新築のお風呂で後悔しないために|失敗事例から学ぶ

「投稿可」新築のお風呂で後悔しないために|失敗事例から学ぶ_main.jpg

新築のお風呂設計でお悩みの方はいませんか?
「新築の家を建てるので、お風呂にもこだわりたい。」
「毎日使うお風呂だから、後悔したくない。」
このように、新築のお風呂設計でお悩みの方が多くいらっしゃると思います。
そこで今回は、新築のお風呂で後悔しないために、失敗事例から成功のためのポイントをご紹介します!

新築のお風呂で後悔しないために|失敗事例から学ぶ_①.jpg

□お風呂設計の失敗事例

*お風呂場の大きな窓

「湯船に浸かりながら大きな窓で庭を一望したい」と考える方が多いですよね。
しかし、お風呂場の大きな窓は、窓と庭の掃除をきちんとしていないと、汚らしく見えてしまいます。
きちんと毎日窓と庭の掃除ができるという状況でしたら、お風呂場の大きな窓も良いかもしれませんね。

*お風呂場の大きすぎる鏡

ホテルには、お風呂場に大きな鏡が設置されている場合がありますよね。
もちろん、お風呂場の大きな鏡は魅力的です。
しかし、先ほどの窓と同様に、お風呂場の大きな鏡も、きちんと掃除していないと、水アカと曇りに悩まされます。


□お風呂設計で成功するためのポイント

*設置するオプションを明確にする

オプションは、カタログを見ていると、あれもこれもと余計なものをつけがちです。
しかし、あると便利そうだと思ってつけたのはいいものの、実際に住み始めてみると、使わないオプションがたくさんあります。
そのため、魅力的なオプションが見つかっても、そのオプションが本当に必要かどうかをよく検討するようにしましょう。

*浴槽の色を考える

毎日のお風呂掃除の手間を考えるならば「濃い色」を選ばない方が良いです。
なぜならば「濃い色」のお風呂にすることで、カルキ汚れなどが、目立ってしまうからです。
そのため、浴槽の色は、ホワイトやブルーなどをおすすめします。

*浴室に窓をつけるかを決める

新築お風呂に大きな窓を設置すると、どうしても気になるのが、外からの視線です。
位置を工夫しないと、人影が映ってしまうこともあります。
そのため、家の環境や条件を考慮したうえで、サイズを決めるようにしましょう。

*お風呂をできるだけ広く見せる

リビングやキッチンなどの間取りに注力していると、お風呂の間取り設計は、軽視されることがあります。
しかし、お風呂は1日の疲れを癒す空間ですよね。
そのため、リビングやキッチンと同様に、お風呂の間取り設計も重要視しましょう。

新築のお風呂で後悔しないために|失敗事例から学ぶ_②.jpg

□まとめ

今回は、新築のお風呂で後悔しないために、失敗事例から成功のためのポイントをご紹介しました!
当社では、新築のお風呂設計についてのご相談を随時受け付けております。
新築住宅の専門家が、お客様を全面的にバックアップいたします。
ぜひ一度、当社までお問い合わせください。
詳しくはホームページをご覧ください!
http://www.soma-arc.jp/

PageTop