青森でおしゃれな住宅にしたいとお考え中の方へ!注文住宅の外壁におけるコツとは

青森でおしゃれな住宅にしたいとお考え中の方へ!注文住宅の外壁におけるコツとは_main.png

青森にお住まいでおしゃれな注文住宅を建てたいと考えている方はいらっしゃいませんか。
おしゃれな住宅にするためには、外壁をどうするかを考える必要があります。
外観はイメージが全くできないという方もいらっしゃると思います。
今回は、注文住宅をおしゃれにするための外壁におけるコツをご紹介します。

3233717_s (1).jpg

□外観をおしゃれにするためのコツとは

おしゃれにするためのコツとして、3つ挙げられます。

1つ目は、シミュレーションサイトを利用することです。
業者は小さなサンプルを見せてくれると思いますが、それでは完成後のイメージができない方もいらっしゃるでしょう。
そのようなときは、ネット上のシミュレーションサイトで完成後のイメージをすることをおすすめします。
住宅のパターンによってシミュレーションできるので、不安な方はぜひ試してみましょう。

2つ目は、実際に建っていの住宅を観察することです。
どうしてもイメージするのが難しいという方は、比較的新しい実際に建っている住宅を観察することをおすすめします。
イメージができないなら、完成している住宅を見ることが一番です。
好みのデザインがあれば、写真を撮っておき、業者との打ち合わせで見せてみると良いでしょう。

3つ目は、サンプルの確認は外ですることです。
同じ色でも、室内で見た印象と、日光が当たる外で見た印象は全然違います。
室内で確認を済ますのではなく、可能であるなら外で確認するようにしましょう。
完成後に、イメージと違った色にならないようにするためにとても大切なことです。

□注意点とは

外壁に使う色を選ぶときの注意点を2つご紹介します。

1つ目は、ただの白や黒ではなく他の色が少し混じった色を選ぶことです。
住宅の外壁に、真っ白や真っ黒な色を選ぶ方が多いですが、汚れが目立ってしまうのであまりおすすめできません。
雨や太陽光の影響で、外壁は思っている以上に汚れてしまいます。
汚れを目立ちにくくするためにも、少し他の色が混じった色を選ぶようにしましょう。

2つ目は、近隣から浮いた色を選ばないことです。
派手な色を選ぶと個性が出て素敵ですが、周囲から浮いて、変に目立ってしまう可能性があります。
色が派手すぎて不快というクレームが来ることもあるので、なるべく派手な色は避けた方が良いでしょう。

3045159_s.jpg

□まとめ

今回は、おしゃれな住宅にするためのコツをご紹介しました。
完成後のイメージがしにくい方も、ご紹介した方法を試していただければうまくイメージできるようになるでしょう。
注意点もしっかりと確認して、納得のいくようなデザインにできると良いですね。
この記事を参考にして、おしゃれなマイホームを建ててください。

青森で注文住宅をご検討中の方へ!断熱工法の違いについて!

青森で注文住宅をご検討中の方へ!断熱工法の違いについて!_main.png

注文住宅を青森で建てたいと考えている方はいらっしゃいませんか。
住宅を建てる上で、住宅の断熱性を重視する方も多いと思います。
断熱工事をする方法として、外断熱と内断熱の2種類があることをご存じでしょうか。
今回は、この2種類の工法の違いについてご紹介します。

2047463_s.jpg

□外断熱とは

この方法は、外張り断熱工法とも呼ばれ、断熱材や気密シートを柱の外に設置することで断熱する方法です。
外国の気温が低い地域で普及した方法なので、暖かい住宅にするためには有効な方法だと言えるでしょう。
この方法のメリットとして、2つ挙げられます。

1つ目は、断熱を実現しやすいことです。
内断熱は、柱の間に断熱材を埋め込むため隙間ができやすいですが、外断熱は柱の外に設置しるためで住宅全体を覆えます。
隙間ができてしまうと、室内が外気の影響を受けるので、断熱性が低くなってしまうでしょう。
断熱を実現しやすいという面では、内断熱よりも優れていると言えるでしょう。

