明るく開放的な家にするための2つ目の工夫

明るく開放的な家にするための2つ目の工夫

以前に比べて、
誰もが、太陽の光が
たっぷり入ってきそうな方角には、
大きな窓をつくりたいと思うものです。

そして、実際家を建てる時には、
より家が明るくなるように、
太陽の光が期待出来る方角に、
少しでも大きな窓を、
少しでも多くつくることでしょう。

しかし、残念ながら、
外から見た時、大きな窓がたくさんあって
明るそうだなーと感じるお家のほとんどは、
家の中は、そのイメージとは裏腹に、
薄暗く閉鎖的な空間であるのが現実です・・・

おはようございます。
相馬建築の相馬です。

では、なぜそのようになってしまうか?
そして、その悲しい現実を回避する方法について、
今回はお伝えしていきますね。

この秘訣を知っておくことは、
明るく開放的なリビングダイニングキッチンを
実現するために欠かせないことなので、
ぜひ参考にしていただければと思います。


外から丸見え問題

リビングダイニングキッチンを広くすれば
南側が開けている土地に家を建てる場合、
南側には大きな窓をつくります。
しかし、その家は、
外から家の中が丸見えになってしまう
という問題を抱えながら暮らすことになります。

それゆえ、その問題を解決するために、
丸見えとなる窓全てにカーテンをつけることになります。

しかも、レースカーテンで、
視線を完全に遮断することが出来るなら、
それほど家の中は暗くなりにくいのですが、
現実は、光を通すレースカーテンだけでは、
依然、家の中が丸見えになるため、
遮光カーテンまで閉めることになります。

また、直射日光が暑過ぎるし眩し過ぎるため、
遮光カーテンどころか、シャッターまで
下ろしてしまっている家がありますが
こうなると、家の中に太陽の光が
全く入ってこなくなってしまいます。

そして、家の中が暗くなり、
家の中を明るくするために、
朝からずっと照明が必要になってしまうというわけです。
また、家の中が閉鎖的になってしまうというわけです。


窓本来の役割を果たしてもらうように設計する

しかも、リビングダイニングキッチンが広くなれば、
それゆえ、明るく開放的な
リビングダイニングキッチンにするためには、
視線を遮断するために、
カーテンをしなければいけないような
窓をつくらないように設計しないといけません。

そして、視線を遮断するための
カーテンが必要ない家に出来れば、
家の中から外の景色が見えるようになり、
中と外がつながっているように感じるため、
圧倒的な広がりと開放感を感じることが出来ます。

また、家の中から窓を通して、
空を眺めることが出来るようにもなるため、
贅沢な気分で過ごすことが出来るようになります。

なにより、一日を通して、
光が安定的に室内に入ってくるため、
安定した明るさを保ち続けることが出来るようになります。

家の中に光をもたらすことは、
窓が担う大切な役割の1つです。
そして、家づくりで大切なことの1つが、
窓にその役割を充分果たしてもらうことです。

この結果、安定的に明るく、
開放感溢れる住まいが出来上がります。

ということで、
外から見たら明るくて開放感があるように見えるのに、
いざ、中に入ってみると、
薄暗くて閉鎖的な家にならないようにするために、
この真実を知っておいていただければと思います。

では、次回は開放感をさらに感じさせてくれる
アイデアについてお伝えしていきたいと思います。


株式会社相馬建築では随時、家づくり相談を行っております。
家づくりを始める前に失敗しない住宅ローンの選び方や
知っておいてほしいことや集めておくべき情報を
分かりやすくお伝えします!

