不確かな未来に備えた家づくり

不確かな未来に備えた家づくり
資金計画や住宅ローンで
気を付けることは、
無理な返済額を設定しないことと、
目先のことにとらわれないことです。

そのしわ寄せが、今後あなたに、
さまざまな形で降りかかってくるからです。

では、そうならないためには、
資金計画や住宅ローンを選ぶ時、
どのようにすればいいのでしょうか?

おはようございます。
相馬です。


まず、無理な返済額を設定してしまう理由
から考えていきたいと思いますが、
それはおそらく、
・資金計画を間違えた
・貯金が充分にない
・住むエリアを間違えた(お金の掛け過ぎ)
・土地を広く買い過ぎた(お金の掛け過ぎ)
・庭を豪華にし過ぎた(お金の掛け過ぎ)
・家を大きくし過ぎた(お金の掛け過ぎ)
・家にこだわりすぎた(お金の掛け過ぎ)
これらの多くに該当してしまったためだと思います。

それゆえ、この失敗を防ぐためには、
そもそも、こうなってしまう思考を
改めないといけません。

「せっかく」の積み重ね

家づくりにお金を掛け過ぎてしまう理由は、
「一生に一回だから」とか、
「後からやり直しがきかないから」という感情が、
強くなってしまうからです。
また、SNSで情報を取りやすくなったことも、
これに拍車をかける大きな原因だと思います。

もちろん、その気持ちはよく分かります。
しかし、今後の暮らしのことや、
仕事のこと、子供たちの進学のことを考えると、
もう少し冷静に、
現実的に考えるべきではないでしょうか。

これからは、ずっと同じ会社で勤められる
保証もなければ、
働いていれば給料が右肩上がりにあることも
ないでしょうからね。

なんせTOYOTAですら、
終身雇用が約束出来ないどころか、
これからはビジネスモデル自体変えないと、
厳しくなると言われているし、
SONYはメガバンクが導入したように、
これからは年齢や勤続年数ではなく、
能力によって給料を変えていく時代に
なるかもしれませんからね。

そんなこんなで、
減給やボーナスカット、倒産や転職といった
もしものことがあった時でも、
ローンが負担となり生活が苦しくならないように
返済額を考えなければいけない
ということなんですよね。


問題を先送りしない


家づくりに掛けるお金を間違えてしまい、
自分の返済能力を超えた
お金を借りてしまうと、
それがまた、さらなる悲劇を招きます。

予算オーバーしてしまったことによる、
返済負担を少しでも下げるために、
単純に金利が安いローンを選んでしまうからです。

金利が安い住宅ローンは、
銀行に支払う経費も少なく、
その分得したような気がするし、
銀行から金利が安い分、
元本の減りが早いから得ですよ、
なんて言われてしまうと、なおのことですね。

ですが、金利が安い住宅ローンは、
最初の返済期間が終了する時に、
確実に金利が上がってしまいます。
そして、返済額が上がることになります。

それが3年後だった場合、
3年なんてあっという間に過ぎてしまい、
仮に現在ギリギリのところで
返済をしているとしたら、
たちどころに苦境に陥ってしまうかもしれません。

また10年で設定していた場合、
ちょうど子供たちの
進学のタイミングと重なりやすく、
そうなれば、その負担増によって
足元をすくわれてしまうかもしれません。

それゆえ、今が厳しいからという理由で、
問題が先送りになるような
ローンの選び方をしてはいけないというわけです。

というわけで、
無理な返済設定をしないために、
資金計画によって自らの予算を厳しく計算し、
その予算の中で出来る
家づくりをしてもらえたらと思います。

予算さえ間違えなければ、
無理な返済を組むこともなくなるし、
返済額を調整するために、
選ぶべきじゃない住宅ローンを
選ぶこともなくなりますから。


それでは、、、


株式会社相馬建築では随時、家づくり相談を行っております。

家づくりを始める前に失敗しない住宅ローンの選び方や
知っておいてほしいことや集めておくべき情報を
分かりやすくお伝えします!


ご相談はのご予約はお電話(0172-40-0237)
またはホームページからお問い合わせください。

http://www.soma-arc.jp/

設計は問題解決提案

設計は問題解決提案

家は、環境に合わせて建てるものであり、
設計とは、その土地が持つデメリットや
懸念点を解消するための手段です。

例えば、あなたが住もうと思っている場所が、
海の近くか、高台だとしたら、
かつ、周囲に家がないところだとしたら、
そこで考えられる懸念点は何でしょうか?

