新築のキッチンの適切な広さについて専門業者が解説します!

新築のキッチンの適切な広さについて専門業者が解説します!_main.jpg

新築をお考えの方はいませんか?
「新築でキッチンをどのくらいの広さにしたらいいのかわからない!」
「使いやすいキッチンにするにはどうしたらいいんだろう。」
このように、新築でキッチンの広さについて知りたい方は多くいらっしゃると思います。
しかし、適切なキッチンの広さをご存知でない方は多いですよね。
そこで今回は、新築のキッチンにおける適切な広さを解説します。

新築のキッチンの適切な広さについて専門業者が解説します!_①.jpg

□キッチンの種類は?

キッチンにはいくつかの種類があります。
それぞれの特徴を見ていきましょう。

*壁付きキッチン

壁付きキッチンとは、部屋の壁に配置するキッチンを指します。
壁に向かって調理を行うため、汚れや臭いが広がりにくいといった良い点があります。

*対面・カウンターキッチン

対面キッチンは、ダイニングに向かって配置されているものです。
対面キッチンでは、ダイニングに面しているため、家族とのコミュニケーションをとりながら作業できるといった良い点があります。

*オープン対面キッチン

対面キッチンの特徴は、壁で空間を区切らないところにあります。
オープンキッチンには、アイランド型とペニンシュラ型があります。
アイランド型はよく耳にすることが多いですよね。
この型は、キッチンが壁から離れている形です。
もう一つのペニンシュラ型は、キッチンの一辺が壁についている形です。
どちらもダイニングに対してより開放的といった良い点があります。


□キッチンの広さは?

標準的なキッチンの広さを見ていきましょう。

*必要な空間の広さ

キッチン空間に必要な広さは、キッチンセットのレイアウトパターンによって異なります。
しかし、標準的には4.5畳ほどで良いと言われています。
ダイニングキッチンの場合は、8~12畳、リビンクとダイニングとキッチンが一緒の部屋では約15畳以上が目安になるでしょう。
また、近年では20畳以上のリビングとダイニングとキッチンが一緒の部屋も増えてきています。
ご家族の人数やライフスタイルに合わせた広さを選ぶようにしましょう。

*キッチンに必要な幅

キッチンで動線を確保するために、幅は大切なポイントです。
キッチンの出入り通路には、両手に食器を持って通れる幅の80センチ前後が標準です。

新築のキッチンの適切な広さについて専門業者が解説します!_②.jpg

□まとめ

今回は、新築のキッチンにおける適切な広さを解説致しました。
キッチンの種類と適切な広さについてご理解いただけたでしょうか。
当社では、新築についてのご相談を随時受け付けております。
新築の専門家が、お客様をサポート致します。
新築についてご検討の際は、ぜひ一度、当社までお問い合わせください。
詳しくはホームページをご覧ください!
http://www.soma-arc.jp/

デザイン住宅をご検討中の方必見!おしゃれな玄関にするポイントを徹底解説!

デザイン住宅をご検討中の方必見!おしゃれな玄関にするポイントを徹底解説!_m.jpg

デザイン住宅をご検討中の方はいませんか?
「おしゃれな玄関に憧れるけど、どうしたらいいんだろう?」
「せっかくのデザイン住宅、玄関にこだわりたいな。」
このように、おしゃれな玄関に憧れる方は多くいらっしゃると思います。
しかし、おしゃれな玄関を作るためにはどうしたらいいかわからないですよね。
そこで、今回はデザイン住宅の玄関をおしゃれにするポイントをご紹介します。

デザイン住宅をご検討中の方必見!おしゃれな玄関にするポイントを徹底解説!_①.jpg

□玄関でこだわるポイント

家の顔とも呼ばれる玄関には、こだわるべきポイントがいくつかあります。
おしゃれな玄関にするために、こだわるポイントをご紹介します。

*玄関ドアの素材と形

玄関ドアは、来客の際に絶対に見られるポイントですよね。
玄関ドアの素材と形にこだわりましょう。
玄関ドアの素材には、アルミ、スチールといった金属がメインのものがあります。
そこにガラスを埋め込むドアもあり、様々なバリエーションがあります。
形にも、片開き、両開き、引き戸といった様々な選択肢があります。
好きなデザインを組み合わせてこだわりの玄関ドアにしましょう。