ご相談はのご予約はお電話(0172-40-0237)
またはホームページからお問い合わせください。

http://www.soma-arc.jp/

開放的な家づくりの落とし穴

開放的な家づくりの落とし穴

以前に比べて、
誰もが「明るくて開放的な家にしたい・・」
そうお考えになると思います。

一日中太陽の光がサンサンと降り注ぐ
ゆったりとした陽だまりのリビングで、
子供たちと共にのんびりと過ごす休日・・

朝日がたっぷりと射し込む気持ちいいダイニングで、
家族そろってテーブルを囲んで食べる朝食・・

家族みんなの元気な姿を見ながら、
食事の支度をすることが出来る
スペースも調理場も広々としたキッチン・・

今の暮らしでは実現出来ていないであろう
このようなライフスタイルを夢見て、
多くの方が家づくりをされるのではないでしょうか?


おはようございます。
相馬建築の相馬です。

というのも、間取りや動線を指定されると、
そして、その実現のために、
様々なアイデアを勉強し工夫を凝らします。
LDKの天井を高くしたり、
LDKを広くしたり、
LDKの窓を多くしたり、という風に。

しかし、これらのアイデアや工夫は、
確実にコストは上がるものの、
それだけで明るさや開放感が増すわけではありません。


リビングダイニングキッチンを広くつくり過ぎると・・

リビングダイニングキッチンを広くすれば
それだけで開放感が出るような気がするし、
一日の大半を過ごす場所でもあるので、
とにかくこの空間だけは、
出来る限り広くしたいと思われることでしょう。

しかし、広々としたリビングダイニングキッチンは、
実際暮らし出してみると、
当初の想像とはずいぶんと掛け離れた状態に
なってしまうのもまた一つの現実です。

というのも、
床面積が広がった分、床に余白が出来てしまい、
結果的に、そこに色んな荷物が置かれるからです。
あるいは、その荷物の収納として棚や家具を置くことで、
リビングダイニングが狭くなってしまうからです。


コストとスッキリのバランスを保つアイデア

しかも、リビングダイニングキッチンが広くなれば、
それに伴って家の価格も高くなってしまうし、
余ったスペースに置く家具を購入するとなれば、
その分さらに出費が増えてしまいます。

それゆえ、コストも不用意に上げることなく、
スッキリ感のあるリビングを
維持しやすくするためには、
単純に広くつくるよりも
別のアイデアが必要となります。

例えば、子供部屋を1階につくるというアイデアです。
今の家づくりでは、
子供部屋を2階につくることが
当たり前になっていますが、
1階につくるという選択肢があっても
いいのではないでしょうか?

子供部屋を1階につくれば、
間違いなくリビングに散乱する
子供たちの荷物を自分たちの部屋に
片付けてもらいやすくなると思いませんか?

いつも使うものを、
わざわざ2階まで持ち運びするのは、
とっても面倒臭いことですからね。

もし、子供部屋を1階につくることが出来れば、
子供部屋を2階につくるよりは、
遥かにリビングダイニングが片付きやすくなることでしょう。

結果、スッキリした空間になりやすいし、
散らかってないリビングダイニングは、
掃除も楽なのではないでしょうか?

とはいえ、開放感溢れる住まいにしようと思えば、
リビングダイニングがスッキリしていることに加えて
さらなる別の要素が必要なので、
次回は、明るく開放的なリビングダイニングにするための、
2つ目のアイデアについてお伝えしていきたいと思います。

株式会社相馬建築では随時、家づくり相談を行っております。
家づくりを始める前に失敗しない住宅ローンの選び方や
知っておいてほしいことや集めておくべき情報を
分かりやすくお伝えします!

ご相談はのご予約はお電話(0172-40-0237)
またはホームページからお問い合わせください。

http://www.soma-arc.jp/

美しい家にするために知っておくべきこと

美しい家にするために知っておくべきこと

以前に比べて、
誰もが羨ましがるような
お洒落でカッコイイ家にするために、
欠かせない絶対的な条件が、
"美しい外観であること"ではないでしょうか?