この場合、考えられる最大の懸念点は、
強風の影響を受けやすいということです。
台風の時はもちろん、
日常的にも平地に比べると
風当たりが厳しそうですからね。

それゆえ、こういった土地で家を建てる場合、
可能であれば「平屋」を建てるべきです。

2階建てよりも重心が低いため、
風の抵抗を受けにくいし、
上階からの荷重負担も小さいし、
そもそも構造が安定しているからです。

2階建ての場合は、
背が高い分、風の抵抗を受けやすいし、
上階からの荷重負担も大きいため、
風が吹くと余計に家が揺れますからね。

また、海に近い場合、
風の抵抗とともに懸念される点が、
風による塩害被害です。

それゆえ、塩害被害を
受けやすそうな材料を避けるべきだし、
自転車置き場や玄関の位置、
そして使用する窓の種類なども
考えなければいけません。

錆びやすい外壁を選ぶと、
外壁のメンテ周期が早まってしまうし、
自転車を青空駐輪していると、
錆びてすぐ壊れてしまうでしょうし、
窓の敷居に砂が噛むと、
窓が壊れやすくなってしまいますからね。


住宅密集地の懸念点

では、逆に住宅密集地の懸念点は、
どういったものがあるでしょうか?

まず考えられることが、
家に囲まれているため
光が入ってきにくいのではないか?
という懸念点です。

よほど敷地が広くない限りは、
近隣の建物との距離を
充分に取ることが出来ませんからね。

この懸念点を解消するためには、
単純に南向きの土地を選ぶのではなく、
近隣の建物との距離を
充分にとった場所に窓をつくるか?
あるいは、それが難しい場合は、
より高い位置から光を入れるようにするか?
のいずれかしかありません。

日当たりがいい南向きの土地を買っても、
よく考えて設計しないと、
新たな懸念点が生まれるからです。
南に大きな窓をつくることによって
生まれる幾つかの懸念点です。

外からの視線が気になり,
カーテンが開けられなくなるという懸念点。
間取りが分かりやすいという懸念点。
強風の影響を受けやすいという懸念点。
全て安全面に対する懸念点ですね。

そして、これらを緩和するため、
シャッターをつけつつも、
塀や目隠しをつくらざるを得なくなり
余分な出費が増えてしまうことになります。

このように、
環境に合わせて設計をしないと、
全くいい家にならないし、
無駄なコストを支払うハメになってしまいます。

いい家とは、
安心して暮らすことが出来る家であり、
使いやすく住みやすい家であり、
明るくて気持ちいい家のことです。

そんなこんなで、
家は、環境に合わせて建てるものであり、
設計とは、その土地が持つデメリットや
懸念点を解消するための手段だということを
理解した上で土地選びをしてみてくださいね。

きっと、土地が格段に選びやすくなるし、
土地のコストも大幅に圧縮出来ますから。

それでは、、、


株式会社相馬建築では随時、家づくり相談を行っております。

家づくりを始める前に失敗しない住宅ローンの選び方や
知っておいてほしいことや集めておくべき情報を
分かりやすくお伝えします!


ご相談はのご予約はお電話(0172-40-0237)
またはホームページからお問い合わせください。

http://www.soma-arc.jp/

スペックとコストを左右するもの

スペックとコストを左右するもの

家づくりでは、
日当たりの良い方向には、
大きな窓をつくることが、
当たり前となっていますが、
そうすれば光と同時に
視線まで入ってくることになります。

おはようございます!
相馬です。

結果、視線を遮断するために、
カーテンをしなければいけなくなるのですが、
目隠しのためにカーテンをするということは、
イコール日中の光をずっと遮断してしまう
ということでもあります。
そして、朝からずっと照明が必要になります。

また、カーテンにもコストがかかるため、
家づくりのコストが増えることになるし、
この窓には、直風がもろに当たることから、
同時にシャッターも必要となり、
さらにコストが嵩むことになります。