*玄関照明

玄関照明は、玄関の雰囲気作りに大きな役割を果たします。
シャンデリアを用いてゴージャスな雰囲気を作ったり、間接照明を使うことでおしゃれな雰囲気を作ったりできます。
また、デザインだけでなく機能性も重視しましょう。
玄関に入った時にだけ、点灯してくれる人感センサー機能がついた照明をオススメします。
電気代の節約だけでなく、防犯にも役立ちます。

*玄関の間取り

玄関の間取りは、実際に住んだ時のことをイメージしながら考えましょう。
玄関に大きな荷物を置いたり、趣味の道具を置いたりすることもあります。
スペースに余裕を持った間取りにすることをオススメします。

*靴収納

玄関の設計で最も大切なのは、靴収納ではないでしょうか。
家族が増えたり、成長したりすると必要な靴も増えますよね。
その際、玄関に靴が溢れてしまうのは避けたいところです。
靴収納のスペースはかなり広めに考えておく方がいいでしょう。
余ってしまったスペースには靴ブラシや空気入れといった小物を収納できます。

デザイン住宅をご検討中の方必見!おしゃれな玄関にするポイントを徹底解説!_②.jpg

□まとめ

今回は、デザイン住宅の玄関をおしゃれにするポイントをご紹介しました。
玄関にはこだわるポイントがたくさんあることをご理解いただけたでしょうか。
おしゃれな玄関を考える際の一助となれば幸いです。
当社では、デザイン住宅についてのご相談を随時受け付けております。
デザイン住宅の専門家が、お客様を全面的にサポート致します。
ぜひ一度、当社までお問い合わせください。
詳しくはホームページをご覧ください!
http://www.soma-arc.jp/

新築のお風呂で後悔しないためのポイントを業者が徹底解説!

「投稿可」新築のお風呂で後悔したくない!後悔しないお風呂のポイントを業者が徹底解説!_m.jpg

注文住宅をご検討中の方はいませんか?
「注文住宅を建てるとき、お風呂ってどうすればいいんだろう?」
「注文住宅のお風呂、後悔したら嫌だな。」
このように、注文住宅のお風呂に関して不安をお持ちの方は多くいらっしゃると思います。
注文住宅を建てる際のお風呂のポイントをご存知の方は少ないでしょう。
そこで今回は、新築のお風呂で後悔しないためのポイントを解説致します。

新築のお風呂で後悔したくない!後悔しないお風呂のポイントを業者が徹底解説!_①.jpg

□お風呂の失敗例を紹介!

実は、お風呂の失敗例はとても多いです。
そこでまずはお風呂の失敗例から見ていきましょう。

*お風呂のサイズで失敗!

間取りを決める際、リビングや玄関、部屋の配置などにこだわり、お風呂のことをあまり考えていない方が多いです。
そのため、お風呂が狭くなってしまったという失敗例があります。
また、逆にお風呂を広くしすぎてしまったため、掃除が大変になったという失敗例もあります。
お風呂を適切な広さで配置するために、間取りを考える際には、お風呂の位置やサイズを早めに決めてしまいましょう。

*オプションをつけすぎてしまった!

カタログには様々な魅力的なオプションがついていますよね。
しかし、住み始めると意外と不要だったというオプションがあります。
不要だった浴室のオプションでよくあげられるのは、テレビです。
住み始めてテレビを使ってみると、テレビを見る時間が長くて次の人が入れなくなるという問題が発生します。
そのため、家族内で禁止されるケースもあるようです。
家族構成やライフスタイルに合わせて浴室のオプションを決めましょう。


□お風呂で失敗しないためのポイント!