しかし、間取りの中に、
自分たちのあーしたい、こーしたいを
詰め込めば詰め込むほど、
それに反比例するかのように、
家の外観はどんどん不細工になってしまいます・・・


おはようございます。
相馬建築の相馬です。

というのも、間取りや動線を指定されると、
その通りの図面を書くことしか出来なくなるし、
その上、窓の数や位置まで指定されると、
その通りの外観にするしかなくなるからです。

また、多くの方が、
間取り図だけを見て、
間取りの変更をしようとするのですが、
これも景観を損なう大きな要因となります。

窓の形やサイズがバラバラになったり、
設置する窓の高さがふぞろいになったり、
給湯器やエアコンのダクトカバーや、
2階トイレの配管、換気扇、樋(とい)などの
設計図やパースではなかったモノが、
"えっ?こんなところに!?"
という場所に出てきてしまったりするからです。

それゆえ、美しい家をつくるためには、
間取りや動線、窓の数や位置を指定したり、
間取り図だけを見て間取りを変えないように
していただきたいんですよね。

つまり、土地に合わせて
設計士に提案してもらうことが大切だということです。
そして、その意図をきちんと説明してもらった上で、
どうするかを考えるようにすべきなんですよね。

美しい家にするために知っておくべきこと

玄関には、靴をたくさん置きながらも、
例えば、こちらのお家は、
ご覧になればお分かりいただけるように、
とっても美しい外観なのですが、
その理由は、白と木の配色の美しさもありますが、
なにより余分な部材が限りなく少ないからです。

玄関があるこの東面は、
いわば家の顔となる正面なのですが、
この面には、エアコンの配管がありません。
そして、樋もありませんし、
換気扇の外部カバーも一切ありません。
また、給湯器もありませんし、
太陽光発電の外部に設置する部材なども一切ありません。

つまり、この面には、
外壁と必要最小限の窓と玄関ドアしかない
究極的にシンプルな外観であるというわけなのですが、
このように家の見え方にまで配慮しながら
間取りを考えていくことで、
家の外観の美しさが格段にアップします。

また、家が美しくなるだけじゃなく、
汚れの原因となる部材をなくしたことで、
家が汚れにくくなり、
その結果、塗り替えなどにかかる
メンテナンスコストを抑えることも出来ます。

さらに、外観が美しくなることで、
家の不細工さをカバーするための、
無駄な外構工事(庭の工事)費用も、
必要最小限に抑えることが出来るようになります。

家そのものが美しければ、
家だけで圧倒的な存在感が出るため、
引き立て役となる庭の装飾が一切必要なくなるからです。

まとめると、家の外観を美しくすることが出来れば、
誰もが羨ましがるような
素敵なお家で暮らすことが出来るだけじゃなく、
初期費用としてかかる外構工事費用や、
継続コストとしてかかる
メンテナンスコストもカットしてくれるため、
素敵なお家をより安く手に入れることが出来ます。


いかがですか?
こういった説明を受けるのと受けないのとでは、
図面に受ける印象が全く違ってくると思いませんか?

あなたに提案させていただくプランは、
動線はもちろんのこと、
景観やコスト、防犯やプライバシー、
そして耐震や住みやすいさなど全てについて
同時に考えながら出来上がったものです。

ですから、自分で住む家だから
自分で色々と考えたい気持ちも分かりますが、
本当に住みやすいことはもちろんのこと、
美しい外観にしたいとお考えであれば、
プロである設計士に
まずは任せてみていただければと思います。

株式会社相馬建築では随時、家づくり相談を行っております。
家づくりを始める前に失敗しない住宅ローンの選び方や
知っておいてほしいことや集めておくべき情報を
分かりやすくお伝えします!