2つ目は、空間の有効活用ができることです。
内断熱は、屋根裏や床下を活用できませんが、外断熱では活用できます。
ロフトや収納として利用すると、より快適な生活が送れるのではないでしょうか。
断熱だけでなく、空間を有効に使えるのは嬉しいですよね。

□内断熱とは

この方法は、充填断熱工法とも呼ばれ、住宅の柱の内側に断熱材や気密シートを張って断熱する方法です。
大きなメリットとして、2つ挙げられます。

1つ目は、冷暖房の効果がすぐに出やすいことです。
この方法では、断熱材を住宅の内側に設置するので、室内の空気が室内に留まりやすくなるでしょう。
外断熱と比べると、冷暖房の効果が表れるまでの時間が比較的短いです。
しかし、先ほどご紹介したように隙間ができやすいので、冷暖房の効果を維持できる時間は短くなってしまうでしょう。

2つ目は、費用が安いことです。
住宅を建てるにあたって費用を気にされる方が多いので、費用が安く済むのは嬉しいですよね。
外断熱よりも一般的な工法であるため、外断熱よりも安い価格で行えるでしょう。
断熱にかかる費用をできるだけ安くしたいと考える方にはぴったりでしょう。

2047464_s.jpg

□まとめ

今回は、2種類の断熱工法の違いについてご紹介しました。
それぞれにメリットやデメリットがあるので、一概にどちらが良いかとは言い切れません。
予算と相談しながら、ご自身に合った工法を選ぶようにしましょう。
2つの違いをしっかりと理解して、マイホーム作りに役立ててください。

詳しくはホームページをご覧ください!
http://www.soma-arc.jp/

青森在住の方必見!注文住宅で自然素材を使うメリットとは?

青森在住の方必見!注文住宅で自然素材を使うメリットとは?_main.png

青森在住で注文住宅を建ててみたいと思っている方はいらっしゃいませんか。
近年、自然素材を取り入れた住宅が人気を集めています。
天然素材を使用した方が環境にも良いことに加えて、おしゃれな雰囲気もありますよね。
今回は、注文住宅に自然素材を使用するメリットについてご紹介します。

416391_s.jpg

□自然素材とは

自然素材という言葉をよく耳にしますが、実際にどのようなものなのか知っている方は少ないのではないでしょうか。
自然素材は明確には定義されていませんが、一般的に化学物質を含んでいない素材を指します。
具体的に言うと、漆喰や無垢材、コルク材などが挙げられるでしょう。
化学物質を含まないので、環境に優しく、近年注目を集めています。

自然素材が使われている住宅は長く住めば住むほど愛着がわき、素材が生活になじんでくるという特徴があります。
また、化学物質が含まれているとシックハウス症候群になる恐れがあり、肌が弱い方やアレルギーがある方は注意が必要です。
しかし、自然素材を使った住宅ではそのようなリスクを軽減でき、安心して生活できるでしょう。
自然素材のイメージは人によって変わるので、打ち合わせの時点で業者としっかり話し、イメージを共有しておきましょう。

□メリットとは

主なメリットとして、3つ挙げられます。

1つ目は、有害物質がほとんど出ないことです。
先ほどご紹介したように、化学物質を含んだ素材を多く使用するとシックハウス症候群になる恐れがあります。
一方で自然素材は環境に良いだけでなく、人体に優しいので、シックハウス症候群が不安な方にはぴったりでしょう。
他の素材と比べると、大幅にリスクを軽減できるでしょう。

2つ目は、最終的に自然に還せることです。
自然由来の素材であるため、廃棄したとしても自然を害することはありません。
化学物質を含んでいる場合は、廃棄の時に自然に大きな負荷をかけてしまいます。
環境保全が唱えられている今、自然素材を使用することは環境を保護することに繋がるのではないでしょうか。

3つ目は、肌触りや見た目が優しいことです。
自然素材には、他の素材にはない温かみや肌触りがあります。
自然由来であるため、1つ1つの素材に個性があり、長年使っていくと愛着が湧いてくると思います。
温かみがあって、愛着のある住宅に住みたい方にはぴったりでしょう。

