青森県で注文住宅を!建て替えの費用相場ってどれくらい?

16.png

「家を建て替えたいけど、費用の相場が分からない。」
「費用が分かれば、住宅の建て替えのイメージがわくのに。」
このようなお悩みを持つ方はいらっしゃいませんか?
住宅の建て替えは、頻繁に起こることではないので、具体的な費用の相場って想像しづらいですよね。
そこで、今回はそんな住宅の建て替えを検討しているが、費用が分からないといった方に向けて、実際にかかる費用を分かりやすく説明いたします。

□住宅を改築する2つの方法

住宅を新しくする際、一般的には2つの方法があります。

1つ目はリフォームで、家を部分的に改修、修理し、家を新築のように新しくします。
修理範囲は、要望や施工方法によってさまざまですが、費用は比較的に安いです。

2つ目の家を新しくする方法は、建て替えです。
建て替えとは、家を一度すべて解体し、その空き地にゼロから新しい家を建てることです。
家を一度すべて解体するので、解体費用や家全体の費用がかかってしまい、費用はリフォームに比べて高くなります。
しかし、建て替えの場合、自分の好きなように家を作ることができるので、今まであった家の設備や配置の不満をすべて解決することができるメリットがあります。

627e1f0dded60933de61bc72c0a8ce6e_m.jpg

□注文住宅とは

注文住宅とは、内装、レイアウト、外装などを建築設計者に自分で依頼し、家を建築する方法です。
注文住宅にはセミオーダーとフルオーダーの2つの方法があります。

*フルオーダー住宅

フルオーダー住宅とは、依頼者が窓や間取りなど、すべての家を建築する際に必要な項目を自分で設計者に依頼し、家を作ることです。
自分ですべての家に関することを決めるので、多くの建築知識や手間がかかりますが、自分好みの世界で一つだけの家を作ることができます。

*セミオーダー住宅

セミオーダー住宅とは、基本的な家の構造は決まっており、設備や外壁の色、間取りなどを自分で要望し、家を建築することです。
1から住宅を作りあげるフルオーダー住宅とは違い、ある程度は決まっているので、深い建築知識は必要ありません。
さらに、費用はかかりますが、必要に応じて、設備をグレードアップすることができます。

dcb210e7603504f397e7cab53a683e9d_m.jpg

□建て替えの費用

家を建て替える際の費用を簡単にご紹介します。
総費用は、建築費、設計費、解体費用、税金や仮住まいの諸費用などに分けることができます。
建築費は、建築方法によって大幅に費用が異なりますが、1坪あたり、最も安い方法であると約30万円、最も高い方法であると、約100万円がかかります。
設計費は一般的に建築費の約10~15%になります。
また解体費として、1坪あたり、約2万~5.5万円が相場とされています。
ここに、税金や仮住まいの家賃、測量費用などの諸費用が追加され、総費用となります。

□まとめ

今回は、注文住宅を実際に建て替える時の費用を簡単にご紹介いたしました。
ぜひ、注文住宅で自分好みの家を作ってみてはいかがですか?
もし、青森県で住宅の建て替えをお考えの方はお気軽にお問い合わせください。
詳しくはホームページをご覧ください!
http://www.soma-arc.jp/

青森県の方必見!鉄骨を使った注文住宅の単価を徹底解説!

15.png

「住宅の建て替えをしたいなぁ。」
「建て替えるとき、住宅で鉄骨を使おうと思っているけど、単価が分からないなぁ。」
こういった鉄骨の費用の相場が分からないといったお悩みを持つ方はいらっしゃいませんか?
やはり、一般の方にとって建て替えの費用の相場を想像することって難しいですよね。
そこで今回、そんな鉄骨を使って住宅を建て替えたいけど、費用がわからないといった方に向けて、簡単に鉄骨の種類や費用も含めて、分かりやすくご紹介いたします。