*窓を設置する

お風呂では、他の部屋よりも湿気がこもりますよね。
換気扇だけでは、湿気がこもりカビが発生してしまうことがあります。
そのため、窓を設置してカビが発生しないようにしましょう。

*掃除しやすい素材の壁を選ぶ

カビや汚れが目立つお風呂に入りたくないですよね。
しかし、どれだけ綺麗に保とうとしても、カビや汚れはついてしまいます。
そこで掃除がしやすい素材の壁を選ぶことが大切です。
また、カビや汚れが目立たない色の壁を選ぶことも重要です。
近年では、カビが生えにくく、掃除がしやすい壁もあります。
お風呂の壁を選ぶ際は、壁の材質に注意しましょう。

新築のお風呂で後悔したくない!後悔しないお風呂のポイントを業者が徹底解説!_②.jpg

□まとめ

今回は、新築のお風呂で後悔しないポイントを解説致しました。
当社では、注文住宅についてのご相談を随時受け付けております。
注文住宅の専門家が、お客様を全面的にバックアップ致します。
ぜひ一度、当社までお問い合わせください。
詳しくはホームページをご覧ください!
http://www.soma-arc.jp/

デザイン住宅の間取りで失敗したくない!間取りのポイントを徹底解説!

デザイン住宅の間取りで失敗したくない!間取りのポイントを徹底解説!_main.j.jpg

注文住宅をご検討中の方はいませんか?
「せっかくの注文住宅、間取りで後悔したら嫌だな。」
「間取りで失敗しないためにはどうすればいいんだろう」
このように、注文住宅において間取りに不安をお持ちの方は多くいらっしゃると思います。
絶対に間取りで後悔したくないですよね。
そこで今回は、デザイン住宅の間取りで失敗しない方法について解説します。

デザイン住宅の間取りで失敗したくない!間取りのポイントを徹底解説!_①.jpg

□部屋の広さで失敗!原因と対策!

住宅の面積は限られていますよね。
その際、スペースの配分が間取りを成功か失敗かを決める重要な鍵となります。
部屋の広さが原因の失敗例をご紹介します。

*脱衣所が狭すぎた!

脱衣所には、洗濯機やタオル、洗剤など意外にも多くのものを置きます。
そのため、脱衣所を狭くしすぎると、通りにくくなることがあります。
また、脱衣所は朝にバタバタしないように少し広めにしましょう。

*和室が狭くて使いにくい!

客間としてよく使われるのが、和室ですよね。
和室は、それほど使う機会が多くないからといって狭くしてしまいがちな部屋です。
しかし、狭くしすぎると複数の来客の際に窮屈になってしまいます。
来客を窮屈な和室に通さず、リビングに通すようになり、最終的に和室が物置になってしまったという失敗例もあります。
客間として使うスペースは広めに考えましょう。


□設備で失敗!原因と対策!

*寝室の場所で失敗!

寝室を道路側に作ってしまい、夜に走る車の音や話し声がうるさく、寝られないという失敗例があります。
道路の声は住宅に響きます。
寝室は、道路から離れた位置に配置するのがいいでしょう。

*吹き抜けのリビングで失敗!

吹き抜けのリビングはおしゃれですし、上の階に声をかけるのも楽です。
しかし、夜にリビングの音が響いたり、食事の匂いが上の階に染み付いたりします。
吹き抜けのリビングを採用する際は、音や匂いの対策をしましょう。


□収納で失敗!原因と対策!

*収納スペースが足りない!

間取りの失敗で一番多いのは、やはり収納スペースの不足ではないでしょうか。
収納スペースが足りず、物が溢れてしまうことが多いです。
また、逆に収納スペースを大きくしすぎたせいで奥にあるものがわからないといった失敗例もあります。
収納スペースはものの量を考慮し、適切なサイズのものを採用しましょう。


□こんな失敗例もある!

*コンセントの位置と数

意外にもよくある失敗例がコンセントの位置と数です。
コンセントの位置が悪かったり、数が足りなかったりすることが原因で、レイアウトを変えざるを得なかったという失敗例もあります。

*ゴミ箱の置き場がない!

