青森で注文住宅を建てる|失敗しないためのポイントを紹介

【投稿可】失敗しないためのポイント.jpg
「注文住宅を建てて、理想の家で暮らしたい。だけど、失敗するのが怖い」
注文住宅に対する希望と不安を同時に抱えている方も多いのではないでしょうか。
家を購入するのは人生でも多くて数回程度のことなので慣れていなくて不安、それに注文住宅は自由度が高い分、完成するまで実物が見られないという不安もあります。
そこで今回は、注文住宅の建設で失敗しないために気を付けるポイントを紹介していきます。

51eb07af9b60537a221599db965f2882_m.jpg
□家事動線をしっかりと考えてから間取りを決める

住宅の間取りを決めていくうえで絶対に考えないといけないのは、家事動線です。
皆さんも普段の家事をこなしている時に、キッチンで料理を作りながら他のことをするということもあるかと思います。
こういったときにしっかりと家事動線が作られていないと、移動が面倒になったり家事が行いにくくなったりする可能性があります。

洗濯室と洗濯物を干す場所、洗濯物をたたむ場所、収納する場所を近くに、移動しやすい位置に配置するなど、普段の家事でどういう動きをするのかを意識しながら間取りを決めてください!

864addee0f6b25bdde84b4cb4ce4c60c_m.jpg
□適切な収納スペースの確保
「使うかもと思って天井裏と床下に収納を作ったけど、使った覚えがない」
「階段下の収納の形が悪く、置きたいものが置けない」
こういった収納スペースの失敗は多くの方が経験したことです。

住宅にはどれくらいの収納スペースがあって、今はそれで足りているのか、これから収納スペースをさらに大きくする必要があるのか、取り出しやすい場所や、使いやすい形までしっかり考えておくことで、皆さんの家族にあった収納スペースを確保できるでしょう。

設計の段階で、どこに何を収納するのかを考慮して設計してください。

□掃除がしやすい間取りにする
家事動線と同様に、掃除するときの手間が増えないように掃除するときの動線も意識して間取りを決定してください。

その時に、どこにどれくらいの大きさの家具や家電を置くのかということや、掃除機などの掃除用具はどこに収納しておくのか、どこから掃除を進めていくのかといったことをしっかりイメージして間取りを決めてください。

そうすることによって、掃除のしやすい間取りになるだけでなく、これから建てる住宅全体のイメージも明確になっていきます。

□まとめ
今回は注文住宅の購入で失敗しないためのポイントをいくつか紹介しました。
皆さんの希望を叶えると同時に快適な暮らしができるような住宅を完成させてください!
詳しくはホームページをご覧ください!
http://www.soma-arc.jp/

青森で家が購入したい|注文住宅と建売・分譲住宅の違いとは

【投稿可】注文住宅と建売・分譲住宅の違いとは.jpg
新築住宅の購入を検討している方も多いのではないでしょうか
夢のマイホームの建設は多くの方にとって憧れてわくわくした気持ちになりますよね。
その一方で、
「注文住宅ってよく聞くけど、建売住宅や分譲住宅とどう違うのか分からない」
という方も多いと思います。
よく分からないことが多いまま家の購入を進めていくのは不安ですよね。
そこで今回は、青森新築住宅の購入を検討している方に、注文、建売、分譲住宅の違いに関してお話しします。

b1ebb128d5622dd0d798e999888a30b1_m.jpg
□建売、分譲住宅
建売住宅は、土地とセットで販売されている新築住宅のことを言います。
そして、分譲住宅は建売住宅が建てられている地域に建てた家という意味です。
つまり、この二つはほとんど同じ意味で使われます。
この二つは設計がすでに決まっているので、設計の段階に携わることはできません。
一定の大きさや形の家を建てるため、資材をまとめて購入したり、効率的に建設を進められたりできます。
また、業者はコストを削減できるので注文住宅よりも割安になることがメリットです。
しかし、設計の自由度がなく、完成物件は建築している途中の過程を直接見ることができないことがデメリットになります。

cf4e1cea78420506680e2af4dd53e04b_m.jpg
□注文住宅
注文住宅は、建物の構造を自分の希望通りに完成させることができます。
また、自らが「施主」として、最初から最後まですべての過程を詳細に確認でき、自分が建てた家という満足感や充実感を得ることもできます。
こだわりたいポイントにはお金をかけて、あまりこだわりが薄い部分はコストカットすることもできます。
しかし、プランを確定するまでの打ち合わせに時間がかかります。
そのため、時間がかかっても思い通りの家を建てたいという方におすすめです。

