注文住宅の便利な間取りについてご紹介!青森にお住いの方必見です!

注文住宅の便利な間取りについてご紹介!青森にお住いの方必見です!_main.jpg

青森にお住いのみなさまは、注文住宅の具体的な間取りをイメージできていますか。
もしかしたら、まだ間取りに関して何も考えていないという方がいるかもしれません。
注文住宅の間取りは工夫次第で非常に便利なものを作り出せます。
今回は、工夫が凝らされた便利な間取りと収納のポイントについてご紹介します。

82247_s.jpg

□便利な間取りの例をご紹介!

注文住宅では、自分の好きなように間取りを決められます。
そのため、各自の知識量によって思いつく間取りに限りがあると思います。
便利な間取りにするためには、たくさんの例を知っておくとよいでしょう。

例えば、リビングであれば壁側にテレビを置くと思います。
その際、壁面収納を使う手もありますが、テレビボードの裏に収納スペースを作るというアイデアもあります。
そうすることで、すっきりとした見た目になり、使い勝手もアップします。
また、収納できる空間を作ることでリビングを綺麗に保てるでしょう。

次に、可動式の玄関収納が挙げられます。
みなさまの中にも玄関にシューズクローゼットを作りたいとお考えの方がいると思います。
しかし、高さを変える機能がついていないシューズクローゼットは少し使いにくいかもしれません。
それを解決するために高さを調整できる機能が付いた収納を作ることをおすすめします。

これら以外に、玄関から直接繋がったパントリーも便利です。
玄関にパントリーを作ることで重いものを運ぶ距離が減るでしょう。

□収納のポイントをご紹介!

収納スペースを作る際は収納スペースの数ではなく、用途に合わせたものを作ることをおすすめします。
なぜなら、収納を作る目的は家をすっきりさせるためでもあるからです。
また、収納の数にこだわると、それら以外の部屋が狭くなってしまうかもしれません。

まず、収納について考える際は、現在の自分の所有物と収納したい場所について考えると良いでしょう。
このようにすることで、収納する量とよく使う場所を明確にイメージできます。
具体的にイメージできれば、それに沿った間取り作りを行えます。
使い勝手の良い家にするためにも明確にイメージすることは重要です。

そのため、間取りを決める際には自分の考えをはっきりさせておくとよいでしょう。

620861_s.jpg

□まとめ

本記事では、便利機能の付いた間取りについてお伝えしました。
これらを知っておくことで、より良いアイデアが思い浮かぶようになるかもしれません。
また、間取りの具体例以外にも収納作りにおけるポイントを押さえておくことは重要です。
みなさまの中に間取りや収納に関してお困りの方がいればぜひ一度ご相談ください。

詳しくはホームページをご覧ください!
http://www.soma-arc.jp/

青森にお住まいで暖かい注文住宅をお望みの方必見!暖かい家を作る方法とは?

青森にお住まいで暖かい注文住宅をお望みの方必見!暖かい家を作る方法とは?_main.jpg

注文住宅の購入を検討している方は、暮らしやすい家を作りたいと考えていると思います。
特に、青森にお住いの方であれば寒い冬でも快適に過ごせるような暖かい家をお望みの方もいるかもしれません。
では、どのようにしたら暖かい家を作れるのでしょうか。
今回は、暖かい家を作るための条件やその費用についてご紹介します。

197356_s.jpg

□暖かい家を建てるための方法とは

青森で注文住宅を建てるなら、冬でも快適に過ごせる家にしたいですよね。
そのような家にするためには、これから挙げる条件を満たしていると良いでしょう。
過ごしやすい家を完成させるためにもぜひ参考にしてみてください。

まず、構造は鉄骨やコンクリートではなく木造を選ぶことをおすすめします。
木造建築は鉄骨やコンクリートと比べて断熱性が高いという特徴があります。
この特徴を生かすことで、外からの熱の影響を受けにくくできるでしょう。

次に、使用する断熱材はできるだけ品質が高いものを選ぶことをおすすめします。
もちろん、高性能の断熱材を選ぶと価格が高くなってしまいます。
しかし、冬でも過ごしやすい家にするためには良い断熱材を使用することが必要です。
ただし、予算内に収まるように選ぶようにしましょう。

□注文住宅にかかる費用を抑える方法をご紹介!