いざ住み始めてみるとゴミ箱を置く場所がないという失敗例もあります。
ゴミ箱の置き場所を考慮した間取りを考えましょう。


□まとめ

今回は、デザイン住宅の間取りで失敗しない方法について解説しました。
間取りで失敗しないためのポイントをご理解いただけたでしょうか。
当社では、注文住宅についてのご相談を随時受け付けております。
注文住宅の専門家が、お客様を全面的にサポートいたします。
ぜひ一度、当社までお問い合わせください。
詳しくはホームページをご覧ください!
http://www.soma-arc.jp/

新築の屋根の色ってどうすればいいの?専門業者が解説!

新築の屋根の色ってどうすればいいの?専門業者が解説!_main.jpg

新築をお考えの方はいませんか?
「新築を建てる時、屋根の色ってどうしたら良いんだろう。」
「屋根の色が微妙だったら嫌だな。」
このように、屋根の色について不安な方は多くいらっしゃると思います。
しかし、適切な屋根の色についてご存知ないですよね。
そこで今回は、新築の屋根の色選びのポイントについて解説致します。

新築の屋根の色ってどうすればいいの?専門業者が解説!_①.jpg

□屋根の色選びのポイント

屋根の色選びにはルールはありません。
だからこそ、難しいですよね。
そこで屋根の色選びのポイントについて見ていきましょう。

*外壁の色とサッシの色に注意!

外壁の色とサッシの色が調和する色を選びましょう。
その際、同色系の濃淡にすると、調和のとれた配色になります。
屋根の色は壁面よりも濃い色を採用すると、家全体が締まった印象になります。
反対に、屋根の色を薄くすると軽い印象になります。

*面積効果に気をつける

面積効果という言葉を初めて聞く方は多いのではないでしょうか。
面積効果とは、人間の目の錯覚の一つで同じ色でも大きさによって色が違って見える現象を指します。
明るい色は、大きな面積で見ると、より明るい色になります。
一方で、暗い色はより暗く感じられます。
そのため、思っていたよりも明るかった、暗かったと感じ失敗の原因となります。
色見本を見て、明るい色なら少し暗めの色を、暗い色なら少し明るめの色を選ぶようにしましょう。

*汚れや色褪せに注意!

屋根はとても汚れがつきやすいですよね。
屋根の色によっては、汚れが目立ってしまいます。
また、鮮やかな色の場合、色褪せしてしまう場合もあります。
そのため、汚れや色褪せがしにくい色を選ぶのが良いでしょう。


□屋根の色のイメージと実物が異ならないために

塗装後にイメージと全く異なった色になってしまったと後悔する方は多いです。
それを防ぐための方法を見ていきましょう。

*カラーシミュレーションで確認する

様々な塗装メーカーのホームページでカラーシミュレーションができます。
その際、実際の仕上がりと全く同じ色にはならないことに注意しましょう。
しかし、住宅の屋根の色とイメージを確認できます。

*塗装業者との打ち合わせ

塗装業者に色のイメージを詳細に伝えるとより理想の色に近付けられます。
また、塗装業者と一緒にカラーシミュレーションを行ったり、理想の色の建物を確認したりすると良いでしょう。

新築の屋根の色ってどうすればいいの?専門業者が解説!_②.jpg

□まとめ

今回は、新築の屋根の色選びのポイントについて解説致しました。
当社では、新築についてのご相談を随時受け付けております。
新築の専門家が、お客様を全面的にサポート致します。
ぜひ一度、当社までお問い合わせください。
詳しくはホームページをご覧ください!
http://www.soma-arc.jp/

最近話題のデザイン住宅とは?メリットとデメリットを徹底解説!