□家を買うときのポイント
マイホームは人生最大の買い物のひとつであるだけに、理想が膨らむと思います。
しかし、大切なことを把握していないと後々後悔することになります。
そんなときに考えるマイホーム選びのポイントを紹介します。

マイホーム選びで最も大切なことは、自分が欲しい家の条件を挙げ、そこに順序をつけておくことです。
どんなに予算をお持ちの方でも、完璧に理想に合致する物件はまず見つけられないことが多いです。
そういった状況を考えて、絶対に譲れない条件、つまり優先順位の高い条件をより多く満たす物件を選んでいくことが大切になります。
そうすることで、皆さんにとって大切な要素を持った家にすることに繋がります。
購入条件に優先順位をつけることは、マイホーム選びで真っ先に取り組むべきポイントです。

□まとめ
今回は注文、建売、分譲住宅の違いやそれぞれの特徴に関してお話をしました。
皆さんが新しく購入する家にはどんな要素を持った購入の仕方があっているのかということを検討しながら、どの方法で家を建てるかを決定してください。
詳しくはホームページをご覧ください!
http://www.soma-arc.jp/

青森で家を買う|注文住宅の契約時のポイントと流れ

【投稿可】青森で家を買う_注文住宅の契約時のポイントと流れ.jpg
「注文住宅の購入を検討しているけど、契約に関することで分からないことが多いから不安」
こういった思いを抱えている方も多いと思います。
こんな家にしたい、また、こういう要素が欲しいというイメージをお持ちの方は多いでしょう。
しかし、契約のことに関しては詳しくない方がほとんどですよね。
そこで今回は、注文住宅の購入に関する契約で気をつけるべきポイントと流れをお話しします。

8271e82cd2960e42fb82886f4d0099b7_m.jpg
□契約時に気をつけるポイント
*契約書の内容
新しく建てる家の間取りを決めて図面に落とし込めたら、次に工事を依頼する業者と契約を結びます。
この契約が済んでから業者によって工事が開始されます。

契約の中で、注文住宅請負契約書を結ぶことがあります。
この中身は、注文住宅の見積もり一式、住宅仕様書、概要図や表面図、工期が書かれた書類などがあります。
こういった書類一式が、皆さんの要望や意見がしっかりと組み込まれたものになっているかをしっかりと確認してください。

*書類を見て契約する前に複数の業者の見積もりも確認する
契約書にサインをしてしまうとその業者に工事を依頼することになり、後には引けなくなります。
その前に、複数の業者に見積もりを出してもらって比較してください。
この比較を行うことで、値段の違いを認識できたり、見積もりまでの流れで業者が信頼できるかを確認したりできます。

beaaa85c1002295233f6d45e5fefd491_m.jpg
□契約書のチェックポイント

*材料費
材料にかかってるお金がカタログと異なる内容になっていないか、また、業者ごとで同じものなのに値段に大きな差が出ていないかを確認してください。

*諸経費
この費用は、工事に関する様々な費用を指しますが、一般的に工事全体の費用のうち約10%程度を占めることが多くなります。

*ローン特約
ローン融資を受けることができない場合は、契約を白紙にできるようにしておくと安心です。

*工事期間と受け渡し日
工事完了や引き渡し日の遅延に関する問題は、多くの人が直面する可能性があります。
例えば、天気によって進捗状況が変化することはよくあります。
しかし、予定より1ヶ月以上遅れるといったことがあれば、皆さんの新生活にも大きな影響を与えるでしょう。
そのため、いつ工事が終わっていつ受け渡しができるのか、できるだけ正確な日付になっているかを確認してください。