さらに、室内を見えにくくするために、
防犯対策も兼ねて塀や目隠しなどを
せざるを得なくなりますが、
そうなれば外構工事のコストも
割高になってしまいます。

つまり、カーテンありきで
間取りをつくってしてしまうと、
付随する出費が色々と出てくるというわけですね。


窓を少なくする理由

そして、コスト面以外にも、
窓は少ない方がいい理由があります。

まず、窓が少なくなれば、
必然的に耐震性が高くなります。
窓がない分、壁の量が増えるからです。

そして、それと同時に、
断熱性能も高くなります。
単純に、断熱材が入った壁の方が、
窓よりも断熱性能が高いからです。

また、窓が少なくなれば、
外壁にできる汚れもその分少なくなります。
外壁の汚れの一番の原因は、
窓の両脇から垂れることによって
出来るシミだからです。

それと同時に、
窓が少なくなれば窓拭きや網戸掃除などの
手間も減ることになりますしね。

さらに、窓が少なくなれば、
その分、収納も増えます。
単純に壁の量が増えることで、
壁面を使いやすくなるからです。

しかも、壁面が使いやすくなれば、
家具の配置もしやすくなるし、
模様替えなどもしやすくなるので、
部屋の使い方の自由度もアップしますしね。

このように、
家の中の明るさが充分確保出来、
かつ、風を通したい時、
心おきなく通せるのであれば、
窓の数をわざわざ増やす必要はない、
ということなんですよね。


比例しない窓の数と開放感

外から見た時、
たくさん窓があるお家は、
一見家の中がものすごく明るいと
イメージされることでしょう。

しかし、その窓には
全てカーテンがつけられるため、
決して室内が明るいわけではありません。

そして、カーテンによって
外の景色も見えなくなるため、
開放感もそう感じることが出来ません。

他方、外から見た時、
窓がほとんどないお家は、
一見家の中がものすごく暗いと
イメージしてしまうと思います。

しかし、そのお家の窓には、
カーテンが一切必要ないとしたら?
そして、その窓からたくさんの光が
室内に入ってきているとしたら?
さらに外や空がいつも感じられるとしたら?

きっと明るく開放的な住まいになりますよね。

ということで、
住み心地のいい家を
コストを抑えながら手に入れるためには、
「窓」のつくり方に注意を払わないといけない
ということを覚えておいてくださいね。


それでは、、、


株式会社相馬建築では随時、家づくり相談を行っております。

家づくりを始める前に失敗しない住宅ローンの選び方や
知っておいてほしいことや集めておくべき情報を
分かりやすくお伝えします!


ご相談はのご予約はお電話(0172-40-0237)
またはホームページからお問い合わせください。

http://www.soma-arc.jp/

小さな家の収納づくり

小さな家の収納づくり


おはようございます!
相馬です。

さて、今回は、
ついつい大きくなってしまう場所について
お伝えしていきたいと思うのですが、
さて、それは一体どこだと思いますか?

リビングでしょうか?
それとも書斎でしょうか?


あればあるほどいいと思う場所

ヒントはこれです。
お分かりになりました??

その答えは「収納」です。
どれだけあってもいいと思う場所ですよね。

しかし、実際のところは・・と言うと、
ただ単に収納を増やしても、
それに比例して収納力が上がるわけでもなく、
また片付けやすくなるわけでもありません。

それどころか面積が大きくなった分、
コストが上がってしまうことになるので、
コストを増やさずに収納を増やす方法を
知っておく必要があります。

「床面積=収納量」ではない

収納を考える上で知っておくべきことは、
収納の床面積を増やしたからといって、
収納量がアップするわけじゃない
ということです。

例えば、幅も奥行きも
それぞれ91cmの収納と
幅が2倍で奥行きが半分の収納は、
いずれも半帖という広さになりますが、
収納力や使い勝手は同じなのでしょうか?

この2つの収納は、
床面積が全く同じであるものの、
前者よりも後者の方が、
圧倒的にたくさんの物を
収納しておくことが出来ます。

では、その理由を考えてみましょう。
まず、前者の場合、
奥行きが78cmもあるのですが、
そもそもあなたの持ち物の中に、
そんなに奥行きが必要なものがあるでしょうか?
(せいぜい布団ぐらいでは?)

かといって、
奥行きをうまく利用するのも
なかなか難しいものです。
手前になにか置いてしまうと、
奥の物を取ろうとした時に、
いちいちのけないといけないからです。

また、奥に何を置いてあるのか
忘れてしまうこともあるでしょうし、
いちいち取り出すぐらいなら、
買ったほうが早いとなり
買うとなれば出費は増えるわ・・・
同じ物がまた増えるわ・・・
そして置く場所にまた困るわ・・・
という負のスパイラルに
陥りやすくなってしまいます。

他方、後者の収納は、
奥行きが浅くなるため、
手前になにかを置くことが出来ないし、
幅が2倍になったということは、
前者の収納の2倍多く、
物を陳列することが出来るようになります。