最近話題のデザイン住宅とは?メリット・デメリットを徹底解説!_main.jpg

「新しく家を建てるならおしゃれな家にしたいな。」
「デザイン住宅のメリット、デメリットについて詳しく知りたい!」
このように、デザイン住宅について知りたい方は多くいらっしゃると思います。
そこで今回は、デザイン住宅のメリットとデメリットを解説します。

最近話題のデザイン住宅とは?メリット・デメリットを徹底解説!_①.jpg

□そもそもデザイン住宅とは

近年、デザイン住宅という言葉をよく聞きますよね。
しかし、そもそもデザイン住宅とはなんなのでしょうか。
そこで、基本的な知識からみていきましょう。

*デザイン住宅とは

実は、デザイン住宅にははっきりとした定義はないようです。
しかし、デザイン住宅とは一般的に都心部の、変形地や狭小地に、専門家に設計を依頼して作る住宅を指すことが多いです。
それらの住宅は普通の住宅と比べ設計が難しいです。
そのため、一般の建築士よりも匠と呼ばれるような建築士が設計することが多いです。

*デザイン住宅の特徴

デザイン住宅の特徴は、専門家としっかりと打ち合わせをしながら設計を進めるところでしょう。
希望の間取りやレイアウトにできるため、理想の家を建てられるでしょう。


□デザイン住宅のメリット

*ライフスタイルに合わせた家づくり

ハウスメーカーの企画住宅ではすでに決まったデザインの住宅にライフスタイルを反映させていきます。
デザイン住宅では初めからライフスタイルに合わせた家づくりを行えます。
そのため、家族の趣味や仕事をしやすい環境にできるでしょう。

*家の雰囲気を決められる

メリットは内装を自分好みにできることでしょう。
外装はもちろんですが、内装も好みの壁紙やフローリングを選べます。
さらには、ドアのデザインといった小物も家を作る段階で好みのものを選べます。


□デザイン住宅のデメリット

*費用が高い

従来の注文住宅と比べ、専門家にデザインや設計を依頼します。
またこだわりのデザインにするためにはオーダーメイド製品も必要になるかもしれません。
そのため、建築費用が高くなることもあります。

*建てるまでに時間がかかる

デザイン住宅では、専門家との打ち合わせや手続きを何度も行う必要があります。
そのため、従来の住宅と比べ建てるまでに時間がかかることがあります。

最近話題のデザイン住宅とは?メリット・デメリットを徹底解説!_②.jpg

□まとめ

今回は、デザイン住宅のメリットとデメリットについて紹介しました。
デザイン住宅にはメリットや短デメリットがあることをご理解いただけたでしょうか。
当社では、住宅についてのご相談を随時受け付けております。
住宅の専門家が、お客様を全面的にサポートいたします。
ぜひ一度、当社までお問い合わせください。
詳しくはホームページをご覧ください!
http://www.soma-arc.jp/

デザイン住宅とは?メリットとデメリットをご紹介します!

「投稿可」デザイン住宅ってどんな家?メリットとデメリットをご紹介します!_main.jp.jpg

デザイン住宅のご購入をお考えの方はいませんか?
「デザイン住宅のメリットとデメリットを知りたい。」
「そもそもデザイン住宅とは、どんな家なのか。」
このように、デザイン住宅について気になっている方が多くいらっしゃると思います。
そこで今回は、デザイン住宅について解説し、メリットとデメリットをご紹介します!

デザイン住宅ってどんな家?メリットとデメリットをご紹介します!_①.jpg


□デザイン住宅とは?

一般的には、都心部の少し変な形の土地に、建築士や建築家に設計を依頼してつくるような住宅のことを指します。
近年、従来の建売住宅では満足できない人が増えています。
ライフスタイルの変化や価値観の多様化により、自分だけの独自の住宅を希望する人が増えているのかもしれません。
中でも、デザイン住宅というジャンルは、お施主のより個性的なデザインやこだわり、通常の注文住宅では現実的でない要望にも答えられる可能性があります。


□メリット

*特徴のある土地への対応力が高い

一般の工務店やハウスメーカーの家は、ある程度規格が存在し、そのアレンジで家を建てることが通常です。
そのため、狭小地のように特徴のある土地への対応力が低いです。
一方で、建築士や建築家が一棟一棟設計を行うデザイン住宅は、このような特徴のある土地への対応力が高いことがメリットです。

*オリジナル性が高い

家の設計だけでなく、建築資材や設備に至るまですべて希望のテイストで揃えてもらえます。
輸入物を含め日本国内で手に入るすべてのものが対象なので、建築資材の組み合わせは、無限大です。