273c9746ec110388d56fad2bd7d96681_m.jpg

□鉄骨住宅とは

鉄骨住宅とは、家の構造体に鉄鋼を使っている住宅です。
鉄骨住宅の最大の特徴とは、耐震性がほかの木造建築などの家に比べて強いことです。
やはり、日本では地震が多いので、耐震性が高いことが大きな魅力であり、現在では日本の住宅の40%が鉄骨で作られています。
また、建築工法にもよりますが、柱を好きなところに建てることができるので、大きな間取り、空間を作ることができることもメリットの一つと言えるでしょう。

c68b8176cb04f0b109406086212474c6_m.jpg

□2つの鉄骨の種類

注文住宅では、重量鉄骨と軽量鉄骨という2つの種類に分けることができます。
6㎜以上の鋼材が使われる場合、重量鉄骨、6㎜未満が使われる場合、軽量鉄骨という風に決められています。
重量鉄骨を扱う工務店などもありますが、一般的なハウスメーカーに依頼する場合、主に軽量鉄骨が使われます。

*重量鉄骨の特徴

重量鉄骨の特徴としては、強度が高い、柱などが強いので間取りの自由度が高いということが、メリットとして挙げられます。
やはり厚みがある鋼材を使っているので、強度や耐震性が高いです。
デメリットとしては、重い鉄骨を支えるために地盤工事をしっかりとやるので、費用が高くなってしまうことが挙げられます。

*軽量鉄骨の特徴

軽量鉄骨の特徴としては、低コスト、品質が安定しているということが挙げられます。
ほとんどの軽量鉄骨は工場で大量生産されているので、価格が安く、品質が安定しているのが特徴です。

□鉄骨を使う際の費用

鉄骨を使った場合の建築費の相場として、一般的には約50万~80万円と言われています。
軽量鉄骨を使った場合、重量鉄骨を使うよりも、2~3割費用が下がるので、約50万~80万円が相場になります。

□まとめ

今回は、建て替えの際、鉄骨を使った場合の単価を種類別に簡単に説明いたしました。
このサイトの情報を参考にして、ぜひ鉄骨を使った注文住宅を検討してみてください。
詳しくはホームページをご覧ください!
http://www.soma-arc.jp/

青森県の方へ!注文住宅で最もおすすめの外壁とは!?

13.png

「外壁を建て替えたいけど、どの種類が一番いいか分からないなぁ。」
このような外壁についてお悩みの方はいらっしゃいませんか?
実際に建て替えを検討してみると、外壁の種類はたくさんあるので、どれが一番いいかが分かりづらいですよね。
そこで今回はそういったお悩みを持つ方に向けて、簡単に、それぞれの特徴を踏まえながら、おすすめの外壁の素材をご紹介いたします。

21a7b1c33ee6f14f499edda7e44f3bbb_m.jpg

□4種類の外壁

外壁を分類したとき、主に4種類に分けることができます。
これから4種類の外壁の特徴を解説していきます。

*窯業系サイディング

窯業系サイディングとは、セメントに繊維などを混ぜて、形作り、タイルや石積み風のデザインになった外壁です。
現在新築住宅の7割が、この外壁を使用しており、人気が高いです。
コストが安く、また、3000種類以上のデザインがあり、多くの選択肢があることが特徴です。
費用としては、1㎡あたり、約3000~1万円が相場として言われており、質が高くなるほど、コストがかかります。
経年劣化により、約5~7年でメンテナンスが必要とされています。


*金属サイディング

金属サイディングとは、鉄やアルミニウムといった金属の板材に断熱材を取り付けて作った外壁です。
デザインとしては、非常にスタイリッシュであり、素材的に軽く、加工しやすいという特徴があります。
費用としては1㎡あたり、約4000円~5000円と言われています。
また、10年~15年で外壁の修理が必要です。