高さを有効利用するという考え

さらに、収納で大事なことは、
天井までの高さを、
いかに無駄なく使うかということです。

天井高が2m40cmだとしたら、
棚を2枚設置し、
1段あたり80cmのスペースにするのか?
棚をもう3枚増やして5枚し、
1段あたり40cmのスペースにするのか?では、
収納力に圧倒的な差が出るのは、
一目瞭然ですからね。

これを具体的に計算してみると、
78cm×3段=234cm、
169cm×6段=1014cm、
と最大で4.33倍も収納力に差が出てしまう
というわけですね。

このようにつくり方さえ分かっていれば、
無駄にコストを上げなくとも、
たくさんモノが置け、
片付けしやすく、また管理しやすい
収納をつくることが出来るようになります。

それどころか、これらを応用して、
収納を考えていくことが出来れば、
逆に面積を縮めながら、
より豊富な収納をつくることが出来ます。

ということで、
収納もただ単純にたくさんつくれば
それでいいわけではないということを、
覚えておいていただければと思います。

収納が増え、
面積が増えることによって喜ぶのは、
それによって建築コストが上がる
住宅会社だけですからね。

それでは、、、


株式会社相馬建築では随時、家づくり相談を行っております。

家づくりを始める前に失敗しない住宅ローンの選び方や
知っておいてほしいことや集めておくべき情報を
分かりやすくお伝えします!


ご相談はのご予約はお電話(0172-40-0237)
またはホームページからお問い合わせください。

http://www.soma-arc.jp/

土地探しのルールとその理由

土地探しのルールとその理由

家づくりをする時に、
よく考えていただきたい部屋が
子供部屋です。

というのも、子供部屋をどう考えるか?
そして、どうつくるかによって、
家のコストが全く違ってくるからです。

それゆえ、当たり前のように、
子供部屋を2階につくったり、
1人に1部屋つくったり、
6帖でつくろうとせず、
コスト面や将来のことまで考えて
つくるようにしていただければと思います。

土地探しのご依頼さえいただければ、
うちも土地探しをするのですが、
その際は、いちいち土地ごとに、
不動産屋さんに問い合わせをして
資料を送ってもらうのではなく、
いつも同じ不動産屋さんに
エリアと価格だけお伝えして、
まとめて資料を送ってもらうようにしています。

そして、送ってもらった土地を
全て自分たちで見に行き、
物件を選定した上で、
ご提案させていただいています。

おはようございます。
不動産屋さんにいつも厳しい予算で
土地探しをお願いするので、
時々、予算にゆとりがあったりすると、
「えっ!?」ってびっくりされてしまう
相馬です。


では、そうしている理由について
今回はお伝えしていきますね。

まず、なぜいつも同じ不動産屋さんに
お願いしているのかと言うと、
うちからの依頼は、
他の建築会社さんからの依頼に比べて
かなり儲けが少ないからです。

不動産屋さんの儲けは、
土地の価格に依存するので、
(土地の価格にパーセンテージを乗じて計算するからです)
平然と相場の半値ぐらいで探して欲しい
とお願いしてくるうちからの依頼は、
向こうからしたら全くおいしくない話です。

土地の価格に関係なく、
かかる手間と労力は同じですからね。

この上、散々あちこち動かされた結果、
他の不動産屋さんで決めました、
なんて言われたら、
もうやってられないですよね・・・

だから、たとえ少なくとも、
毎回、絶対にその方に手数料が入るように
しているというわけです。

これが、結果的に、
家を建てるお施主さんに
良いこととして跳ね返ってくるわけですしね。
掘り出し物情報を、
優先的に回してもらえるという形で、です。
自分自身ではやりにくい価格交渉も、
積極的にやってもらえますしね。

絶対ルールは予算が分かってから

では続いて、
探し方のルールについてお伝えしていきますね。

土地を探す時、
絶対にやってはいけないことが、
自分だけで勝手に予算を決めて
探し始めるということです。
これはホントサイアクです・・・

これをやってしまうと、
99.9999%高い土地を買ってしまい、
大幅に予算オーバーすることになります。
そして、それが後々あなたの家計を苦しめ続けます。

例えば、あなたが住みたいエリアの
土地相場が1000万円だとします。
そして、あなたが払えるローンの
上限額が毎月8万円で、
自己資金がゼロだとします。

この場合、家にどれくらい予算を
使うことが出来るかお分かりになりますか?