ご相談はのご予約はお電話(0172-40-0237)
またはホームページからお問い合わせください。

http://www.soma-arc.jp/

家が広いだけで開放感があるわけではない

家が広いだけで開放感があるわけではない

以前に比べて、
仮に、あなたが家づくりを具体的に考えていて、
色んな住宅会社に家を見に行っているとしたら、
"床面積23坪弱の家"と聞くと、
とてつもなく小さくて狭い家を
想像してしまうかもしれません・・

ましてや、家族4人がその広さのお家で暮らすとなれば、
なおのこと「そんな広さで大丈夫なの?」と、
思ってしまうことでしょう。

しかし、実際はそれぐらいの床面積があれば、
家族4人が住みにくさを感じることなく暮らしていくことが出来る、
ゆったりとした住まいをつくることが出来ます。


おはようございます。
相馬建築の相馬です。

世の中的には、
例えば、こちらのお家は、
延床面積23坪弱のお家ですが、
その面積からは想像がつかないスペースが確保されています。

まず、杉板張りのお洒落な玄関をくぐると、

家が広いだけで開放感があるわけではない

玄関には、靴をたくさん置きながらも、
ベビーカーや冬服なども置いておける
土間収納が確保されています。

家が広いだけで開放感があるわけではない

そして、寝室はもちろん、
2人分の子供部屋もゆったりと確保出来ています。

家が広いだけで開放感があるわけではない

また、一般的な家は、
洗面と脱衣が一緒になっていることが当たり前ですが、
こちらのお家は、洗面室と脱衣室を仕切らせていただき、
かつ脱衣室だけで2帖という広さを確保させていただくことで、
脱衣室にタオルや下着が置けると同時に、
雨の日は脱衣室で室内干しが出来るようにしました。

家が広いだけで開放感があるわけではない

しかも、この脱衣室から、
晴れた日の洗濯干場となるウッドテラスまでは、
わずか数歩で行けるし、
かつ、取り込んだ後の片付けもしやすいようにと、
ウッドテラスの近くに、
3帖のゆったりファミリークローゼットも
つくらせていただいているんですよね。

そして、こちらのお家で最も重視させていただいた空間は、
もちろんリビングダイニングキッチンです。

家が広いだけで開放感があるわけではない

こちらのお家では、手前にあるタタミのスペースも合わせて、
20帖という圧倒的な広さにさせていただきました。

家が広いだけで開放感があるわけではない

そして、リビングの向こうには、
4帖のウッドテラスが広がっているのですが、
このスペースをつくることで、
毎日の暮らしに彩りと豊かさをもたらしてくれます。

日中ずっと光をたっぷり採り込んでくれるし、
いつも家の中に居ながら外を感じさせてくれるし、
タタミに寝転がりながら空を眺めることが出来るからです。

いかがですか?

とてもじゃないけど、
23坪弱の床面積からは想像もつかないような
ゆったりした住まいだなと
感じていただけたのではないでしょうか?
また、ものすごく明るくて開放的な家だなと
感じていただけたのではないでしょうか?


コンパクトなのに明るくて開放的でゆったりしている秘密

北側接道で、かつ3方全て家に囲まれているとしたら、
こんなにコンパクトなお家なのに、
明るく開放的でゆったりしているように感じるのは、
このお家が"平屋"だからです。

平屋にすれば、階段や廊下を全てカットすることが出来るし、
全ての部屋が使いやすくなるため、
余分な部屋をつくる必要もなくなります。

結果、合理的に家をコンパクトにすることが出来、
2階建ての家よりもむしろ
安い価格で家を建てることが出来るようになります。

また、家がコンパクトになれば、
最小限の光熱費で温度差のない家にすることが出来るため、
より快適に過ごしていただけるようになります。

さらに、家の重心が低くなることで、
必然的に家の耐震性が高くなるのはもちろん、
同時に、家の耐久性も高くなります。
2階建てに比べて強風の抵抗も受けにくいし、
重量車両の通行による震動の影響も受けにくいからです。
また、上からかかる荷重も少ないからです。

このように、平屋には、
性能面でも、またコスト面でも素晴らしいメリットがあるので、
高そうという理由だけで、最初から諦めるのではなく、
ぜひ選択肢の1つとしてお持ちいただければと思います。

きっと、ほとんど土地で、
平屋を建てることが出来るはずですしね。

株式会社相馬建築では随時、家づくり相談を行っております。
家づくりを始める前に失敗しない住宅ローンの選び方や
知っておいてほしいことや集めておくべき情報を
分かりやすくお伝えします!

