青森県で注文住宅を建てる方必見!フラット35を利用する際の流れとは?

青森県で注文住宅を建てる方必見!フラット35を利用する際の流れとは?_main.jpg

「フラット35を利用する流れがわからない!」
このように、お考えの方はいらっしゃいませんか。
住宅を建てるときに、フラット35の利用を検討する方がいらっしゃると思います。
しかし、利用する流れがわからない方が多いでしょう。
そこで今回は、青森県で注文住宅を建てる方へ、フラット35を利用する流れを解説します。

a6de0525a4db7e0b0e04a283b89b86bf_s.jpg

□フラット35とは

フラット35とは、住宅金融支援機構と民間の金融機関が提供している住宅ローンです。
フラット35のフラットは、金利が一定であるという意味です。
金利が一定のため、金利が上昇しても返済額が変わらない、借りる時点で合計返済額がわかるなどのメリットがあります。
一方で、物件に条件があったり、金利が高かったりなどのデメリットもあります。
そのため、ローンを利用するときは、さまざまなローンを比べて、自分に適切なローンを選ぶことが大切です。
また、フラット20やフラット50などもあり、返済期間や限度額が違います。


□フラット35を利用する流れとは

フラット35を利用する流れを5ステップに分けて解説します。
1ステップ目では、借り入れの申し込みをします。
最初に申込書を書き、必要書類を揃えて、金融機関へ送りましょう。
このときに提出した書類は返却されません。
また、お客様控えは必ず保管しておくことが大切です。
2ステップ目では、審査を受けます。
確認事項や書類の不備がある場合は、金融機関から連絡があります。
スムーズに審査を受けるためにも、必要書類はしっかり揃えましょう。
3ステップ目では、審査結果を受け取ります。
審査結果については、担当者から連絡があります。
もし審査を通過した場合は、契約に必要なものや日程を伝えられるため、しっかりメモしましょう。
4ステップ目では、契約をします。
3ステップ目で伝えられた必要なものを揃えて、金融機関に行きましょう。
5ステップ目では、融資が実行されます。
審査が通り、契約が終わると、金融機関からお金が振り込まれます。
また、毎月の返済額の明細が郵送されます。
そして、上記の各ステップの間には、住宅を建てる業者とのやりとりがあることを覚えておきましょう。

b9a8a6f4ab91405ed45e8d8b6e6fd3d7_s.jpg

□まとめ

今回は、青森県で注文住宅を建てる方へ、フラット35を利用する流れを解説しました。
この記事を参考に、フラット35の利用を検討してみてはいかがでしょうか。
また当社は、青森県を中心に、注文住宅を販売しています。
詳しくはホームページをご覧ください!
http://www.soma-arc.jp/

青森県で注文住宅を建てたい方必見!住宅ローンの借入額の目安について解説します

青森県で注文住宅を建てたい方必見!住宅ローンの借入額の目安について解説します_main.jpg

「住宅を建てるときってどのくらい借りるの?」
このように、お考えの方はいらっしゃいませんか。
住宅を建てるときは、ローンを利用することがほとんどです。
しかし、借入額の目安がわからない方が多いでしょう。
そこで今回は、青森県で注文住宅を建てたい方へ、住宅ローンの借入額の目安について解説します。

d44461e38ebf5edd6b02774fef3840ad_s.jpg

□借入額の計算方法とは

一般的には、年収の5倍以内だと言われています。
例えば、年収が800万円の場合は4000万円以内です。
年収の5倍以内にすることで、苦しい生活をせず、急にお金が必要になった場合でもなんとか対応できます。
また、購入できる住宅の価格の上限は、「借入額+用意できる頭金」で計算できます。
例えば、借入額が4000万円、用意できる頭金が300万円の場合は4300万円までの住宅を購入できると言えます。
しかし、より高い住宅を購入するために、貯金の全額を頭金として用意することはおすすめできません。
その理由は、貯金の全てを頭金にすると、急にお金が必要になった場合に対応できないからです。
そのため、会社員の場合は3~6ヶ月分の生活費を残しておくことが大切です。
このように、住宅を購入するときには、借入額と頭金についてしっかり考えましょう。


