注文住宅の間取りを工夫する方法をご紹介!青森在住の方必見です!

注文住宅の間取りを工夫する方法をご紹介!青森在住の方必見です!_main.gif

注文住宅の購入を検討中で青森にお住まいのみなさまはどのような間取りを考えていますか。
できるだけ便利で開放感のある住宅を作りたいと考えている方もいるかもしれません。
では、どのようなことに注意すればそれを実現できるのでしょうか。
今回は、間取りを工夫する際のポイントについてご紹介します。

82263_s.jpg

□間取りを決める際に意識することとは

まず、家事動線を意識した間取りを心がけると良いでしょう。
最近では、家族で家事を分担する家庭が増えてきているようです。
そのため、特定の場所に大きな収納を配置してしまうと不便な家になってしまいます。
これを避けるには、家族がよく集まる場所に収納スペースを作る必要があります。

そうすることによって、使い勝手の良い家ができるでしょう。
例えば、この動線を意識したものとしてファミリークローゼットが挙げられます。
これは、家族全員が使用する共用クローゼットのことをいいます。
クローゼットを共有することによって取り込んだ洗濯物を一気に収納できます。

また、これをお風呂場の近くに配置することで着替えも楽になるでしょう。
さらに、空間に余裕があれば、台を置き、そこで洗濯物をたためるため非常に便利です。
次に、家事動線に配慮したものとしてパントリーが挙げられます。
ここには、様々な調味料や調理器具を保管しておけます。

そのため、料理好きの方や一度の買い物で大量買いする家庭に向いているでしょう。
ひと目見て保管しているものが分かるタイプにするか、たくさんのものが収納できるタイプにするかでパントリーの見た目も異なります。

□間取りを広く見せるための工夫とは

みなさまの中には、予算を抑えつつ家を広くしたいと考えている方もいると思います。
しかし、予算を低くするためには家のサイズを小さくするのが定石です。
ここからは、家のサイズを変えずに広く見せるための工夫を紹介します。
まず、必要のない廊下を作らないようにすることが挙げられるでしょう。

そうすることで、空いたスペースに部屋を作れます。
また、和室が欲しい場合はLDKと隣接させることで無駄を省けるでしょう。
次に、壁や仕切りをなるべく建てないようにすることが挙げられます。
これらをなくすことで視覚的にも広くなったように感じられます。

そのため、壁を作る際は必要最低限の数にすると良いでしょう。

1523668_s.jpg

□まとめ

注文住宅の予算を抑えても、工夫次第で部屋を広く見せられます。
そのため、あまり費用をかけられなくても諦めずに一度相談してみるようにしましょう。
みなさまがより良い住宅を建てるお手伝いをさせていただきます。

詳しくはホームページをご覧ください!
http://www.soma-arc.jp/

PageTop