ご相談はのご予約はお電話(0172-40-0237)
またはホームページからお問い合わせください。

http://www.soma-arc.jp/

長期休暇は家計の敵!?

長期休暇は家計の敵!?

以前に比べて、
最近はなんだか休みが多くなったような気がしているのですが
さすがにあまりに休みが多いと、
一体どんな風にして過ごせば良いのか頭を悩ましませんか?

家に居たら居たで、間違いなく、
食って、寝て、テレビ見て、の繰り返しの
ダラダラ生活になるだけですし、
また、そんな時間を過ごそうものなら、
子供たちからどこか連れて行けとせっつかれそうやし・・

かといって、
外に行ったら行ったで、どんどんお金を使ってしまい、
見る見るうちに財布のお金が減っていくことになるだけですし・・

ホント、休みが多いって、
嬉しいような悲しいような、
なんとも言えない微妙なコトだなーって
思ってしまうのは自分だけなのでしょうか?


おはようございます。
相馬建築の相馬です。

世の中的には、
働き改革が進んでいることで、
もっと休みを取った方がいい!とか、
残業も減らした方がいい!
という流れになっていっています。

しかし、
働いている時間は、お金を稼ぐ時間であるのに対し、
休んでいる時間は、お金を使う時間であることから、
単純に休みが多くなればなるほど、
お金は手元からどんどん減っていってしまいます。

また、残業を減らし早く帰るようにすれば、
これまたお金を使う時間が増えてしまうことになります。

もちろん、
ストレスを抱えながら仕事をすることは良くないし、
今は、共働きが当たり前なので、
仕事と家庭の両立のためにも、
この働き方改革は必要不可欠なことなのかもしれません。

しかしながら、
こういった制度の上辺だけを見てしまうことで、
まるで休むことが正義のような考え方になってしまうと、
多かれ少なかれ、
あなたの手元からお金が減ってしまうことになります。


出て行くお金をいかに抑えるか?を考える

北側接道で、かつ3方全て家に囲まれているとしたら、
手元に残るお金を増やすためには、
収入を増やしつつ、
支出を減らすようにしなければいけないのですが、
手元に入ってくるお金を増やすことは、
とっても難しいものです。

例えば、給料の手取り金額を3万円上げたいと思えば、
給料を3万円増やせばいいのではなく、
5万円増やさないといけないのですが、
5万円も毎月の給料を上げようと思えば、
一体どれくらいの年月が必要でしょうか?

5年?10年?
あるいは、こんな景気が続くようならば、
このまま一生難しいかもしれませんよね?

もちろん、給料を増やすための努力は、
誰もがしなければいけません。
しかし、努力したから必ず増えるというものでもないので、
やはり、お金の使い方についてしっかり考え、
支出をコントロールすることが大切なのではないでしょうか?

例えば、家づくりにかける費用1つをとってみても、
毎月の返済を7万円でするのと、
毎月の返済を10万円でするのとでは、
毎月の自由に使えるお金が3万円も違ってきます。

これが35年もの間ずっと続くとなれば、
3万円×12ヶ月×35年=1260万円も、
自由に使えるお金が違ってくることになるのですが、
多くの方が、疑いもなく世の中の当たり前に従うことで、
より多くのお金をかけながら家づくりをしてしまいます。

一生に一回の買い物だから妥協したくない・・
という気持ちの方が強くなってしまうがゆえに。

しかし、この3万円が節約出来れば、
老後資金が1260万円も変わってくるし、
実は、視点を変えて家づくりをすれば、
3万円節約しながら、とってもいい家に住むことが出来ます。

その秘密は、
もちろん家そのものにもあるわけですが、
それだけではありません。
その秘密は、土地探しにも隠されています。
その秘密は、庭づくりにも隠されています。

ですから、あなたが、
これらの秘密を知ることで、
全てにおいて妥協することなく、
最小限のコストで最高の住まいをつくりたい・・
そう願われるのであれば、
一度弊社にお越しいただければと思います。

例外なく全ての方に、
最小限のつくりで最大限の豊かさをお届けしますから。


株式会社相馬建築では随時、家づくり相談を行っております。
家づくりを始める前に失敗しない住宅ローンの選び方や
知っておいてほしいことや集めておくべき情報を
分かりやすくお伝えします!