□まとめ
今回は注文住宅の契約時にチェックするポイントに関してお話をしました。
契約は、難しい内容が多いと思いますが、後々のトラブルにならないためにもしっかりと確認して、疑問点は業者に質問してください。
詳しくはホームページをご覧ください!
http://www.soma-arc.jp/

青森で注文住宅を建てる|今人気のモデルを紹介

【投稿可】青森で注文住宅を建てる|今人気のモデルを紹介.jpg
「注文住宅で理想の家を建てて、快適に暮らしたい」
「家の設計の考えるために、今人気のモデルを知りたい」
注文住宅は自由度が高く、皆さんの理想を踏まえて設計を進めていくことができるでしょう。
しかし、具体的にどのようなモデルにすればいいのか分からない、どんなモデルが現在人気になっているのかを知りたいという方も多いと思います。
そこで今回は、現在人気の注文住宅のモデルをいくつか紹介していきます。

□リビングダイニングを取り入れたモデル
リビングは家を建てるときのメインポイントで、多くの人にとって家族団らんを満喫する場所、リラックスできる場所、食事をする場所というとても大切な部屋です。
リビングとダイニングを融合させたのが、リビングダイニングです。
現在では、とても多くの方がリビングダイニングを取り入れています。
また、キッチンをこの二つと融合させて、料理や片づけをしながら家族と同じ空間にいられるというモデルも人気になっています。

6a020fc9b6765ba62c26aa570abacdeb_m.jpg
□シンプルなデザイン
注文住宅でできるだけ好みを反映させた住宅のデザインにしたいとお考えの方もいらっしゃると思います。
しかし、趣味嗜好は年月が経てば変わっていくものです。

奇抜な色やデザイン、モデルは、その時の皆さんにとっては満足のいくものだとしても、10年後も本当にそう感じるだろうか、ということをしっかり検討してから決める必要があるでしょう。
多くの人が長年愛し続けるモデルは、シンプルでありながらもおしゃれな雰囲気のモデルです。

モデルにこだわりたいと考えている方は、そのデザイン、モデルを10年後も気に入っていられるか、をしっかり検討してから決定してください。

6b50b6cb7021b14d93355fb04f50cf27_m.jpg
□シンメトリーデザイン
多くの人に人気なモデルに共通していることは、全体のバランスが取れていることです。
家の内装や外観の両方において、それぞれこだわりの部分や理想はあると思います。
しかし、あまりこだわりすぎるとそれぞれのバランスが悪くなり、結果的に少しイメージしていたものと違う家が完成してしまうことがあります。
全体のバランスを取るための簡単な例が、シンメトリーです。
必ずしも対称なデザインにすることが、皆さんの理想を実現できるということではありません。しかし、シンメトリーにすることで、色はもちろん、窓や形が整った家を設計していくことができます。

□まとめ
今回は、現在人気になっている注文住宅のモデルに関して紹介しました。
皆さんそれぞれにこんな家にしたいというイメージをお持ちだと思います。
そのイメージを現在人気のモデルと照らし合わせながら考えることで更に完成度の高い家を建てることに繋がるでしょう。
ぜひ、様々なモデルやデザインを見てイメージを膨らませてください。
詳しくはホームページをご覧ください!
http://www.soma-arc.jp/

青森で家を買いたい|平均的な注文住宅の購入価格と世帯年収

【投稿可】平均的な注文住宅の購入価格と世帯年収.jpg
現在青森で注文住宅の購入を検討している方もいらっしゃると思います。
注文住宅の購入を検討するときにまず考えるのは予算ですよね。
人生において数回あるかないかの高額のお買い物になるので、どれくらいの予算が必要になるのか、どれくらいの価格が一般的なのかということ関して知っておくことも大切です。

