青森在住の方必見!日当たりの良い注文住宅にするための間取りとは?

青森在住の方必見!日当たりの良い注文住宅にするための間取りとは?_main.jpg

日当たりの善し悪しは家の持つ印象を大きく左右します。
また、寒さや雪解けといったものにも影響を与えるため、注文住宅を検討する際は決して外せない項目の一つになるでしょう。

そこで今回は、土地の向きで変わる日当たりのメリット・デメリットや日当たりの良い間取りにする方法を解説します。

1941439_s.jpg

□それぞれの土地の向きのメリット・デメリットとは

そもそも、日当たりの良さを決める「土地の向き」とは道路に接する敷地の方角のことを言います。
例えば、自分の住宅の東側に道路がある場合、東向きの土地ということになります。

今一度、現在暮らしている住宅の土地の向きはどの方角で、日当たりをどのように感じるか確かめておきましょう。

また、一般的には南向きの土地が、日当たりが良いと言われますが、どの土地の方角にも特徴があり、メリット・デメリットがあります。

まずは、東向きの土地ですが、朝の日当たりが強く、夕方は早く暗くなります。
また、東とは対照的に、西向きの土地では朝の日当たりが弱く、夕方は遅くまで明るくなります。

このように明るく、暖かくなる時間帯がそれぞれ異なるので、家族のライフスタイルに合った土地での建設を考える必要があるでしょう。

また、南向きの土地では一日中日当たりが強く、北向きの土地では日当たりが弱くなります。
しかし、南向きの住宅のリビングは日焼けしやすく、北向きの住宅の床や外壁は紫外線などで劣化しにくくなります。

このように、どの方角にもメリット・デメリットはあるので、人によって適した土地の向きは変わります。

□日当たりの良い間取りとは

日当たりの良い間取りを考える際には、方角を意識した配置が重要になります。
一日中使う仕事部屋は、日当たりを確保するために南側に配置することや、逆に採光をあまり必要としないトイレや浴室は北側に配置します。

また、朝の採光を必要とするキッチン・ダイニングは東側に配置し、夕方に洗濯物を干す方は西側にベランダを配置するといったことを考えます。

これらはほんの一例ですが、住む人の生活スタイルによって適した間取りは変化することが確認できるでしょう。

また、周辺環境といった要因も日当たりやプライバシーと言った面で間取りに大きく関わるので、注意しておきましょう。

3262391_s.jpg

□まとめ

どの土地の向きにもメリットやデメリットがあり、一概に南向きの土地が良いとは限りません。
家族の生活スタイルや周辺環境、日当たりを組み合わせて考えることによって快適な間取りを設計できます。

注文住宅を検討している方は、自身の生活や家族の生活スタイルを振り返りつつ、理想の住宅をイメージするようにしましょう。

詳しくはホームページをご覧ください!
http://www.soma-arc.jp/

PageTop