□年収から考える借入額の目安とは

上記では苦しい生活をせず、急にお金が必要になった場合でもなんとか対応できる借入額の計算方法は、年収の5倍以内だと解説しました。
ここでは、年収から考える借入額の目安を紹介します。
・年収300万円の場合は2040万円
・年収400万円の場合は2720万円
・年収500万円の場合は3400万円
・年収600万円の場合は4080万円
・年収700万円の場合は4760万円
上記の数字は、年間の返済額が年収の25%、金利が1.5%、35年で返済することを前提に計算しています。
また、あくまでも目安のため、条件によっては借りられない可能性もあります。
そして、年間の返済額が年収の25%という数字は、安心ラインだと言われています。
そのため、この安心ラインから借入額を考えても良いでしょう。
このように、安心ラインを考えて借入をして、借りてから余裕ができれば繰り上げ返済することで、合計の返済額を抑えられます。

457ee728ef4e7602c5d6e0fed712cff4_s.jpg

□まとめ

今回は、青森県で注文住宅を建てたい方へ、住宅ローンの借入額の目安について解説しました。
この記事を参考に、住宅ローンを利用してみてはいかがでしょうか。
また当社は、青森県を中心に、注文住宅を販売しています。
詳しくはホームページをご覧ください!
http://www.soma-arc.jp/

青森県で注文住宅を建てるならフラット35のメリットとデメリットについて知っておこう

青森県で注文住宅を建てるならフラット35のメリットとデメリットについて知っておこう_main.jpg

「フラット35について何もわからない!」
このように、お考えの方はいらっしゃいませんか。
住宅を現金一括で購入する方は少ないです。
そのため、ほとんどの方がローンを利用すると思います。
そこで今回は、青森県で注文住宅の購入を検討している方へ、フラット35のメリットとデメリットについて解説します。

ac76d8f70cc3404b711e90346e04c406_s.jpg

□フラット35のメリットとは

*毎月の返済額が少ない

フラット35は長期間借りられるローンです。
長期間借りられるため、毎月の返済額が少ないです。
例えば、毎月150,000円返済することと、毎月100,000円返済することを考えると、毎月100,000返済する方が楽ですよね。

*金利が固定である

フラット35は、固定金利で借りられます。
金利が固定されるということは、毎月の返済額が変わりません。
毎月の返済額が変わらないため、資金計画が立てやすいです。
もし変動金利で借りると、金利が上昇した場合に生活が苦しくなる可能性があります。

*審査が通りやすい

フラット35の審査は銀行の審査より、ゆるいと言われています。
そのため、銀行のローンを利用することが厳しい方でも、フラット35なら利用できる可能性があります。
また、保証人が不要のため、保証人を立てられない方は嬉しいですよね。


□フラット35のデメリットとは

*物件に条件がある

フラット35の審査を受けるためには、フラット35が定めている条件を満たす必要があります。
もし条件を満たさない場合は、審査を受けられません。
しかし、特別な大きさの住宅を建てる方以外は、気にする必要はないです。

*繰り上げ返済に最低額がある

「ボーナスが入ったから数万円先に返しておきたい。」と考える場合があると思います。
このときにフラット35は、繰り上げ返済の最低額に制限があるため、繰り上げできない可能性があります。
最低額は、毎月の返済額を除いて100,000円、窓口を利用した場合は1,000,000円です。
そのため、銀行のローンだとできる数万円だけの繰り上げ返済はできません。
しかし、フラット35では繰り上げ返済にかかる手数料が一切かかりません。
銀行のローンで繰り上げ返済すると、1~3万円ほど取られることが多いです。

7e0d57facf1688aa1752a389cbb75639_s.jpg

□まとめ

今回は、フラット35のメリットとデメリットについて解説しました。
この記事を参考に、住宅を購入するときに、フラット35の利用を検討してみてはいかがでしょうか。
また当社は、青森県を中心に、注文住宅を販売しています。
詳しくはホームページをご覧ください!
http://www.soma-arc.jp/

弘前市で注文住宅を建てたい方向けに打ち合わせの注意点について解説します

弘前市で注文住宅を建てたい方向けに打ち合わせの注意点について解説します_main.jpg

「打ち合わせをするときの注意点を知りたい!」
このように、お考えの方はいらっしゃいませんか。
住宅を購入するときに、打ち合わせは必須です。
しかし、打ち合わせをするときの注意点を知らない方が多いでしょう。
そこで今回は、弘前市で注文住宅を建てたい方へ、打ち合わせの注意点について解説します。

444cce3a91b0e62292a06f4000170784_s.jpg

□打ち合わせの内容と回数とは

*打ち合わせで話す内容とは

打ち合わせの内容は工事前、工事中、工事後の時期によって異なります。
工事前でよく話す内容は、以下の通りです。
・資金計画
・間取り
・設備
・資材
次に工事中によく話す内容は、工事前に計画した通りに進んでいるかどうかです。
業者によってはこの時期に打ち合わせをしない場合があります。
最後に工事後によく話す内容は、決済や確認事項についてです。