*タイル 

粘土や石材を砕き、焼いて固めて作ったのがタイル外壁です。
耐久性に優れており、またヨーロッパ風のデザインが多くあり、非常に外観としてもおしゃれです。
タイルの素材よって金額は変動しますが、一般的には1㎡あたり、最低1万円からが相場として言われており、サイディングより費用が高くなっています。
基本的には、タイルの場合、塗り直しをする必要がないので、メンテナンス費用は他の種類の外壁より安くなっています。

*塗り壁(土やモルタル)

塗り壁とは、職人が実際に土やモルタルというセメントと水を混ぜ合わせた素材を何層にも塗り、作る外壁です。
職人の技術や、素材によって大きく費用が変動します。
また、自然素材でできているので、劣化は起こりにくいですが、サイディングなどに比べて汚れやすいという特徴があります。

25c558cb69c0a981baf032b6210a55a9_m.jpg

□おすすめの外壁はどれ?

この4つの外壁の中で、一番おすすめの種類はサイディングです。
サイディングは長年大きく変化しており、防火性、耐久性などが上がっています。
そのうえ、費用が安い、デザインの種類が多いという特徴もあり、一番おすすめの外壁です。

□まとめ

今回は、おすすめの外壁を簡単に特徴を踏まえて、説明いたしました。
このサイトを参考にして、様々な外壁から自分にあったものを選んでみてはいかがですか?
もし、青森県で外壁の建て替えをお考えの方はお気軽にお問い合わせください。
詳しくはホームページをご覧ください!
http://www.soma-arc.jp/

青森県で注文住宅をお考えの方へ!鉄骨住宅のメリットとは

14.png

「家を新しくしたいなぁ。」
「鉄骨の住宅にしたい。しかし、どんな特徴があるのか分からないなぁ。」
こういったお悩みをもつ方は多いかと思います。
やっぱり住宅の建て替えってなかなか起こることではないので、分からないことが多いですよね。
今回は鉄骨の住宅に建て替えたいけれど、どのような特徴があるか分からないといった方に向けて、鉄骨住宅のメリット、デメリットを踏まえて簡単にご説明いたします。

ba1d175f97ab58aa3f965d593d85aad8_m.jpg

□4つの住宅の構造

住宅を建築する方法は、主に4つの種類の方法に分けられます。
この4つの工法をそれぞれ簡単に説明していきます。

*木造

柱や梁に力がかかりやすく、地震などの強い力に耐えるために補強する壁や床を作ることが義務付けられています。
他の工法に比べて、時間もかからず、素材などが安いので、比較的に短時間で安く家を作ることが可能です。

*軽量、重量鉄骨造り

軽量、重量鉄骨造りでは、柱や梁に鉄骨が使われ、その他の家の構造では木材が使われます。
この工法で家を建てる場合、ビスによって接合される外断熱工法が主流です。
そのため、断熱性が高く、また家自体の強度も、とても高いという特徴があります。

*鉄筋コンクリート造り

建物を作る際に必要な梁や柱を鉄筋で建築し、他の部分はコンクリートで作っていきます。
この工法で作られた建物は、耐火性が高く、また音も漏れにくい構造になっています。
また、耐震性も高いですが、場合によっては、地盤改良の杭打ちが必要な場合もあります。

鉄骨鉄筋コンクリート造り

鉄骨鉄筋コンクリート造りとは、2つの工法を用いつつ、また鉄筋と鉄骨を使った建物です。
この工法では、柱や床、壁などの家全体の構造に鉄骨と鉄筋を使用しています。
コンクリートの中に、鉄筋を入れることによって、家全体を補強しており、4つの工法の中で、最も耐震性や遮音性が高いです。
しかし、その分建築費用は高くなってしまいます。

□鉄骨住宅のメリット、デメリットとは 

次に簡単に鉄骨住宅のメリットとデメリットを簡単に紹介いたします。

*メリット

鉄骨住宅の場合、多くの鉄骨は工場で規格化されたものが生産されているため、品質が安定しています。
また、鉄骨造りの家は部材を組み立てるだけで建てることができるので、工事期間も短く、費用もあまりかかりません。

