青森県で注文住宅を建てよう!フラット35の審査について解説します

青森県で注文住宅を建てよう!フラット35の審査について解説します_main.jpg

「フラット35の審査について知りたい!」
このように、お考えの方はいらっしゃいませんか。
住宅を現金一括で購入する方は少ないです。
そのため、住宅を購入するときに、フラット35を利用する方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、青森県で注文住宅を建てる方へ、フラット35の審査について解説します。

31da9e3caff6404497f53a6b0cce66a8_s.jpg

□フラット35の利用条件とは

フラット35の利用条件は、主に6つあります。
1つ目は、年齢です。
利用の申し込みをするときに、満70歳未満でないと、利用できません。
2つ目は、年収です。
「年収が低いと利用できないの?」と考える方がいらっしゃると思います。
実際にはそんなことはなく、ただ制限がかかります。
それは400万円未満の場合は年間の合計返済額が年収の30%以下、400万円以上の場合は年間の合計返済額が年収の35%以下であることです。
3つ目は、借入額です。
借入額は100万円~8000万円が条件です。
そのため、8000万円以上の住宅を建てたい方は、別のローンを選びましょう。
4つ目は、借入期間です。
最低借入期間は15年で、例外として申込者または連帯責務者が満60歳以上の場合は10年です。
最高借入期間は、「80 - 申込みをするときの年齢」です。
しかし、「80 - 申込みをするときの年齢」で出てきた数字が35以上の場合は、35年が最高借入期間として扱われます。
5つ目は、技術基準です。
住宅金融支援機構が定めている技術基準に適合しない場合は利用できません。
6つ目は、床面積です。
一戸建ての場合は70平方メートル以上、マンションの場合は30平方メートル以上です。


□フラット35の審査が厳しくなってきた?

フラット35は銀行のローンより審査が緩いと言われてきました。
しかし、最近は厳しくなっています。
その理由は、損失額が増加傾向にあるからです。
フラット35の制度を説明すると、フラット35は証券化しているため、証券の購入者に元金利を支払う必要があります。
しかし、債権が回収できず、元金利が支払えない場合は税金で穴埋めされます。
そのような状況が続けば、国民から批判され、フラット35という制度がなくなる可能性があり、審査が厳しくなっています。

4db0a941f3f0fa91544828db5f88e693_s.jpg

□まとめ

今回は、青森県で注文住宅を建てたい方へ、フラット35の審査について解説しました。
この記事を参考に、フラット35の利用を検討してみてはいかがでしょうか。
また当社は、青森県を中心に、注文住宅を販売しています。
詳しくはホームページをご覧ください!
http://www.soma-arc.jp/

PageTop