337009_s.jpg

□まとめ

今回は、注文住宅に自然素材を使用するメリットについてご紹介しました。
これまで自然素材をあまり知らなかった方も、この記事を読んで良さが分かったのではないでしょうか。
環境保全に繋がるだけでなく、人体に優しいことや自然由来の温かさがあるのは魅力的ですよね。
自然素材を使って、理想のマイホームを建てましょう。

詳しくはホームページをご覧ください!
http://www.soma-arc.jp/

青森で注文住宅を建てたいとお考え中の方必見!おしゃれな内装のデザインとは

青森で注文住宅を建てたいとお考え中の方必見!おしゃれな内装のデザインとは_main.png

青森でおしゃれな内装の注文住宅を建てたいと考えている方はいらっしゃいませんか。
せっかくマイホームを建てるなら外観だけでなく、内装にもこだわりたいですよね。
誰もが憧れるおしゃれな内装は、どのようにすれば実現できるのでしょうか。
今回は、おしゃれな内装のデザインについてご紹介します。

128321_s (1).jpg

□おしゃれにするためのポイントとは

おしゃれな内装にするための3つのポイントをご紹介します。

1つ目は、失敗事例から学ぶことです。
注文住宅の内装の失敗には、どのようなものがあるのか知らないままだと、同じような失敗をしてしまうかもしれません。
コンセントや収納スペースなど、失敗の多い箇所には十分な注意が必要です。
インターネットが普及した今、ネットで失敗談を見られるので、あらかじめ確認するようにしましょう。

2つ目は、壁材にこだわることです。
内装に使う壁材は、クロスや塗り壁などたくさんの種類があります。
種類によって特徴は異なり、それぞれにメリットとデメリットがあるので注意しましょう。
内装をおしゃれにしたいなら、まずは自分に合った壁材を選びましょう。

3つ目は、壁材だけでなく床材にもこだわることです。
壁材と同じように、床材にも無垢フローリングや複合フローリングなどの種類があります。
床材はキッチンやお風呂場など、場所によって適したものがあるので、適材適所で使うと良いでしょう。
壁材や床材にしっかりこだわると、おしゃれな内装に近づくのではないでしょうか。

□注意点とは

注文住宅は、自分と業者のイメージがずれてしまうと、満足のいく住宅にならない可能性があります。
業者との打ち合わせを重ねてイメージを共有していきますが、うまく共有するためにはどうすれば良いのでしょうか。

業者はプロなので完成後のイメージができますが、初めて注文住宅を建てる方はどのような住宅になるのか想像することは大変でしょう。
イメージを共有する前に、まずは自分が完成後をしっかりとイメージできている必要があります。
業者の設計図を見ているだけでは難しいので、ショールームに行って直接自分の目で見ることをおすすめします。
具体的にイメージできるようになったら、自分の要望を業者に伝え、理想に近づけていけば良いでしょう。

128312_s (1).jpg

□まとめ

今回は、おしゃれな内装のデザインについてご紹介しました。
ご紹介したポイントを参考にすれば、おしゃれな内装に近づけるのではないでしょうか。
イメージを業者と共有するためにも、実際の住宅を自分の目で確認するようにしましょう。
デザイン性だけでなく、機能性も大切にしてデザインを決めてください。

詳しくはホームページをご覧ください!
http://www.soma-arc.jp/

青森で注文住宅を建てたい方必見!便利な設備について

青森で注文住宅を建てたい方必見!便利な設備について_main.png

注文住宅を建てようか検討中で青森に住んでいる方はいらっしゃいませんか。
住宅が完成した後、生活をより快適にするために様々な設備を住宅に設置すると思います。
実際に設備を設置した方のお話を聞くと、あまり必要がなかったと感じる設備もあるようです。
今回は、注文住宅における設備についてご紹介します。

1835706_s.jpg

□おすすめの設備とは

設備を設置する上で、皆さんが一番気にされるのは価格なのではないでしょうか。
安価なものではないので、購入をためらってしまう方もいらっしゃるでしょう。
しかし、支払いが厳しくないのであれば、少し贅沢をしてでも設置した方が良い設備があります。
ここからは、2つのおすすめの設備をご紹介します。