*デメリット

鉄骨住宅のデメリットは、間取りが制限されることが挙げられます。
家を補強するために壁が必要となるため、間取りが制限されてしまいます。
また、木造建築と比べて、鉄骨住宅は通気性や、断熱性があまり高くないということがデメリットとして挙げられます。

f2f5514824048dc52f0f46cb35517110_m.jpg

□まとめ

今回は鉄骨を使った住宅の特徴を、メリットとデメリットを含めて簡単にご紹介いたしました。
それぞれの工法に、それぞれの特徴があるので、ぜひ自分にあった住宅をお選びください。
もし、青森県で住宅の建て替えについてお悩みでしたら、お気軽に当社にお問い合わせください。
詳しくはホームページをご覧ください!
http://www.soma-arc.jp/

「青森県で注文住宅をお探しの方へ、鉄骨住宅と木造の違いとは?」

11.png

「家を新しくしたいなぁ、しかし鉄骨住宅か木造住宅のどちらがいいか分からないなぁ。」
このような住宅の建て替えについてお悩みになる方は多いと思います。
せっかく家を新しく建て替えるなら、自分に合った家を建てたいですよね。
しかし、一般の方にとって鉄骨住宅と木造住宅にどのような違いがあるかって分かりづらいと思います。
そこで今回、鉄骨住宅か木造住宅にしようか悩んでいる方に向けて、簡単に2つの住宅の特徴や違いを、メリットを含めて説明いたします。

6b83b5fe668dd5dbc7f712cbf9b20314_m.jpg

□鉄骨住宅とは

鉄骨住宅とは、柱や梁といった家の構造部分に鉄骨が使われている住宅です。
耐震性や耐火性が高いという特徴があります。

□鉄骨住宅のメリット

*間取りが広い

鉄骨住宅のメリットとして、間取りを広くすることができるということが挙げられます。
木造住宅の場合、柱が支えられる総重量が少ないため、壁や柱をたくさん作る必要があります。
しかし、鉄骨住宅の場合、1つの柱が支えることができる総重量が多いため、少ない本数で家を建築できます。
そのため、広々とした自由な間取りを作ることができます。

*品質が安定している

鉄骨住宅を建築するとき、住宅の品質が安定していることもメリットとして言われます。
住宅で使用する鉄骨は、工場で生産されるため、同じ規格、品質を保つことができます。
反対に、木造住宅の場合、現在では差が出ることは少なくなっていますが、やはり職人の技術によって家の品質が左右されます。

□木造住宅とは

木造住宅とは、ほとんどすべての家の構造が木で作られている住宅です。
比較的に、費用が安いという特徴があります。

*費用が安い

木造建築の最大のメリットは、費用が安いということです。
どの建築会社に依頼するかや、工法によって価格は変動しますが、鉄骨住宅に比べて、費用は安くなっています。

*気密性が高い

気密性とは、住宅の中の空気が逃げないようにする性能のことです。
気密性が高いと、断熱性能が上がったり、効率良く部屋の温度を変化できるため、省エネであるというメリットがあります。
木造建築の場合、鉄骨住宅に比べて、必要な壁が多く、窓が小さくなってしまう傾向にあります。
しかし、それを利用して逆に気密性を高めることに成功しています。

20398536efd4519fb46f09ee503c52ba_m.jpg

□まとめ

今回は、鉄骨住宅と木造住宅のメリット、デメリットを簡単に紹介いたしました。
それぞれの住宅のメリットが違うので、ご自身の状況を考慮して、素敵な家を建ててみてください。
もし、青森県で注文住宅を検討中でしたら、お気軽に当社にお問い合わせください。
詳しくはホームページをご覧ください!
http://www.soma-arc.jp/

青森県で注文住宅!二世帯住宅の種類って一体どんなもの?