*監理もしてくれる

設計どおりに施工が進んでいるのかどうかのチェック作業を「監理」と呼びます。
建築家は、お施主と一緒に考えた設計内容の実現具合を、現場に何度も足を運び細かくチェックしてくれます。


□デメリット

*完成までに時間がかかる

デザイン住宅は、デザインだけでなく建築資材や設備もすべて決める必要があります。
そのため、打ち合わせから着工、そして完成までに時間がかかります。

*デザイナーの主張が強すぎる場合

デザイナーの売りは個性のあるデザインです。
中にはこだわりや主張が強いデザイナーもいるため、どんなにこちら側が希望を伝えても、飲み込んでくれないケースがあります。

デザイン住宅ってどんな家?メリットとデメリットをご紹介します!_②.jpg


□まとめ

今回は、デザイン住宅について解説しました!
当社では、デザイン住宅についてのご相談を随時受け付けております。
デザイン住宅の専門家が、お客様を全面的にバックアップいたします。
ぜひ一度、当社までお問い合わせください。
詳しくはホームページをご覧ください!
http://www.soma-arc.jp/

新築なのに寒い理由とは?対策法をご紹介します!

「投稿可」新築なのに寒い理由とは?対策法をご紹介します!_main.jpg

新築住宅の寒さに悩まされている方はいませんか?
「新築なのに寒いのは、なぜだろうか。」
「寒さへの対策法を知りたい。」
このように、新築住宅の寒さに悩まされている方が多くいらっしゃると思います。
そこで今回は、新築なのに寒い理由と、寒さへの対策法をご紹介します!

新築なのに寒い理由とは?対策法をご紹介します!_①.jpg


□新築なのに寒い理由

*断熱気密性がないがしろにされている

「冬もあたたかい家に住みたい。」を思ったら、「断熱性」と「気密性」は絶対に確認しましょう。
理由は「どれくらい熱の出入りを遮れるか。」「家の風が通る隙間はないか。」がわかるからです。

*窓が大きく、多い

暖房であたためた空気は、約85%窓から逃げると言われています。

*1階部分がガレージ

都会の狭小地に家を建てる場合、1階部分を「ビルトインガレージ」にする間取りが多いです。
しかし、1階部分を空洞化すると、住宅が寒さの影響を受けやすいため、注意が必要です。

*24時間換気システム

24時間換気システムが寒さの原因になっていることもあります。
換気のたびに、あたたまった部屋の空気が外へ出ていき、外部の冷気が部屋に入り込みます。


□寒さへの対策法

*窓対策

窓は住宅の中で一番熱が逃げる場所です。
また、窓は熱が逃げるだけでなく、家を寒くする要因のひとつである、コールドドラフト(冷気が窓から壁→床へと流れていく現象)を引き起こすため、窓を対策することで、かなりの寒さを軽減できます。

*床対策

人は足から寒さを感じます。
そのため、カーペットやじゅうたん、断熱シートなどを活用することで、寒さを軽減できます。

*暖房対策

現在では、さまざまな暖房機器が売られています。
その中でも、一番のおすすめは石油ファンヒーターです。
ただし、灯油を使用した暖房方法は、換気が必要となるので、注意が必要です。

*日当たりを考える

あたりまえのように思えるかもしれませんが、日当たりが悪いと、家の中よりも外の方があたたかいということもあります。
新築住宅を購入する際は、土地や間取りに注力しがちですが、寒さの対策のことも考慮できるといいですね。

*気密性を高める

外の空気が家にはいってくると、家の中でも寒く感じますよね。
いわゆる「隙間風」が寒さの大きな原因です。
気密性を高めることにより、隙間風を減らし、寒さを軽減できます。

新築なのに寒い理由とは?対策法をご紹介します!_②.jpg


□まとめ

今回は、新築なのに寒い理由と、寒さへの対策法をご紹介しました!
当社では、新築住宅についてのご相談を随時受け付けております。
新築住宅の専門家が、お客様を全面的にバックアップいたします。
ぜひ一度、当社までお問い合わせください。
詳しくはホームページをご覧ください!
http://www.soma-arc.jp/