注文住宅を検討している方の中には、できるだけ予算を抑えたいという方もいると思います。
そのような際は、予算を抑えたい旨を担当者にしっかりと伝えることが重要です。
では、伝えること以外にはどのような方法があるのでしょうか。

1つ目の方法として、床面積を小さくすることが挙げられます。
もし、床面積を大きくすれば大きな家が建ち、改修工事が必要になった場合に小さな家よりも多くの費用が必要になってしまうかもしれません。
そのため、将来の家族構成に合わせて無駄の無い広さにすることをおすすめします。

2つ目の方法として、外観をシンプルな形にすることが挙げられます。
複雑な間取りにすると、その分必要な費用が増えてしまうかもしれません。
そのため、広い部屋を作って仕切りを立てるようにすることをおすすめします。
以上のような工夫をすることで部屋数を減らせるため、費用も抑えられるでしょう。

365266_s.jpg

□まとめ

このようなことを意識して設計することで寒い冬でも乗り切れるような家が完成します。
しかし、予算の上限を決めておかなければ建築に必要な費用も増えていってしまいます。
そのため、自分たちで決めた予算を担当者に伝えることも非常に重要です。
これらのことに注意して、満足のいく家を完成させましょう。

詳しくはホームページをご覧ください!
http://www.soma-arc.jp/

青森で注文住宅をお考えの方へ!参考になる間取りをご紹介します!

青森で注文住宅をお考えの方へ!参考になる間取りをご紹介します!_main.jpg

青森で注文住宅をお考えの方はどのような間取りにしようと思っていますか。
もしかしたら、間取りを具体的にイメージできていないという方もいるかもしれません。
そのような場合は、実際に使われている間取りを参考にすることをおすすめします。
今回は、参考になる間取りの例や間取りを決める際の準備についてお話しします。

1096318_s.jpg

□間取りの参考例をご紹介!

注文住宅を購入する際には間取りを頭で考えることは大切です。
しかし、より具体的にイメージするためには施工例を見ることをおすすめします。
では、実際にどのような間取りがあるのでしょうか。

1つ目の例として、対面式キッチンが挙げられます。
みなさまの中には、キッチンを重視する方もおられると思います。
特に、小さなお子さんがいる家庭では、その行動に目を光らせる必要があります。
そのような際、対面式キッチンであれば安心して料理ができるでしょう。

2つ目の例として、ウォークインクローゼットが挙げられます。
通常のクローゼットよりも広いため、多くのものを保管できます。
また、人が歩けるほどのスペースもあるため、その場で着替えられるでしょう。

3つ目の例として、玄関収納が挙げられます。
この収納は、家を出発する際に気軽に衣類を取り出し、帰宅した際には直接収納しに行けます。
そのため、非常に効率の良い収納方法といえるでしょう。

□間取りを決める際に注意することとは

まず、家族構成によって必要な部屋の数は異なります。
また、将来の家族構成がどうなるかも視野に入れることでむだのない家を完成させられます。
そのため、将来の暮らしを明確にイメージすることが重要であるといえるでしょう。

次に、本当に必要な部屋であるかどうかという点に注意してください。
注文住宅の間取りは自分の思い通りに作れます。
しかし、間取りに優先順位をつけずに決めてしまうと暮らしにくい家になってしまうかもしれません。
これを避けるために、家族と話し合いながら考えることをおすすめします。

これら以外にも、動線を意識した家づくりをすることは重要です。
例えば、家事動線に配慮した家とそうでない家では使い勝手の良さにかなりの差が生じます。
快適な家にするためにも、動線に気を付けて設計しましょう。

82225_s.jpg

□まとめ

このように、間取りを考える際は具体例を参考にすることも非常に有効です。
間取りのアイデアがなかなか浮かばず困っているという方は、ぜひ参考にしてみてください。
また、注文住宅について考える際には話し合いや動線に配慮することも重要です。
これらを意識することで、みなさまの暮らしがよりよいものになれば幸いです。

詳しくはホームページをご覧ください!
http://www.soma-arc.jp/

青森で注文住宅の間取りが決まらない方へ!ポイントをご紹介します!