1.jpg

「子供と一緒に住むために、二世帯住宅にしたいけど、どんなものがあるのかわからないなぁ。」
こういったお悩みを持つ方は多いかと思います。
せっかく二世帯住宅に建て替えるなら、一番いい種類を選びたいですよね。
しかし、二世帯住宅の種類ってたくさんあるので、どれが一番いいかが分からないと思います。
そこで今回は、そんな方に向けて、簡単に二世帯住宅の種類と特徴をご紹介いたします。

□二世帯住宅とは

二世帯住宅とは、親世代と子世代が同居するために作られた住宅です。
ただ単に、同居するだけではなく、世帯ごとに独立性を持つように住宅が作られます。
そのため、お互いにプライバシーを守ったまま、自分たちの生活を送ることができます。
また、二世帯住宅では、新しい一軒家を作る必要もなく、新しい家のための土地も買う必要がないので、経済的に魅力があります。
さらに、親世代と子世代が一緒の家に住むので、育児や介護などお互いをサポートしあうことができるというメリットがあります。

3.jpg

□二世帯住宅の種類

二世帯住宅には、主に3つの種類があります。
これからどのような2世帯住宅の形があるのか説明いたします。

*完全同居型

完全同居型の二世帯住宅とは、寝室のみそれぞれの部屋を持ち、キッチンやリビングルームなどのすべての設備は共用で使う住宅になります。
世帯間で、生活における活動時間に差がなければ、世帯同士の交流の時間も増えますので、にぎやかで楽しい家族の時間を送ることができるでしょう。
しかし、生活の活動時間に差があった場合、関係によってはお互いに気を使って生活することになるかもしれません。

*部分共用型

部分共有型の二世帯住宅とは、浴室やキッチンなどの一部を共有し、親世代と子世代で生活するスペースを分けた住宅になります。
お互いの生活時間が違う場合や、ある程度のプライバシーをもって生活したい場合におすすめの住宅です。
しかし、設備を分ければ分けるほど、新たに建築する必要があるので、費用が高くなります。

*完全分離型

完全分離型の二世帯住宅とは、完全に生活空間を分けて暮らすように作られた住宅です。
このタイプの住宅ですと、完全に暮らしを分けるので、まったく干渉しあわない生活を過ごすことになります。
また、このタイプの住宅だと、家2軒分の設備を作らなければならないため、費用も高くなってしまいます。

2.jpg

□まとめ

今回は、二世帯住宅の種類と特徴を簡単にご説明いたしました。
このサイトを参考にして、ぜひご自身の要望にあった二世帯住宅を見つけてみて下さい。
もし、青森県で二世帯住宅への建て替えをご検討の場合、お気軽に当社にお問い合わせください。
詳しくはホームページをご覧ください!
http://www.soma-arc.jp/

青森県で注文住宅をお探しの方へ!完全分離型住宅のメリットをご紹介します

12.png

「完全分離型の住宅にしたいけど、どんな特徴があるか分からないなぁ。」
このようなお悩みを持つ方はいらっしゃいませんか?
やっぱり一般の方にとって、完全分離型の住宅がどのような特徴を持つかは想像しにくいですよね。
そこで今回は、完全分離型の住宅の特徴を、メリット、デメリットを含めて簡単に紹介いたします。

ba1d175f97ab58aa3f965d593d85aad8_m.jpg

□完全分離型の住宅とは

完全分離型の住宅とは、親世代と子世代が一緒に住む2世帯住宅で、住むスペースを完全に分け、まったく別の世帯として暮らすように作られた住宅です。
親世代といきなり一緒に住むということは、難しいと思います。
しかし、この住宅では、適度な距離を保ちながら、同居することができます。
完全分離型の住宅の作り方は、2つあり、2階以上の建物を建て、階層別に生活空間を分けるか、建物を左右に分割して、世帯を分けるという方法になります。