そこで今回は、平均的な注文住宅の購入価格や購入者の世帯年収などお金に関してお話します。

67c0ac951593859ce9721564eb5a714c_m.jpg
□購入予算の目安は世帯年収の5年~6年分

注文住宅の最大の魅力は思い通りの家を建てられるということですが、理想の家を建てるために無限に予算を掛けるという訳にはいきませよね。

注文住宅の購入資金の平均は全国の平均世帯年収の5~6年分と言われています。
この価格は建売住宅やマンションの購入資金と比べて少し高額になっていますが、これは注文住宅が皆さんの理想を反映できるメリットがある分仕方のないことです。

□注文住宅の購入予算
注文住宅の購入予算で最も割合が多いのは3000万円台です。
日本全国の平均年収が600万円台なので、その約5倍∼6倍の数字になっており、その次に多いのが2000万円台で、このふたつで約80%の人が購入しています。
つまり、希望通りの家を建てたいから注文住宅を選択するという人の中でも、その後の生活を考えてあまり無理をしない人が多いことが調査で分かっています。
快適に住める家を手に入れたとしても、そこでの生活が苦しくなってしまったら本末転倒ですよね。

□土地の費用
新築で家を建てる際に、土地を持っていないという方はまず土地を購入する必要があり、土地を新たに購入するときに必要になるお金も、事前に考えておく必要があります。
土地にこだわりすぎると、肝心の家にかけられる予算を使ってしまうことになり、家の設備やデザインに関して妥協しないといけないということになってしまいます。
そのため、土地にかけられる予算は最大でもどれくらいなのかということも事前に決めておくことが大切です。

a0db944ef38c0b1a74317f1342649402_m.jpg

□予算の考え方
住宅の予算を考える一つの方法として、「年収に5~6をかけ、諸費用を引く」というものがあります。
例えば世帯年収が600万円の方であれば、600×6-諸費用で計算することが可能で、諸費用は住宅にかかる費用以外の不動産仲介料やその他諸々で大体100万円程度と言われています。
そのため、3600-100で3500。
3500万円から土地を持っていないという方は土地にかかる費用もここに含める必要があります。

□ローンの返済期間と世帯年収
ローンの返済期間の平均は、土地を購入した場合も、建物建築のみを購入した場合も33年程度と言われています。
また、一般的に年収の20%~30%程度がローンの年間返済額としている家庭が多く、年収が600万円の家庭であれば、120万円~180万円が目安となります。

□まとめ
注文住宅の購入には憧れや夢があり、わくわくするという方も多いと思いますが、予算の問題はしっかりと検討する必要がある大切なポイントです。
家族でしっかりと検討して予算を決めてください!
詳しくはホームページをご覧ください!
http://www.soma-arc.jp/

青森で注文住宅を建てる|購入の際に気を付けるポイントと条件

top0608.jpg
「注文住宅の建設を考えているけど、初めてだから購入の際に気を付けるべきことが分からない」
住宅の購入は普段の買い物とは違い高額です。
また、これから暮らしていくことになるので慎重に進めていきたいですよね。
そこで今回は、注文住宅の購入の際に気を付けるべきポイントや条件に関してお話しします。

0608-1.jpg
□設計者との打ち合わせ
*自分の意見をしっかりと伝える
注文住宅は、これから建てる家の設計を皆さんと業者が一緒に考えていきます。
そのため、建売住宅と比較して皆さんの希望を叶えることができます。
しかし、皆さんが自分の意見を伝えられないと希望通りにいかなかったり、後悔することになったりする可能性があります。
どんな家にしたいのかということを考えたうえで、そのイメージを伝えること、そして慣れないことが多くて分からないことがあればしっかりと説明してもらうことが大切です。

*設計者とイメージをしっかりと共有する
どんな家にしたいのかというイメージがそれぞれあると思います。
それを設計者と共有することが大切です。
このときに皆さんと設計者、業者の間でイメージにずれが生じてしまうと、そのずれがそのまま建てられる家に反映されてしまいます。
イメージの共有がしっかりとできるように、どんな家にしたいのかということをできるだけ具体的にイメージして、伝えられるようにしておくことも重要です。
コミュニケーションをしっかりとって、納得できるまで打ち合わせすることが、理想の家を建てることに近づきます。
お金と時間をかけて進めていくものなので、疑問点や不信感が残った状態で工事に入っていかないようにしてください。

