弘前市周辺で注文住宅をご検討中の方へ!ポイントを押さえて間取りを考えよう!

弘前市周辺で注文住宅をご検討中の方へ!ポイントを押さえて間取りを考えよう!_main.jpg

より良い注文住宅を建てるために、気をつける必要があるポイントは何でしょうか。
それは、間取りです。
間取りが違うだけで、その家の人達の生活習慣は一変します。
今回は、弘前にお住まいの方へ、間取りを失敗しないためのポイントを紹介します。

399538_s.jpg

□失敗しないための間取りのポイント

自分や家族にとって良い間取りを構成するためには、どのようなことを意識すれば良いのでしょうか。
まずは、使い勝手の良い間取りのポイントを紹介します。

*収納率とは

まず、収納率を知ることが重要です。
家の床面積に対する収納面積の割合が、収納率です。
では、その収納率が一戸建てでおよそ何%かご存知ですか。
通常の一戸建てで、およそ12〜15%と言われています。

*持ち物を把握することの重要性とは

自分の家に、どれだけの荷物があるかを把握していますか。
おそらく多くの方が、自分が思っているよりも多くの物があることに気付いていません。
本当に必要な収納スペースを検討、確保するために、必要のないものは見極めて減らしていきましょう。

*配置を考える重要性とは

必要な収納スペースを確保しても、必要な場所に必要な容量のスペースがなければ意味がありません。
例えば、子どもの勉強する場所をどこにするか、衣類の保管する場所はリビングか寝室かなど、各家庭の生活スタイルによって異なりますよね。
そのため、自分、または家族の生活スタイルを把握し、最適な配置を考えることが重要です。
また、家族の行動パターンや動線を意識して収納スペースの配置や間取りを決めることも、良い間取りのポイントです。

□家を建てるタイミング別の間取りのポイント

マイホームを建てるとき、今の家族構成や生活スタイルだけでなく、将来のことを想定した間取りを考えることが大切です。

例えば、20代、30代では、予め子供部屋のための部屋を開けておく、または、後から部屋を仕切って子ども部屋を作れるようにしておくと良いでしょう。
40代で家を建てる場合は、自分や家族の持ち物が多くなるため、クローゼットや納戸を設置することがポイントです。
その後、歳をとってくると子どもが独立し初め、家には夫婦二人しかいなくなります。
今後のことを見越して、バリアフリーにすることも検討した方が良いでしょう。

379785_s.jpg

□まとめ

失敗しないための間取りの重要なポイントを紹介しました。
まずは、自分、そして家族の所有物がどのくらいあるかを把握しましょう。
そして目先の生活だけでなく、将来のことを見越して間取りを考えることが重要です。
ぜひ、当社と共に、最高の注文住宅を建てて、理想の生活を手に入れましょう。

詳しくはホームページをご覧ください!
http://www.soma-arc.jp/

PageTop