青森で注文住宅の間取りが決まらない方へ!ポイントをご紹介します!_main.jpg

青森在住で注文住宅を検討しているが、間取りがなかなか決まらない方はおられませんか。
頭の中で考えるよりも実際の失敗例を見た方が良いアイデアが思い浮かぶかもしれません。
もしかしたら、失敗を参考にしても考えがまとまらないという方もいるかもしれませんね。
今回は、家づくりの際のポイントについてご紹介します。

4103542_s.jpg

□注文住宅の失敗と注意点をご紹介!

注文住宅の完成後に後悔をするのは誰でも嫌だと思います。
実際にあった失敗を知ることで、自分が失敗するのを避けられるでしょう。
満足のいく家にするためには、過去の失敗例を知ることをおすすめします。

例えば、新築一戸建ての失敗として家事動線が悪い家が挙げられます。
リビングや水回りに関するものの位置が遠いと、移動に時間がかかってしまいます。
むだを省くためには、これらの距離を近づけることが重要です。

また、部屋数を増やすために収納スペースの量を減らすことも失敗例として挙げられるでしょう。
収納できる量が少なければ、家がものであふれてしまいかねません。
そのため、収納スペースをしっかりと確保することは非常に大切です。
どうしても部屋の数を優先したい場合は、デッドスペースを活用して収納空間を作ることをおすすめします。

□間取りを考える際のポイントとは

1つ目のポイントとして、家族とよく話し合い、間取りに優先順位をつけることが挙げられます。
注文住宅には、自分の思うように間取りを決められるという利点があります。
しかし、家族全員の意見を反映させようとするとまとまりのない家が完成してしまうかもしれません。
このような事態を避けるためにも、全員が納得できるような間取りにしましょう。

2つ目のポイントとして、生活している姿を具体的にイメージすることが挙げられます。
例えば、買い物から帰ってきた場合であれば、食材をしまいに行くと思います。
その際、玄関から行きやすい位置にキッチンを配置することで作業効率が良くなるでしょう。

3つ目のポイントとして、注文住宅を建てる土地の様子を把握しておくことが挙げられます。
例えば、目の前に高い建物があると、日当たりの悪い家になってしまいます。
そのため、周囲の情報をしっかりと集めるようにしてください。

379785_s.jpg

□まとめ

本記事では、注文住宅の間取りでよくある失敗や注意点についてお話ししました。
これらの知識を身につけることでより良い住宅ができるに違いありません。
また、間取りを考える際の重要なポイントも意識することで快適な家が完成するでしょう。
これらの点に注意して注文住宅の間取りを考えることをおすすめします。

詳しくはホームページをご覧ください!
http://www.soma-arc.jp/

青森で注文住宅を検討している方へ!家事動線を意識した間取りが重要です!

青森で注文住宅を検討している方へ!家事動線を意識した間取りが重要です!_main.jpg

青森にお住まいで注文住宅を欲しいと考えている方はおられませんか。
周囲で注文住宅を購入している方がいれば、自分も欲しくなってしまいますよね。
その際、間取りをきちんと考えてから注文住宅を購入することをおすすめします。
特に、家事動線を意識した間取りにすることで住みやすい家になるでしょう。

4023180_s.jpg

□家事動線を意識してむだを省こう!

間取りを決める際は、家事動線に配慮することが重要です。
そうすることで、非常に効率のよい家を完成させられるでしょう。
ここからは、どのような点に注意すればよいのかを具体的に説明します。

家事の負担を減らすためには、料理や洗濯といった毎日の家事を簡単に行えるようにすることが大切です。
例えば、朝の忙しい時間帯であればお子さんの支度や食事に追われ、家の中を何往復もしていることがあるかもしれません。
その際にキッチンやリビング、水回りをなるべく近い距離にすれば、時間を短縮できるでしょう。

時間が短縮できれば、余った時間を自分のために使えます。
自由な時間を増やすためにもぜひ意識して間取りを考えてみましょう。

□動線の種類をご紹介します!