*打ち合わせの回数とは

打ち合わせの回数も工事前、工事中、工事後の時期によって異なります。
工事前は、5~10回です。
打ち合わせの回数はこの時期が1番多いです。
その理由は、間取りや資金計画をしっかりしないと、住宅を建てられないからです。
長い場合は半年ほど打ち合わせをする場合があります。
次に工事中は、0~4回ほどです。
上記の通り、業者によってはしない場合もあります。
最後に工事後は、1,2回ほどです。


□打ち合わせの注意点とは

*イメージを共有しておくこと

図面では具体的なイメージがつかみにくく、設計士と依頼人で違うイメージを持ったまま話を進めてしまうことが多いです。
そうすると、イメージと違う住宅が建てられる可能性があります。
そのため、わからないことがあった場合は絵を描いてもらうなどでしっかり説明してもらい、イメージを共有することが大切です。
また、完成した後でクレームを入れると追加工事となり、追加費用を請求される場合もあります。


*打ち合わせは急がないこと

打ち合わせにはかなり時間がかかります。
また、依頼人と業者ともに忙しいため、1度に集中して打ち合わせをしがちです。
しかし、一気に全て決めると、後から修正箇所が出る可能性があります。
そのため、打ち合わせは数日に分けること、すぐに決定せずに帰ってから考える時間を作ることが大切です。

29d6a0a687a755b9c3125362d53cfe08_s.jpg

□まとめ

今回は、弘前市で注文住宅を建てたい方へ、打ち合わせの注意点について解説しました。
この記事を参考に、打ち合わせに臨んでみてはいかがでしょうか。
当社は、青森県弘前市を中心に、注文住宅を販売しています。
詳しくはホームページをご覧ください!
http://www.soma-arc.jp/

青森県で注文住宅を建てよう!フラット35の審査について解説します

青森県で注文住宅を建てよう!フラット35の審査について解説します_main.jpg

「フラット35の審査について知りたい!」
このように、お考えの方はいらっしゃいませんか。
住宅を現金一括で購入する方は少ないです。
そのため、住宅を購入するときに、フラット35を利用する方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、青森県で注文住宅を建てる方へ、フラット35の審査について解説します。

31da9e3caff6404497f53a6b0cce66a8_s.jpg

□フラット35の利用条件とは

フラット35の利用条件は、主に6つあります。
1つ目は、年齢です。
利用の申し込みをするときに、満70歳未満でないと、利用できません。
2つ目は、年収です。
「年収が低いと利用できないの?」と考える方がいらっしゃると思います。
実際にはそんなことはなく、ただ制限がかかります。
それは400万円未満の場合は年間の合計返済額が年収の30%以下、400万円以上の場合は年間の合計返済額が年収の35%以下であることです。
3つ目は、借入額です。
借入額は100万円~8000万円が条件です。
そのため、8000万円以上の住宅を建てたい方は、別のローンを選びましょう。
4つ目は、借入期間です。
最低借入期間は15年で、例外として申込者または連帯責務者が満60歳以上の場合は10年です。
最高借入期間は、「80 - 申込みをするときの年齢」です。
しかし、「80 - 申込みをするときの年齢」で出てきた数字が35以上の場合は、35年が最高借入期間として扱われます。
5つ目は、技術基準です。
住宅金融支援機構が定めている技術基準に適合しない場合は利用できません。
6つ目は、床面積です。
一戸建ての場合は70平方メートル以上、マンションの場合は30平方メートル以上です。


□フラット35の審査が厳しくなってきた?

フラット35は銀行のローンより審査が緩いと言われてきました。
しかし、最近は厳しくなっています。
その理由は、損失額が増加傾向にあるからです。
フラット35の制度を説明すると、フラット35は証券化しているため、証券の購入者に元金利を支払う必要があります。
しかし、債権が回収できず、元金利が支払えない場合は税金で穴埋めされます。
そのような状況が続けば、国民から批判され、フラット35という制度がなくなる可能性があり、審査が厳しくなっています。

4db0a941f3f0fa91544828db5f88e693_s.jpg

□まとめ

今回は、青森県で注文住宅を建てたい方へ、フラット35の審査について解説しました。
この記事を参考に、フラット35の利用を検討してみてはいかがでしょうか。
また当社は、青森県を中心に、注文住宅を販売しています。
詳しくはホームページをご覧ください!
http://www.soma-arc.jp/