1つ目は、お風呂の暖房です。
価格が高いので、設置しない方もいらっしゃいますが、冬の寒さを考えると設置した方が良いです。
お風呂に入るときに風邪を引いてしまっては元も子もないので、予算に余裕がある方は設置しましょう。

2つ目は、室内物干しがある部屋の換気扇です。
雨の日に室内干しをする方には、室内干しをする部屋に換気扇を設置することをおすすめします。
特に梅雨の時期は、湿度が高く、換気をしないと洗濯物が乾きにくくなってしまいます。
窓を置けておくことは防犯上のリスクが高いので、多少の費用は必要になりますが、換気扇を設置した方が良いでしょう。

□あまり必要ない設備とは

ここまでおすすめの設備をご紹介しましたが、ここからはあまり必要な2つの設備をご紹介します。

1つ目は、キッチンの吊り戸棚です。
収納がたくさんあることは大切ですが、キッチンの吊り戸棚は手が届きにくいことが多く、あまり出番がないと言われています。
また、吊り戸棚があると少し狭く感じてしまうこともあるでしょう。
広々としたキッチンにしたい方にはあまり必要がないでしょう。

2つ目は、広すぎる床下収納です。
食料を保存するには非常に便利な床下収納ですが、大き過ぎると下まで手が届かなくなってしまいます。
収納スペースを広く確保することは大切ですが、広すぎると逆効果になることもあるようです。
床下収納は頻繁に使うものではないので、広くなりすぎないようにしましょう。

3154269_s.jpg

□まとめ

今回は、注文住宅における設備についてご紹介しました。
価格が高いという理由で購入を諦めていた方は、多少の贅沢をしても設置するべき設備があると分かったのではないでしょうか。
あまり必要ない設備に関しては、こだわりがない限り設置しなくても良いでしょう。
この記事を参考にして、より快適な生活を送ってください。

詳しくはホームページをご覧ください!
http://www.soma-arc.jp/

青森で注文住宅をお考え中の方必見!収納のコツについて

青森で注文住宅をお考え中の方必見!収納のコツについて_main.jpg.png

青森で注文住宅を建てようと考えている方はいらっしゃいませんか。
外観や内装のデザインにこだわりたいという方は多いと思いますが、収納スペースを重視する方は少ないのではないでしょうか。
注文住宅で後悔するポイントとして収納スペースを挙げる方が多いです。
今回は、注文住宅における収納のコツについてご紹介します。

2559183_s.jpg

□収納スペースで後悔する理由とは

収納スペースで後悔する理由として、2つ挙げられます。

1つ目は、収納を軽視する人が多いことです。
内装や外観のデザインは目に見える部分なので重要視する方は多いですが、収納についてはそれほど考えていない人が多いです。
良く考えずに決めてしまうと、実際生活していくときに、収納スペースが足りないという事態に陥ってしまうでしょう
住宅の間取りを決めるときは、完成後の生活をしっかりとイメージすることを心掛けるようにしましょう。

2つ目は、荷物の種類や量を把握できていないことです。
荷物の種類や量は人によって違うので、事前に確認しておくことが大切です。
人よりも荷物の量が多い方や家族の人数が多い方は、普通の収納だけでは足りない可能性があるので、注意しましょう。
あらかじめ荷物の量を確認しておき、多い場合はウォークインクローゼットを設置するなど工夫すると良いでしょう。

□失敗しないためのコツとは

ここからは、失敗しないためのコツを3つご紹介します。

1つ目は、間取りを自分で決めてみることです。
間取りはプロの業者が決めた方が良いのですが、自分で作った間取りを見せることは正確に理想の間取りを業者に伝えるのに役立ちます。
以前は自分で間取りを作るのは困難でしたが、今ではネットで簡単に間取りを描けるサービスが出ているので試してみましょう。
間取りを作る際は、収納スペースを十分にとることを意識してみてください。