□完全分離型の住宅のメリット
今から、完全分離型の住宅のメリットを紹介いたします。

*育児のサポート

完全分離型の住宅では、完全に生活空間を分けます。
しかし、親世代と同居することになるので、仕事などで子供の面倒が見れないとき、親世代に手助けを求めることができます。
親世代に頼りすぎることはあまりよくないですが、お互いの生活をサポートすることによって、生活がもっとしやすくなるでしょう。

*土地代が不要

家を新しく建築するとなった場合、新しい土地が必要になります。
しかし、ほとんどの2世帯住宅の場合、家の建て替えによって建築するので、新しい土地が必要ありません。
また、建て替える際に、家を解体する必要があり、費用がかかってしまいますが、土地代と比較すると安いです。

f2f5514824048dc52f0f46cb35517110_m.jpg

□完全分離型の住宅のデメリット

次は完全分離型のデメリットを簡単に説明いたします。

*親世代への気遣い

完全分離型の住宅では、完全にスペースを分けるため、ほとんど親世代と会うことはありません。
もし、会ったとしても、家庭によって変わりますが、週に1~2回程度なので、特別にお互い気を使いあうということはないでしょう。

*建築費が高くなる

やはり、一般の住宅を建てる場合より、キッチン、浴室、玄関などを別々に作らないといけないため、費用はよりかかってしまいます。
しかし、それでも建築費は約1.5~2倍であり、土地代がかからないことを考慮に入れれば、圧倒的に費用を削減できます。

□まとめ

今回は、完全分離型の住宅の特徴を簡単にご説明いたしました。
2世帯住宅では、プライバシーの問題などが考えられますが、完全分離型の住宅では、そのような心配は一切必要なく、さらにお互いをサポートしあえたり、費用を削減できたりと大きなメリットがたくさんあり、快適な生活を送ることができるでしょう。
もし、青森県で完全分離型の住宅に建て替えを検討していらっしゃる方がいましたら、お気軽に当社にご質問ください。


詳しくはホームページをご覧ください!
http://www.soma-arc.jp/

耐震性のある住宅に住みたいなら、自然素材の住宅を!

qqqq1.png

地震が多い日本に住んでいる以上、地震への備えは考えておきたいものですよね。
地震が起きたときに身を守ってくれるのは住宅です。
リスクを考えて、できるだけ丈夫で地震に強い住宅を建てたいと考える方がほとんどだと思います。
しかし、住宅への理想も譲りたくない、おしゃれで優しい雰囲気の自然住宅に住みたい、と希望する方も少なくありません。
ほとんどの方が自然素材の住宅は耐震性が劣っているのではないか、とお考えではないでしょうか?
実は、そのようなことはありません。
では実際自然素材の住宅は地震に強いのか、と疑問に思われている方のために、今回は、自然素材の住宅の耐震性についてご紹介します。

bec0e865aa6c19c072fad3e578af52d5_s.jpg

□自然住宅の耐震性

耐震性のある住宅には、構造が大切です。
自然素材を使用していても、法律に適した正しい工法によって建設されているのであれば、何も問題はありません。
木造で合っても、接合部は金具で強化することが可能ですので、耐震性を高められます。
また、木は鉄と違って素材の重量がかなり軽量です。
そのうえ、圧縮されたときの強度、引っ張られたときの強度は、鉄よりも木のほうが圧倒的に強いのです。
鉄よりも質量が軽く、強度も強い木は、地震に強い素材と言えるでしょう。

