青森で注文住宅を検討している方へ!風通しの良い間取りにするメリットをご紹介!

青森で注文住宅を検討している方へ!風通しの良い間取りにするメリットをご紹介!_main.gif

青森にお住まいのみなさまは、何に注意して間取りを考えていますか。
多くの方が暮らしやすい空間にしようと考えているでしょう。
住みやすい間取りに加えて、風通しの良い家になれば爽快な気分になると思いませんか。
今回は、風通しの良い家にするための方法についてご紹介します。

397995_s.jpg

□家の中を風が抜けやすくなるためには

風通しの良い家が完成すれば、電気代を節約することに繋がるかもしれません。
なにより、リラックスのできる快適な暮らしを手に入れられるでしょう。
では、具体的にどのようなことをすればよいのでしょうか。
ここからは、風の通りを良くするためのポイントをお話しします。

まず、方角を意識して窓を設置するようにしましょう。
場所によって小さな差は発生するのですが、多くの場合南から北に向かって風が吹きます。
これは、風に気圧の高いところから低いところに向かって吹くという特徴があるからです。
日本では、夏であれば風が南から吹くことが多いです。

そのため、間違った方角に窓をつけてもあまり意味がありません。
自然風を享受するためにも窓の配置には気を付けるようにしましょう。
次に、上昇気流を意識して窓を設置してください。
室内では、低い位置から高い位置に向かって気流が発生します。

もしかしたら、暖房をつけた際に上側の方が暖かいという経験をした方がいるかもしれません。
この性質を上手に利用して窓を設置することで風の通りが良くなります。
ただし、家の低い位置に窓を付ける場合は防犯を意識して設置するようにしてください。

□風通しが良い家のメリットとは

1つ目に、爽やかな風を感じることでリラックス効果が得られます。
窓を開けた際に風が入ってくることは気持ちの良いものだと思います。
また、自然な風に当たることで気分転換にもなるでしょう。
さらに、日本独自の四季を感じられるため精神を落ち着けられるでしょう。

2つ目に、湿度を調整する効果があることが挙げられます。
日本は湿度が高いため、それを調整する必要があります。
湿度が高すぎると、家をダメにしてしまう可能性があるからです。
また、シロアリやカビの原因となるため、風の通りを良くすることには重要な意味があるでしょう。

3つ目に、不快なにおいやほこりを室外に追い出せるということが挙げられます。
新鮮な空気を取り込めるため人間の健康にとっても良い影響があるでしょう。

379784_s.jpg

□まとめ

以上のことから、注文住宅の間取りを考える際は風通しを考慮することをおすすめします。
様々なメリットがあるため、皆様の生活をより良いものにするでしょう。

詳しくはホームページをご覧ください!
http://www.soma-arc.jp/

PageTop