弘前市で注文住宅を建てたい方必見!注文住宅のメリットとデメリットについて

弘前市で注文住宅を建てたい方必見!注文住宅のメリットとデメリットについて_main.jpg

「注文住宅を購入するかどうか迷っている。」
このように、お考えの方はいらっしゃいませんか。
住宅を購入するなら、こだわりの住宅を建てたいですよね。
こだわりの住宅といえば、注文住宅です。
そこで今回は、青森県弘前市の方へ、注文住宅のメリットとデメリットについて解説します。

b971122478417983c30073a279b0a211_s.jpg

□注文住宅のメリットとは

*自由度が高いこと

自由度が高いことは、注文住宅の最大のメリットと言えます。
住宅を購入するときは、「ジェットバスや床暖房などのオプションをつけたい!」「トイレは各階に設置したい!」などの希望がある方は多いでしょう。
マンションや建売住宅では、このような希望を叶えられる可能性は低いです。
しかし、注文住宅では予算の範囲内なら、希望を叶えられる可能性が高いです。
また、ほとんど自分の希望通りの住宅を建てるため、世界に1つだけの住宅を建てられます。
そのため、他人と違う住宅を建てたい方や希望通りの住宅を建てたい方におすすめです。

*予算を調節できること

建売住宅では、「ここはあまりこだわりたくない。」「この設備いらないな。」と考えることがあります。
しかし、注文住宅では必要ない部分のお金をカットして、こだわりたい部分にお金をかけられます。
このように、予算を調節できることもメリットの1つです。


□注文住宅のデメリットとは

*入居するまでが長いこと

契約してすぐに入居できる建売住宅とは違い、注文住宅は入居までに時間がかかります。
その理由は、土地を探したり、打ち合わせをしたりする必要があるからです。
また、特別な技術が必要な希望を叶えるためには、さらに時間がかかる場合があります。
そのため、できる限り早く入居したい方にはおすすめできません。

*完成後をイメージしにくいこと

注文住宅では完成するまでは、図面からしかイメージできません。
そのため、完成した住宅を見ると、「イメージと違う!」ということも起きます。
そのようなことを防ぐために、打ち合わせを入念にする必要があります。
また、3Dのイメージ図を作れる業者なら、作ってもらうことがおすすめです。
2Dの図面より、3Dの図面を見る方がイメージしやすいでしょう。

58ba2ce84409b0811145a4e741fbbef6_s.jpg


□まとめ

今回は、青森県弘前市の方へ、注文住宅のメリットとデメリットについて解説しました。
この記事を参考に、注文住宅を購入してみてはいかがでしょうか。
当社は、青森県弘前市を中心に、注文住宅を販売しています。
詳しくはホームページをご覧ください!
http://www.soma-arc.jp/

青森県弘前市で注文住宅を考えている方へ!平屋の価格はどれぐらい?

青森で注文住宅を考えている方へ!平屋の価格はどれぐらい?_main.jpg

「注文住宅で平屋を建てたい!でもどれぐらいの価格なのだろう?」
「予算を考えるために、価格相場を知りたい!」
このように、注文住宅で平屋を建てた時の価格について知りたい人が多くいらっしゃると思います。
また、一生に一度かもしれない高価な買い物なので、なるべく価格を抑えて家を建てたいと考える人もいるでしょう。
しかし、平屋住宅の価格はなかなか想像しにくいですよね。
そこで今回は、青森の注文住宅業者が注文住宅の平屋の価格について解説します。

0e1c4e7740224e0c3fe6c84c5dd05e88_s.jpg

□注文住宅の平屋の相場価格

相場価格を知っておくと、間取りや計画を決める時に便利です。
平屋の価格相場は、土地の面積や依頼する建設会社、設備や間取りによって変化しますが、2~3LDKの平屋で一千万円から二千万円です。
注意点としては、ここでの価格はあくまで目安なので、実際に住宅会社に相場を訊いてみるといいでしょう。


□平屋住宅と二階建て住宅の価格比較

平屋住宅と二階建て住宅ではどれぐらい価格が変わるのでしょうか。
結論から言いますと、一般的に平屋住宅の方が少し高くなります。
なぜなら平屋住宅では使用する資材を少なくできますが、その代わりに二階建て住宅よりも広い土地やその土地を覆う大きな屋根が必要だからです。
しかし、平屋住宅だと二階に上がる階段が存在しないためその分節約できます。
一般的に高いと言われる平屋住宅でも、計画次第では二階建て住宅よりも価格を抑えられます。


□価格を抑えるポイント

*設計をシンプルなものにする

複雑な形ではなく、シンプルな形に設計しましょう。
なぜなら複雑な形にすると、材料費や人件費が多くかかるからです。
シンプルな形として、正方形型、L字型や凸型がおすすめです。