動線には、家事動線以外にもたくさんの種類が存在します。
それらの動線を全て知り、間取りに組み込むことで過ごしやすさが格段にアップするでしょう。
ここからは、実際にどのような動線の種類があるのか見ていきます。

1つ目に、通勤動線が挙げられるでしょう。
これは、会社や学校に行くために身支度を行う際に、利用する動線のことをいいます。
洗面所やクローゼットを近くに配置することで時間を短縮できます。

2つ目に、衛生動線が挙げられるでしょう。
この動線は、トイレやお風呂など、水回りに関わるものを指します。
特に、トイレを設置する場所を間違えてしまうと、音が聞こえてしまうため注意が必要です。
そのため、リビングから距離を取り、廊下を挟んで配置するとよいでしょう。

3つ目に、来客動線が挙げられるでしょう。
この動線は、お客様が家の中を移動する経路のことを指します。
来客動線を頭に入れて間取りを考えないと、プライベート空間を見られてしまうかもしれません。

485561_s.jpg

□まとめ

今回は、暮らしやすい家にするためには家事動線に注意が必要なことを紹介しました。
また、この動線以外にも意識した方がよい動線についても触れました。
これらの動線を頭に入れて間取りを計画することで使い勝手のよい家が完成するでしょう。
みなさまの暮らしを快適にするお手伝いができれば幸いです。

詳しくはホームページをご覧ください!
http://www.soma-arc.jp/

注文住宅の間取りは動線を意識することが重要!青森の建築会社が徹底解説!

注文住宅の間取りは動線を意識することが重要!青森の建築会社が徹底解説!_main.gif

注文住宅を建てる際に動線を意識した間取りにすることは重要です。
特に、家事動線に配慮することで様々な負担を減らせます。
毎日の家事を効率良く済ませるためにも意識して損はありません。
今回は、快適な暮らしを実現するための家事動線についてお話しします。

379785_s.jpg

□家事の効率を高める間取りのポイントについて

何も考えずに間取りを決めても過ごしやすい家を完成させられません。
そのため、家事の負担を減らしたいのであれば家事動線を意識する必要があります。
例えば、水回りを一カ所に集中させることで料理や洗濯を並行して行いやすくなります。
その結果、朝のような忙しい時間帯でも焦らずに支度を終えられるでしょう。

また、リビングからトイレ、洗面所などに楽に行けるように回遊動線も意識してください。
この動線に配慮することで引き返すことなく、目的の部屋に移動できるようになります。
細かいことに注意することで効率アップを目指しましょう。
家事に費やす時間を減らすことで、自由に使える時間が増えます。

時間を自分のために使うためにも間取りは非常に重要です。
特に、キッチン周りの環境は効率に影響します。
みなさまの中にも、大きなキッチンを希望している方はいるでしょう。
しかし、広すぎるキッチンは時間短縮の敵です。

少しでも家事の負担を軽くしたいという方には、コンパクトなキッチンが適しているでしょう。
キッチンのサイズを小さくすることで食材を取り出しやすくなり、無駄な動きを減らせます。
これらに加えて、玄関からキッチンまでの距離を短くすることも時短のコツです。
この距離が近ければ、買い物から帰宅した後、買ったものをすぐにしまえます。

そのため、間取りの配置は注意して決めるようにしてください。

□間取りの失敗と対策をご紹介!

ここからは、キッチンの失敗についてご紹介します。
まず、来客から見える位置にオープンキッチンを設置してしまうことが挙げられます。
この失敗は、開放感を出すことだけを考えてしまうと起こってしまいます。
そのため、立った時にシンクの中が見えないように設置すると良いでしょう。

次に、パントリーの奥行きに関する失敗が挙げられます。
奥行きを出しすぎると、保管しているものを取り出しにくくなってしまいます。
使い勝手が悪いと、最悪その収納自体を使わなくなってしまうかもしれません。
そのような事態を回避するためにも、使い方を具体的にイメージし、サイズに注意して作りましょう。

82225_s.jpg

□まとめ

注文住宅の間取りは、動線を意識することが大切です。
それを考慮した間取りにするだけで快適な暮らしを実現できるでしょう。
また、収納スペースを作る際は、サイズや用途に注意してください。

詳しくはホームページをご覧ください!
http://www.soma-arc.jp/

【お引渡し】O様おめでとうございます!

