青森県で注文住宅をご検討中の方へ!ウォークインクローゼットの間取りを徹底解説!

青森県で注文住宅をご検討中の方へ!ウォークインクローゼットの間取りを徹底解説!_main.jpg

ウォークインクローゼットという言葉を耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。
人が歩ける広さを有する衣類を収納するスペースになりますが、注文住宅を考えている方の中にこのクローゼットの設置を考えている方もいるでしょう。
そこで今回は、ウォークインクローゼットにおける間取りについてご紹介します。

1129240_s.jpg

□ウォークインクローゼットのメリット・デメリットをご紹介します

まずは、ウォークインクローゼットのメリットについて解説します。
一番のメリットは一般的なクローゼットに比べて、収納力が高いことでしょう。

荷物を全てしまうことができるので、部屋にタンスやハンガーラックをおく必要がなく、スペースを広々と利用することができるようになります。
また、タンスなどに比べて、クローゼットはひとまとめに収納でき、見やすくなるため、物を探すことも少なくなるでしょう。

次にデメリットです。
ウォークインクローゼットでは小さな部屋が必要になるため、そのための照明や換気と言った設備も必要とします。
そのため、一般的なクローゼットに比べて、その費用は高くなります。

この他にも、デッドスペースが生まれることはデメリットと考えられるでしょう。
スペースを有効的に利用するためには、クローゼットの形や収納家具の設置位置等考える必要があります。
そのため、使い方によってはデッドスペースが生まれ、想定していた収納力を発揮できない場合もあるでしょう。

□ウォークインクローゼットの間取りをご紹介します

ウォークインクローゼットは人が通ることを想定したクローゼットです。
そのため、設置する際には幅を60cm程、確保しておく必要があるでしょう。
また、ウォークインクローゼットの形は四種類に分かれています。

一つ目にⅠ型です。
片側の壁面に全て収納し、片側の壁際を通路にしたタイプで、間口に対して奥行きが広い場合に有効でしょう。

次に、Ⅱ型です。
左右の壁に沿う形で、真ん中に通路を設置することで、Ⅰ型よりも使い勝手が良くなります。

この他にも、L型といったⅠ型とⅡ型で必要とするスペースの中間あたりのスペースがある場合に用いられる間取りや、コの字型といった4畳半以上の広さを持つ場合に用いられる間取りがあります。

675738_s.jpg

□まとめ

ウォークインクローゼットは費用がかかりますが、高い収納力を持つため、部屋の整理整頓に役立ちます。
また、その種類も四種類ほどありますが、設置するスペースの広さによって形を選ぶ必要があるでしょう。

費用や広さを考えた上で、ウォークインクローゼットの設置を考えてみてはいかがでしょうか。

詳しくはホームページをご覧ください!
http://www.soma-arc.jp/

PageTop