5b752653ddcda5dbb820b16993bf0c87_s.jpg

□自然住宅のその他のメリット

自然素材を使った家には耐震性の他にもメリットがあります。
住宅の性能が高く、省エネに取り組みやすいことです。
自然素材は、他の素材よりも断熱性に優れ、住宅の気密性も高くなります。
そのため、室内の温度が保たれやすくなり、自然に調湿できる心地良い暮らしを実現できるでしょう。
夏は涼しく、冬は暖かい室内をつくることが可能になり、とても過ごしやすい住宅ですよね。
また、自然素材を使用すると、性能が高くなるだけではなく、その見た目も魅力的です。
自然素材ならではのあたたかみのあるデザイン、肌触りの良さが部屋の優しい雰囲気を作ってくれるでしょう。
そして自然素材は経年とともに色の変化を楽しめるので、ずっと長く住み続けたいと感じられるでしょう。

□まとめ

今回は、自然素材の住宅の耐震性についてお伝えしました。
自然素材だからといって、耐震性は劣っていないこと、むしろ他の素材より強い場合もあることを知っていただけたのではないでしょうか?
耐震性のある住宅を建てたいとお考えの方は、ぜひ自然素材の住宅をご検討ください。
青森で注文住宅、自然素材の住宅を建てたいとお考えの方は、ぜひ当社までお問い合わせくださいませ。

=======================
詳しくはホームページをご覧ください!
http://www.soma-arc.jp/
=======================

自然素材の住宅を建てる方必見!おすすめの自然素材3選!

zzzz1.jpg

自然素材の住宅を建てたいとお考えの方必見です。
住宅に使用される自然素材について調べてみると分かるのですが、自然素材にも種類があります。
それぞれ少しずつ性能や特徴が異なるのです。
自然住宅を建てる際は素材のことを知ってから、暮らしのことを考えて素材を選ぶべきでしょう。
そこで今回は、自然住宅によく使用される自然素材の中でおすすめを3つご紹介します。

xxxxx1.jpg

□無垢材

無垢材とは、丸太をそのまま切り出した素材のことです。
自然の木の木目がそのまま残っているので、デザインがおしゃれですし、部屋全体が優しい雰囲気になるでしょう。
天然の木ならではのぬくもりが感じられ、肌ざわりが良く人気が高い素材です。

□珪藻土

珪藻土は、珪藻の化石を使用して作られた素材のことを言います。
珪藻土には無数の穴が空いており、調湿・消臭に優れています。
部屋の湿度を快適に調節し、嫌な匂いを吸収してくれる優秀な素材です。
また、断熱性と耐火性も高いです。
冬はあたたかい空気を外部に逃がしにくくなるので省エネに取り組めますし、万が一家事が発生した場合も他の素材より、住宅の燃焼が進むのを抑えられます。
災害時の備えを考えて素材を選ぶことも大切ですよね。

cccccc1.jpg

□セルロースファイバー

セルロースファイバーは、古紙を再利用して作られた素材です。
自然を再利用しているため環境に優しく、有害物質を含んでいないため、人にも優しいという特徴があります。
何より、断熱性に優れています。
天井や壁と外壁の間にこの素材を使用することによって、冬は冷たい空気を逃さないようにします。
寒い季節も過ごしやすい環境を整えてくれるのです。
エアコンや暖房器具をずっと使用し続ける必要もなくなるので、費用も削減することが可能になります。
また、セルロースファイバーは断熱性だけでなく、調節機能にも優れています。
室内の湿気を吸い取って、適度な湿度に調節してくれるため、快適な室内環境をつくってくれます。
しかし、他の断熱材と比べて少し価格が高めなのがデメリットです。

□まとめ

今回は、自然住宅に使用する3つのおすすめの自然素材についてお伝えしました。
それぞれの特徴を知っていただけたのではないでしょうか?
今回ご紹介した以外にも自然素材はいくつかありますので、一度調べてみることをおすすめします。
自然素材の持つ性能を知って、重視したいポイントを考えてみましょう。
青森で注文住宅・自然素材の住宅を建てたいとお考えの方は、ぜひ当社までお問い合わせくださいませ。

=======================
詳しくはホームページをご覧ください!
http://www.soma-arc.jp/
=======================