スタッフ
こんにちは!営業の松尾です(*^^)v

お引渡し式
2020年12月5日 弘前市O様邸
お引渡しおめでとうございます!

O様の想いがたくさんつまった世界に一つだけの家♪

お引渡し式
O様のご要望でした
"無垢の床材と天井"
"沖縄の珊瑚を使用した塗り壁"
自然素材をふんだんに使用しました!

そして、断熱・窓・暖房にもこだわりました。
●外断熱・基礎断熱
●トリプルサッシ
●全館空調(ダクト式エアコン)

青森の寒い冬を乗り越えるために
妥協できなかったのがこの3つです。

本当に素敵なお家が完成いたしました☆彡
お引渡し式
O様、数ある建築会社の中から
相馬建築を選んでいただき
誠にありがとうございます。

今後もアフターメンテナンスで
永いお付き合いとなります!
よろしくお願い致します。

SIMPLENOTEセミナーご参加ありがとうございました

スタッフ
こんにちは!広報の對馬です(^^)/

12月になり一段と風が冷たく感じますね。
雪が積もらず、暖かいのはありがたいのですが、
少し寂しい気持ちもあります。
今週末からは雪予報が出ているようなので
雪への備えを万全にしておきましょう!!


2020年12月10日(日)青森県武道館にて
『第3回家づくりのための特別セミナー』を開催いたしました。
第3回家づくりのための特別セミナー

しっかりと、コロナウイルス感染拡大防止対策を行い、
ご参加いただきましたお客様に安心して
セミナーを受講していただきました。

第3回家づくりのための特別セミナー
セミナーに参加されたお客様から、
"私の理想としている家づくりとピッタリ"
"外観も内観も好き"
など...嬉しいお言葉をたくさんいただきました。


また、Zoomにてご参加いただきましたお客様にも
大変満足していただきました。


今回で3回目を迎えましたSIMPLENOTEセミナーは、
大好評につき次回開催も決定いたしました。

次回開催日は2021年1月23日(土)
青森県武道館にて開催予定です。

各部、4組様限定のセミナーとなっておりますので
お早めにお申込みください。

詳しくはこちら

【セミナーの日の都合がつかない方】
株式会社相馬建築では常時家づくり相談を行っております。
家づくりの不安や悩みなどございましたらいつでもご連絡ください。

青森在住の方へ!注文住宅の間取りを決める前に価格について知っておきたいこととは

青森在住の方へ!注文住宅の間取りを決める前に価格について知っておきたいこととは_main.gif

青森で注文住宅の購入を検討している方は価格についてどの程度ご存じですか。
もしかしたら注文住宅にかかる費用は建築費だけだと思っている方がいるかもしれません。
しかし、実際はそれ以外の費用も必要になります。
今回は、注文住宅に必要な費用についてご紹介します。

278656_s.jpg

□注文住宅を建てる際にかかる費用をご紹介!

まず、注文住宅を建てるためには土地が必要になります。
そのため、立地によっては予算の大部分を土地代が占めることになるかもしれません。
土地をすでに持っている場合は、この費用を支払う必要ないでしょう。
しかし、所有している土地に問題があれば、それを改善するための工事が必要になるという点に注意してください。

次に、住宅を建てるための費用が必要になります。
これは、家の土台を作るための工事や外観、内装に関わる工事全てを含みます。
特に、土台を作る基礎工事は重要な工程となることを覚えておくと良いでしょう。
また、使用する資材や家の規模によって価格が変動するという点に注意しましょう。

これらに加えて、各種手続きを行った際にも費用がかかります。
家を持つ際には、その家と家を建てるための土地が誰のものであるかを識別するための手続きを行います。
自分の土地を持っている場合は、建築物の手続きだけが必要になります。
それ以外の方は、登録免許税や司法書士報酬、必要に応じた実費などを支払う必要があることに注意しましょう。