*材料や設備機器の価格を抑える

材料費や設備機器の価格はどうしても高くなります。
材料がなるべく少なく済むように間取りを決めましょう。
また設備機器の費用は数百万円ほどなので、この費用を抑えると価格がかなり安く済みます。
なるべく質が良く価格が安めの設備機器を探しましょう。

*土地の広さを抑える

広い敷地が必要になることが多いので、その分価格も高くなります。
なるべく敷地が狭く済むように間取りを決めましょう。

*平屋住宅の建築経験が多い会社に依頼する

住宅会社によっては平屋住宅をあまり建てたことがないところがあります。
なるべく平屋住宅の建築経験が多い会社に依頼すると価格が抑えられることが多いです。

2db6173b2917e2da3ebfc79e66484826_s.jpg

□まとめ

今回は、青森の注文住宅業者が平屋の価格について解説しました。
今回の記事を参考にして、平屋住宅の価格を見積もってみてはいかがでしょうか。
青森在住の方で、注文住宅についてご不明な点やお悩みがありましたら、ぜひ一度当社までお気軽にご相談ください。
注文住宅に詳しいスタッフがお客様のサポートを致します。

詳しくはホームページをご覧ください!
http://www.soma-arc.jp/

青森県弘前市で注文住宅を考えている方へ!購入の流れを詳しく解説します!

青森で注文住宅を考えている方へ!購入の流れを詳しく解説します!_main.jpg

「注文住宅を考えているけど購入の流れがいまいちわからない。」
「大きな買い物だから、しっかりと流れを把握したい!」
このように、注文住宅を購入する時の流れについて知りたい人が多くいらっしゃると思います。
一生に一度かもしれない家の買い物で失敗しないためにも購入の流れをしっかり知っておきたいですよね。
そこで今回は、青森の注文住宅業者が注文住宅を購入する時の一連の流れを解説します。

1a338567e481b6f709c8e588ae292c39_s.jpg

□注文住宅の購入の流れ

*どんな家を建てるのか想像する

まずは、家のイメージと住みたいエリアを考えましょう。
家族の生活スタイルに合った家を建てるためには、周りの環境や立地条件が重要です。
例えば、通勤通学を重視するなら公共交通機関が充実した駅の周りがいいですよね。
家のイメージを固めると、購入の流れがスムーズに行えるため、じっくり考えましょう。

*資金計画をしっかり行う

資金計画は購入の流れの中でも重要です。
自分の貯蓄が今どれぐらいあるのかを把握し、資金としていくらまで出せるのかを確認します。
そして、住みたい地域の相場から土地代と建物代の予算を見積もります。

*土地を見つける

資金計画がしっかりと固まったら、土地を探します。
土地探しについては、地域の不動産会社に予算やイメージを伝えて探してもらうことが普通です。

*施工会社を決める

土地が見つかったら、実際に家を建ててもらう施工会社を探します。
施工会社として、ハウスメーカー、工務店、設計事務所があります。
自分の建てたい家のイメージを具体的に施工会社に伝えると、自分の理想の家に近づきます。

*敷地と地盤の調査

本当に家を建てられるのかを確認するために、敷地と地盤を調査する必要があります。
これらの調査は施工会社に依頼すると行ってくれます。

*土地の購入

土地購入の契約では、不動産会社から土地の説明を受けます。
問題がなければ、指示に従って土地売買契約を行います。

*工事請負契約を結ぶ

家の計画が確定したら、工事を始めるために契約を結びます。
契約時には、工事請負契約書、工事請負契約約款、見積書、設計図書の4つの書類が渡されます。
これらの書類は多くのことが書かれているため、難しいところは工事が始まる前に確認しましょう。

*住宅ローンを考える

注文住宅を建てる時、住宅ローンを組む人が多いのではないでしょうか。
住宅ローンを組む時は金利と毎月の支払額に気をつけましょう。

*施工と引渡し

請負契約が結ばれると工事が始まります。
工事が終わると引渡しが行われます。

2bfc86a3d53ebed64f7203f97df60949_s.jpg

□まとめ

今回は、青森の注文住宅業者が注文住宅の購入の流れについて解説しました。
今回の記事を参考にして、注文住宅の購入を進めてみてはいかがでしょうか。
青森在住の方で、注文住宅についてご不明な点やお悩みがありましたら、ぜひ一度当社までお気軽にご相談ください。
注文住宅に詳しいスタッフがお客様のサポートを致します。

詳しくはホームページをご覧ください!
http://www.soma-arc.jp/