0608-2.jpg
□条件を考える
*予算はどれくらいか
注文住宅は自由度が高く理想を実現できるので、ついつい当初は予定していなかったオプションや工事を追加してしまうことがあります。
しかし、大幅に予算オーバーをすることは後々の生活に影響を与えかねません。
また、その時の気分でついこだわってしまったけど、特に使うことがなかったという設備があったら勿体ないですよね。
一番最初に決めた予算内で、どの要素の優先順位が高いのか、絶対に外せないこだわりは何かを決めておくことで、それ以外のオプションや設備を無理に追加することをなくせます。

□まとめ
初めて家を建てる人への注意点はたくさんあり、今回紹介したのはそのうちの一部です。
しっかりと注意点を調べて、その内容を意識しながらマイホームの建設を進めてください。
詳しくはホームページをご覧ください!
http://www.soma-arc.jp/

青森県の方必見!注文住宅の建て替えの費用を安くする方法とは?

top.jpg

「住宅を建て替えたいけど、費用が高いなぁ。」
「建て替え費用を安くする方法はないかなぁ。」
こういったお悩みを持つ方は多いと思います。
やっぱりできることなら、費用はできるだけ安く済まし、綺麗で新しい住宅にしたいですよね。
そこで、住宅の建て替えを検討していて、こういったお悩みを持つ方に向けて、建て替えの費用を安くするポイントを簡単にご説明いたします。

nagare.jpg

□建て替えの流れ

まず、初めにどのような流れで家を建て替えるかということを段階的に説明します。

*設計打合せ

家を建て替える際、まずは設計者とどのような家にするかを打合せすることから始まります。
この時に、自分の要望をしっかり伝える必要があるので、期間は約半年程度必要になります。

*仮住まいと引っ越し

家の建て替えを行うと、一度家を解体するため、その間に住むための仮住まいの場所を探す必要があります。
その際は、できるだけ郊外に住むと費用は安くなるのでおすすめです。


*解体

家を建て替える際には、家をすべて取り壊す必要があります。
この期間は約2週間程度になります。

*家の建築

家を建築するとき、測量図がなければ、まず地盤調査を行う必要があります。
そのあと、新築住宅の建築が行われます。
期間は約6ヵ月になります。

point.jpg

□費用を抑えるポイント

*木造工法で家を建てる

家を建てる工法は、一般的な木造工法、ツーバイフォー工法、鉄骨コンクリート工法という3種類があります。
一般的な木造工法の場合、1坪あたり、約30万円~75万円、ツーバイフォー工法だと、約50万円~90万円、鉄筋コンクリート工法の場合、約60万円~100万円になります。
この一覧からもわかる通り、木造工法が一番費用を抑えることが可能です。
建築法改正により、現在の木造工法は以前のものより、耐震性は上がっています。
しかし、やはり鉄筋コンクリート工法のほうが、耐震性は優れているので、自分が住む地域が地震が多いかどうかなどを考慮して決めることをお勧めします。

*1月の初めに家を渡してもらう

1月の初旬に家を渡してもらうように依頼すると、前年度の固定資産税を払わなくて済むので、費用を節約することができます。

*リフォームを検討する

家の建て替えを行う場合、解体費、その他の税金、仮住まいの家賃や引っ越し費用などがかかってしまいます。
そのため、もしリフォームで家の改修が可能な場合は、そちらのほうが費用を安く済ませることができます。

□まとめ

今回は、住宅の建て替え費用を安くする方法をご紹介いたしました。
ぜひこの情報を参考にして、自分なりの家を作ってみてください。
もし、青森県で住宅の建て替えをお考えの方は、お気軽に当社にご質問ください。
詳しくはホームページをご覧ください!
http://www.soma-arc.jp/