び場などさまざまな用途があるため、便利です。
また、地下室にもタイプがあり、自分の好みに応じてタイプを決めることによってしっかり光を取り入れられます。

ぜひ、当社と共に快適でおしゃれな注文住宅を作りましょう。
詳しくはホームページをご覧ください!
http://www.soma-arc.jp/

PageTop