2つ目は、間取り図に書き込むことです。
収納スペースをどれだけとるか決めるだけでなく、どこに何を入れるのかも決めておいた方が良いです。
住宅によっては奥行きが狭いこともあるので、事前に測っておくことをおすすめします。
収納スペースの大きさや、どこに何を入れるかが分かれば、分かりやすいように間取り図に書き込んでおきましょう。

2559186_s.jpg

□まとめ

今回は、注文住宅における収納のコツについてご紹介しました。
これまで、収納についてそこまで考えていなかった方も、この記事を読んで考える必要があると分かったのではないでしょうか。
収納が足りないと後悔することがないように、あらかじめしっかり考えておきましょう。
ご紹介したコツを参考にしてみてください。

詳しくはホームページをご覧ください!
http://www.soma-arc.jp/

青森で注文住宅をお考え中の方へ!工務店とハウスメーカーを比較!

青森で注文住宅をお考え中の方へ!工務店とハウスメーカーを比較!__main.png

青森で注文住宅を建てようか迷っている方はいらっしゃいませんか。
注文住宅を建てるときは業者に依頼すると思いますが、業者は工務店やハウスメーカーというようにいくつかの種類に分けられます。
2つの違いを理解しないまま依頼すると後悔してしまうかもしれません。
今回は、工務店とハウスメーカーについてご紹介します。

1683224_s.jpg

□工務店とハウスメーカーの特徴とは

*工務店とは

地域密着型の業者のことで、設計に自分の要望を反映させやすいという特徴があります。
工務店でも、それぞれお店によって形態や規模は異なります。
基本的にどの工務店でも、設計から施工まで管理してくれます。
規模が大きくなると、建材や設備は豊富になる反面、要望が反映されにくくなってしまうでしょう。

*ハウスメーカーとは

全国展開しており、施工できるエリアが広いという特徴があります。
規模がとても大きいので、依頼主に合わせたプランが用意されており、工事の質や工期が安定するというメリットもあります。
しかし、工務店とは違って、自分の要望を100パーセント聞き入れてくれる可能性は低いでしょう。
知名度が高いため、依頼しやすい部分もありますが、要望をしっかり聞き入れてもらいたい方は、よく確認してから依頼するようにしましょう。

□工務店に依頼するメリットとは

ここまで2つの特徴をご紹介しましたが、結局どちらに依頼した方が良いのでしょうか。
人によって変わってきますが、地域密着の工務店に依頼することをおすすめします。
工務店に依頼するとどのようなメリットがあるのでしょうか。
大きなメリットとして、2つ挙げられます。

1つ目は、安心して依頼できることです。
地域に密着している工務店は、お客様からの評判が悪いと口コミで広がり、経営できなくなってしまうでしょう。
ハウスメーカーよりも評判を大切にしているので、手抜き工事をされるリスクは少ないです。
また、アフターフォローが手厚いお店が多いのも嬉しい特徴ですよね。

2つ目は、自由度が高いことです。
先ほどご紹介したように、自由度が高いので、要望を聞き入れてもらいやすいです。
ハウスメーカーはあらかじめ用意されたプランにしたがって進められるので、自由度は低くなってしまうでしょう。
打合せの段階でしっかりと相談でき、自分の理想に近い住宅を建てたい方にはおすすめです。

691495_s.jpg

□まとめ

今回は、工務店とハウスメーカーの比較についてご紹介しました。
どちらにもメリットがありますが、要望を聞き入れられやすい工務店はとても魅力的ではないでしょうか。
ハウスメーカーに依頼すると決めつけずに、工務店も含めてじっくりと考えましょう。
この記事を参考にして、後悔のない注文住宅を建ててください。

詳しくはホームページをご覧ください!
http://www.soma-arc.jp/

青森に在住の方へ!注文住宅における塗り壁の費用とは?