この場合、土地や諸経費などを
全て差し引いていくと、
1400万円ぐらいになるのですが、
あなたが希望する家が、
その予算では全く話にならないとしたら、
これは非常に厳しい現実ですよね・・・

それゆえ、この場合は1000万円ではなく、
もっともっと低い予算で
土地を探すようにしないといけない
というわけですね。

そして、その現実を知るために
しなければいけないのが、
土地の予算決めというわけですね。


どんな家を建てたいかも明確にする

そして、もう1つ決めておかないといけないことが、
どんな家にしたいのかということです。

この理由は2つです。
1つは、自分が建てたいと思っている家に、
一体どれくらい予算がかかるのかを
あらかじめ知っておいた方が、
より具体的に土地予算が出せるから。

そして、もう1つの理由が、
建てたいと思っている
家に合わせて土地を探すことが出来るからです。

だから、この話も
予算を決める資金計画の時に一緒にしておくと、
なおのことあなたにピッタリの
土地選びが出来るようになるというわけですね。

いかがですか?
これが、うちが土地を探す時に
いつもやっていることです。

まっ、いくらでもお金をかけてもいい
と思っている方は、
こんなこと一切気にせず
探してもらってもいいんですが、
仮にあなたが、少なからず
お金に不安を感じているとしたら、
ぜひぜひ、この流れを
参考にしていただければと思います。

これ、めちゃくちゃ大事な話です。
それでは、、、

株式会社相馬建築では随時、家づくり相談を行っております。

家づくりを始める前に失敗しない住宅ローンの選び方や
知っておいてほしいことや集めておくべき情報を
分かりやすくお伝えします!


ご相談はのご予約はお電話(0172-40-0237)
またはホームページからお問い合わせください。

http://www.soma-arc.jp/

将来を見据えた家づくり

将来を見据えた家づくり

家づくりをする時に、
よく考えていただきたい部屋が
子供部屋です。

というのも、子供部屋をどう考えるか?
そして、どうつくるかによって、
家のコストが全く違ってくるからです。

それゆえ、当たり前のように、
子供部屋を2階につくったり、
1人に1部屋つくったり、
6帖でつくろうとせず、
コスト面や将来のことまで考えて
つくるようにしていただければと思います。


おはようございます。
相馬です。

さて、今回は、
子供部屋の場所、数、広さについて
一つ一つ紐解いていってみますね。

例えば、当たり前のように
子供部屋を2階につくるとなれば、
1階には客間とプレイルームを兼ねた部屋が、
リビングとは別で必要になります。

子供たちが小さいうちは、
2階にある自分たちの部屋を
使ってくれないからです。

結果、その余分な部屋のために、
150万円~200万円ものコストが
かかることになります。

他方、子供部屋を1階につくれば、
この余分な部屋をつくる必要がありません。
そもそも自分の部屋を
プレイルームとして使えばいいし、
親御さんが泊まりに来た時は、
子供部屋で寝てもらえばいいからです。
子供たちは親と一緒に寝ているわけですからね。

また、子供部屋の数はいかがでしょうか?
お子さんの数が1人や2人なら、
1人1部屋つくっても問題ありませんが、
それ以上の場合、1人1部屋つくるとなると、
コストが上がってしまうのはもちろん、
将来、持て余すようになりますよね?
子供たちは高い確率で、家から出ていくからです。

それゆえ、単純に人数分子供部屋をつくるという
選択をするのではなく、
子供達の年齢や性別なども踏まえつつ、
かつ、やがて出ていくことも想定しつつ、
どのように子供部屋をつくるのかを
考えなければいけません。

もちろん、予算的に問題ないのであれば、
減らす必要はないんですけどね。

さらに、子供部屋の広さについては、
いかがでしょうか?
やはり、最低でも6帖は必要だとお考えでしょうか?

広さを考える時は、
その部屋に何を置くのかを、
考えていただくことをオススメしています。

仮に、子供部屋に置くものが、
一般サイズのシングルベッドと
勉強机だけだとしたら、
その部屋は4.5帖もあれば充分です。

4.5帖は縦横それぞれ2.6mずつあり、
そのスペースには、
シングルベッドと勉強机を置いても、
まだ充分なスペースがあるからです。

広くつくったことにより
部屋に出来た余白スペースに、
家具や棚を置くようになれば、
さらなる出費を生み出してしまうと共に、
部屋に閉じこもりやすくも
なってしまいそうですしね。

いかがですか?