□安い費用で注文住宅を建てる方法とは

まず、家の設備に優先順位をつけることが挙げられるでしょう。
家の材料として使用されるものには値段に幅があります。
そのため、本当に必要な部分だけにお金をかけることで出費を押さえられます。
例えば、壁を仕上げる材料に安価なものを選び、他の場所に力を入れてもいいかもしれません。

次に、住宅の形に着目してみるとよいでしょう。
住宅は、シンプルなものの方が複雑なものよりも値段が安く済みます。
そのため、なるべく低価格に抑えたい際には住宅の形にこだわっても良いことはありません。
また、シンプルな形の方が耐震性にも優れていることが多いです。

さらに、水回りはなるべく近い場所に設置すると良いでしょう。
この設備を離れた場所に設置してしまうと、配管を至るところに張り巡らせる必要が出てきます。
そうすると、配管工事の費用がかさんでしまいます。
これを避けるために、設備を集中するといった対策を取りましょう。

611197_s.jpg

□まとめ

注文住宅の費用は建築費以外にも様々なものがあります。
これらの費用を把握し、できるだけ予算内に収まるように工夫するとよいでしょう。

詳しくはホームページをご覧ください!
http://www.soma-arc.jp/

青森在住で注文住宅購入を考えている方へ!外壁を塗り壁にするメリットとは

青森在住で注文住宅購入を考えている方へ!外壁を塗り壁にするメリットとは_main.gif

青森にお住まいのみなさまは塗り壁についてご存じですか。
注文住宅を検討する際、どのような外壁にするか悩む方もいると思います。
その際、塗り壁について知っておくことで選択肢を広げられます。
今回は、塗り壁がどういうものなのかについてご紹介します。

3278526_s.jpg

□塗り壁の効果についてご紹介!

塗り壁の中には、自然素材を使用したものがあります。
この素材は、人間の健康にとって非常に優しく、家に温かみをもたらしてくれます。
そのため、健康に気を使いたい方や自然を感じたいという方に適しているでしょう。
また、火に強かったり、湿度を調整してくれたりするものもあります。

これらの性質のおかげで、安心で快適な生活を送れるでしょう。
また、化学物質を含んだ塗料を使用することでシックハウス症候群を発症する方もいます。
これは、軽度な症状から吐き気や気分が悪くなるといったものまであるため侮れません。
塗り壁には、これらの物質を分解する効果もあるため症状を和らげたり、事前に防いだりできるでしょう。

一方で、化学物質を含んだ塗料は様々な場面で不都合があります。
例えば、家で火災が発生してしまったとします。
その際、人工の塗料を使用すると有害な物質を発生させてしまうでしょう。
そのため、人間に害がない塗り壁を使った方が良いですよね。

これら以外にも、塗り壁には有害な菌を取り除いてくれる効果があります。
この特性を利用することで、健康にも配慮した家に住めるでしょう。
また、独特の味があるため心が落ち着く方もいるかもしれません。

□塗り壁を選ぶ際の基準とは

1つ目の選び方として、好みの質感や模様を再現できる素材を選ぶことが挙げられます。
自分の理想に近づけられる素材を使用することで完成後の見た目も随分変わります。
そのため、明確なイメージを持って選ぶことが重要になるでしょう。
イメージ通りの壁を実現するためにも吟味してください。

2つ目に、塗り壁の持つ特徴から決めることが挙げられます。
例えば、断熱性や耐久性、調湿性に優れたものがあります。
これらの中から、重視したいものを決めてから選ぶとよいでしょう。
その地域や周辺環境に合わせて決めるとよいかもしれません。

3つ目に、どの程度の費用をかけられるかで決めることが挙げられます。
価格を抑えたい場合には、手間のかからないものを選ぶ必要があります。
そのため、素材や工法にこだわることが難しくなるでしょう。
また、機能面においても下がる可能性があることに注意してください。

321712_s.jpg

□まとめ

塗り壁は、人間に対して様々な恩恵を与えてくれます。
注文住宅を建てる際は、一度検討してみてはいかがでしょうか。

詳しくはホームページをご覧ください!
http://www.soma-arc.jp/