青森に在住の方へ!注文住宅における塗り壁の費用とは?_main.png

青森にお住まいで注文住宅をお考え中の方はいらっしゃいませんか。
昔ながらの外壁材として知られている塗り壁ですが、最近この塗り壁が見直され始めていることはご存じでしょうか。
再度注目されている塗り壁とは、どのようなものか気になりますよね。
今回は、注文住宅における塗り壁についてご紹介します。

3298320_s.jpg

□塗り壁の特徴とは

塗り壁の大きなメリットとして、シンプルかつ独特な風合いがあることが挙げられます。
塗り壁はタイルなどの他の外壁材とは違い、業者の技術や塗り方によって仕上がり方が何通りにも変わってきます。
色もたくさんの中から選べるだけでなく、他の外壁材と混ぜて使うことよってにオリジナリティも出せるでしょう。
形状が複雑な住宅でも形状に合わせやすいので、外壁材の継ぎ目ができないというメリットもあります。

デメリットとしては、乾燥に長い時間を要することと、汚れが目立ちやすく、ひび割れができやすいことが挙げられます。
伸縮性が乏しいものが多いため、塗り壁を外壁材として利用するとひびが入りやすくなってしまうでしょう。
ひびが入りづらい塗料を利用すると、ひび割れのリスクは軽減できるので、塗料との相性も確認しておくと良いでしょう。

□塗り壁の費用とは

一般的に、塗り壁の費用は1平米あたり1600円から7500円です。
幅が広いと感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
その理由として、塗り壁の種類によって費用が異なることが挙げられます。
塗り壁にもいくつか種類があるのですが、ここからは主な2つの種類についてご紹介します。

*塗り壁の種類とは

1つ目は、モルタルです。
水と砂とセメントを混ぜて作られた塗り壁です。
モルタルを使用した場合の費用の相場は、1平方メートルあたり1200円から4500円と言われています。
工事によっては足場の設置に費用がかかり、支払う金額が変わる可能性があるので、あらかじめ確認するようにしましょう。

2つ目は、漆喰です。
石炭と粘土を混ぜて作られており、耐久性や不燃性に優れている塗り壁です。
漆喰を使用した場合の費用の相場は、1平方メートルあたり4000円から7000円と言われています。
足場代で変わることや、業者によって価格が大きく違う場合もあるので注意しましょう。

3482037_s.jpg

□まとめ

今回は、外壁塗装における塗り壁の特徴と費用についてご紹介しました。
メリットがある反面、デメリットもありますが、塗料を工夫することで解決できるでしょう。
費用は種類や依頼する業者によって異なることがあるので、しっかりと確認するようにしましょう。
この記事を参考にして、素敵なマイホームを建ててください。

詳しくはホームページをご覧ください!
http://www.soma-arc.jp/

青森で注文住宅を考え中の方必見!注文住宅のメーカーの相場とは?

青森で注文住宅を考え中の方必見!注文住宅のメーカーの相場とは?_main.jpg

注文住宅を建てる際には、どのくらい費用が必要かご存じでしょうか。
資金の計画を立てる上で、業者に依頼する費用がどのくらいなのか知っておく必要がありますよね。
今回は、青森にお住まいで注文住宅をご検討中の方に向けて、注文住宅のメーカーごとの相場をご紹介します。

2893018_s.jpg

□費用の相場とは

ハウスメーカーとは、全国に展開しており、規模の大きな業者のことを指します。
建築方法や材料が規格化されているため、品質や工期が安定しているという特徴があります。
相場はメーカーによって異なりますが、工務店と比較すると高い傾向があるでしょう。
ハウスメーカーの中には、坪単価が30万円のメーカーもあれば、70万円以上必要になるメーカーも存在します。

一方で、工務店の坪単価の相場は、30万円から45万円です。
工務店によってかかる費用は異なるので、あらかじめ調べておくようにしましょう。

一般的に、予算は総費用の2割以上用意しておくのが目安だと言われています。
注文住宅では、想定外の出費が出ることがあるので、あらかじめ出された概算よりも実際の費用が高くなってしまう可能性があります。
ローンを借りるとしても、返せない金額を借りてしまうと将来大変なことになるので、余裕を持った資金計画を立てることが大切です。
工事を依頼する業者を決めるときも、予算と相談しながら決めるようにしましょう。