家を建てるということは、
イコール子供たちのためでもあります。
だからこそ、もっとしてあげたいという
気持ちになるのも分かります。

しかし、そうすることによって、
家の予算が増えてしまい、
結果、日々の暮らしに影響が出たりだとか、
子供の進路やあなた自身の老後に
影響が出てしまうとしたら、
本末転倒な話になってしまいます。

ですから、予算と照らし合わせながら、
出来るだけ省けるものは省きながら、
家づくりをしていただければと思います。

それでは、、、

株式会社相馬建築では随時、家づくり相談を行っております。

家づくりを始める前に失敗しない住宅ローンの選び方や
知っておいてほしいことや集めておくべき情報を
分かりやすくお伝えします!


ご相談はのご予約はお電話(0172-40-0237)
またはホームページからお問い合わせください。

http://www.soma-arc.jp/

それってホントに必要?

それってホントに必要?

家を小さくすることが出来れば、
家のコストも安くなるし、
土地代や外構代も安くなります。

また、光熱費や固定資産税といった
維持費(ランニングコスト)も安くなるし、
やがて必要になるメンテ費用や
増改築費用なども安くなります。

しかし、ただ単に
家を小さくしてしまうと、
普通に使いにくく住みにくい家に
なってしまうだけなので、
小さくても使いやすく
住みやすい家にするための考え方も
同時に知っていただく必要があります。


おはようございます。
相馬です。

さて、今回は、
合理的な家の縮め方について
お伝えしていきたいと思います。

では、早速ご質問です!
あなたにとって、
「廊下」は絶対に必要なものでしょうか?

もし、必要であれば、
つくればいいだけの話なのですが、
いらないなと思っているのに、
出来てしまうとしたら、
それって無駄な場所だと思いませんか?

廊下がなくていい理由

廊下が出来れば、
廊下によって空気が分断されてしまい、
家の中に温度差が出来る原因となります。

いわば、廊下がペアガラスの真空層の役割を
果たしてしまっているというわけですね。

また、廊下のドアが開いていると、
空気が逃げているような気がするし、
廊下のドアは閉めなければいけないような気がして
反射的に閉めてしまいますよね。

結果、洗面やお風呂やトイレなどに、
エアコンの余熱が届かなくなるし、
2階建ての場合であれば、
1・2階の温度差が出来るだけじゃなく、
2階の部屋と廊下の間にも、
けっこうな温度差が出来てしまいます。

また、廊下が出来ることによって、
廊下のコストが余分にかかるのですが、
これに加えてドアやスイッチの数も増えることになり、
さらなるコストアップの原因となってしまいます。

以上のような理由から、
必要ないとお考えであれば、
そもそも廊下がない家になるように
プランを考えた方がいいというわけです。
コストをカットしながら、
快適性が高い家がつくれるわけですからね。


昔と現在の違い

次に、考えていただきたいことは、
昔と現在の違いです。
実家を想像してみてください・・・

例えば、うちの実家もそうですが、
昔の家には収納がほとんどありませんでした。
そして、寝室にはタンスが所狭しと
並べられていませんでしたか?
結婚と同時に婚礼ダンスを
購入するのが当たり前でしたからね。
また、お母さんのためのドレッサーが、
寝室に置かれていませんでしたか?

それに比べて現在はどうでしょうか?
部屋と収納を分けるのが
当たり前となっていませんか?
婚礼ダンスなんて買わないですよね?
化粧をする場所も、寝室ではなく、
洗面やリビングではありませんか?

さらに、昔のテレビはブラウン管だったため、
テレビそのものが場所を取っていたのですが、
現在は薄型テレビの時代だし、
しかもそれは壁掛けすることも出来るので、
テレビが場所を取ることすらありませんよね?

以上のことを踏まえて
寝室の広さを考えてみると、
果たしてそんなに広い寝室が必要なのでしょうか?

広々したリビングダイニングキッチンが
あることが当たり前となった現在は、
寝室は、文字どおり、
ただ寝るだけにしか使わない部屋ですからね。

であれば、必要最小限の広さで充分だと思いませんか?
わざわざコストをかけてまで、
ただの余白をたくさんつくったとしても、
どうせ寝るだけにしか使わないんですからね。

いかがですか?
こうやって掘り下げて考えてみると、
「確かにそう言われればそうだなー」って
お感じになりませんでした?

ちょっと長くなってしまったので、
今回はここまでにして、
続きはまた次回ということで。

それでは、、、

株式会社相馬建築では随時、家づくり相談を行っております。

家づくりを始める前に失敗しない住宅ローンの選び方や
知っておいてほしいことや集めておくべき情報を
分かりやすくお伝えします!


ご相談はのご予約はお電話(0172-40-0237)
またはホームページからお問い合わせください。

http://www.soma-arc.jp/