□費用を抑えて注文住宅を建てるためには

先ほどご紹介したように、工務店に比べてハウスメーカーは価格が高くなってしまいます。
予算が心配な方は、地域密着型の工務店に依頼することをおすすめします。
ハウスメーカーは大規模で、工法や材料が規格化されているため、注文住宅の間取りにおいて自由度が下がるでしょう。
一方で工務店に依頼すると、間取りなどの自由度も高く費用も抑えられるでしょう。
地域の特性を理解しているので、あなたの理想に沿った工法で、ハウスメーカーよりも安く依頼できます。

住宅の建設にかかる費用や、間取りの自由度を気にされる方は、工務店に依頼すると良いでしょう。
依頼する業者を迷っている方は、住んでいる地域にある工務店を一度調べてみることをおすすめします。

684506_s.jpg

□まとめ

今回は、注文住宅のハウスメーカーと工務店の相場をご紹介しました。
大規模で安定している反面、価格が高くなってしまう傾向があるでしょう。
地域密着型の工務店はハウスメーカーよりも安く依頼できるので、予算が不安な方は、お住まいの地域にある工務店を調べてみましょう。

詳しくはホームページをご覧ください!
http://www.soma-arc.jp/

青森で注文住宅を考えている方へ!リビングの窓について

青森で注文住宅を考えている方へ!リビングの窓について_main.jpg

青森にお住まいで、注文住宅をご検討中の方もいらっしゃると思います。
リビングの窓は、住宅の外観を決めると言っても良いほど、重要な役割を担っています。
注文住宅で、外観をおしゃれにしたい方は窓にもこだわると良いでしょう。
今回は、注文住宅におけるリビングの窓についてご紹介します。

422459_s.jpg

□窓づくりのポイントとは

窓づくりにおける、3つのポイントをご紹介します。

1つ目は、外からの視線です。
住宅街に新居を建てようと考えている方は、隣の住宅との距離が近い可能性が高いため、外からの視線に注意する必要があります。
隣と接する部分には、小窓や縦長の窓を付けるなど工夫した方が良いでしょう。
また道路に面する部分には、外からの視線だけでなく、防犯の観点からも大きい窓は付けないようにしましょう。

2つ目は、風通しです。
日本の気候は、夏には南寄り、冬には北寄りの風が吹くので、南北の方角に窓を設置するのが一般的です。
しかし、土地の高さや周辺環境によって、風の流れは変わってくるので、一概には言えません。
住宅を建てる地域に合わせて窓の位置を決めるようにしましょう。

3つ目は、日当たりです。
リビングを明るい雰囲気にしたい場合は、日当たりにも注意する必要があります。
太陽は東から西に動くので、東と西の方角に窓を設置すると太陽の日を取り入れやすくなるでしょう。
しかし、日当たりが良すぎると、家具の劣化につながる可能性があるので、小窓を設置するなど工夫をしましょう。

□窓づくりにおける工夫の例

ここからは、実際に窓づくりでの工夫の例を2つご紹介します。

1つ目の工夫は、3連窓を設置することです。
窓を3個連続で設置する3連窓は、見た目がおしゃれになるので、最近人気が高まっている傾向があります。
コストは多少かかってしまいますが、見た目がおしゃれになるだけでなく、風通し対策としても有効でしょう。
部屋をおしゃれにしたい方にはぴったりだと思います。

2つ目は、腰高窓をなくすことです。
腰高窓は昔から住宅に用いられることが多かったですが、実際に生活する上であまり必要ではないかもしれません。
安くて取り入れやすいですが、少し古臭い感じが出てしまうでしょう。

84675_s.jpg

□まとめ

今回は、注文住宅におけるリビングの窓についてご紹介しました。
窓にこだわる必要がないと思っていた方も、この記事を読んで窓の重要性がお分かりいただけたのではないでしょうか。
リビングをおしゃれにできるだけでなく、風通しや日当たりの対策もできるので、窓にもこだわった方が良いでしょう。

詳しくはホームページをご覧ください!
http://www.soma-arc.jp/