ご相談はのご予約はお電話(0172-40-0237)
またはホームページからお問い合わせください。

http://www.soma-arc.jp/

家の良し悪しを大きく左右する窓

家の良し悪しを大きく左右する窓

家の良し悪しを大きく左右する窓

仮に、このような分譲地に家を建てるとなれば、
このような配置で家を建てることになります。

しかし、このような配置で
家を建てることを前提とした場合、
北側接道の場合にせよ、南側接道の場合にせよ、
それぞれに何らかの問題が発生します。


おはようございます。
相馬建築の相馬です。

では、それぞれのケースで
考えていってみましょう。

北側接道の場合

北側接道で、かつ3方全て家に囲まれているとしたら、
赤い波線部分に大きな窓をたくさんつくっても、
それほど光は入ってきません。
隣の家との距離が近いからです。

それゆえ、赤の波線部分に
大きな窓をつくることを前提とした間取りではなく、
室内に光が採り込みやすくなるように
間取りを考えないといけません。

そうしないと、日中ずっと光が入ってこない
リビングダイニングキッチンになってしまい、
朝から照明なしでは過ごせないような
薄暗くどんよりした家になってしまいます。


むやみに窓をたくさんつくることはデメリットになる

このように、ただ単純に南に窓をつくれば、
それだけで明るくなるわけでもないし、
窓をたくさんつくれば、
それだけで明るくなるわけでもありません。

また、窓をたくさんつくれば、
その分カーテンやシャッター、
そして目隠しや塀といった
余分なコストがかさむことになるだけですし、
窓をたくさんつくれば
外観に汚い垂れジミを、
余分につくってしまうことにもなります。
そして、外壁の汚れが気になり、
塗り替えサイクルが早まり、
さならなる余分な出費を招いてしまうことになります。

さらに、もっと突っ込んだ話をすれば、
窓をたくさんつくれば、
その分、断熱性能は低下するし、
耐震性能も低下することになってしまいます。
窓が多い分、壁が少なくなるわけですからね。

ということで、
土地を選ぶ時も、そして間取りを考える時も、
光をどうやって採り込むのかを
しっかり考えながら進めていただければと思います。

そうすることによって、
カーテンやシャッターなどのコストが
必然的に省けるようになるし、
目隠しや塀などの余分なコストも省けるようになります。

また、窓の数も最小限に抑えることが出来れば、
必然的に断熱性能も高くなるし、
同時に耐震性能も高くなります。
そして、外壁に出来る垂れジミも減ることから、
外壁の塗り替えサイクルも長くなります。

そして、なによりプライバシーが担保された
とっても居心地がいい住まいが出来上がります。

ぜひ、こんなたくさんのメリットに囲まれた
素晴らしい住まいづくりをしていただければと思います。


株式会社相馬建築では随時、家づくり相談を行っております。
家づくりを始める前に失敗しない住宅ローンの選び方や
知っておいてほしいことや集めておくべき情報を
分かりやすくお伝えします!

ご相談はのご予約はお電話(0172-40-0237)
またはホームページからお問い合わせください。

http://www.soma-arc.jp/

たとえリビングダイニングキッチンと言えど、やみくもに広くしない方がいい理由

たとえリビングダイニングキッチンと言えど、やみくもに広くしない方がいい理由

リビングダイニングキッチンは、
窮屈にならないように出来るだけ広くしたい・・
開放的で明るい場所にしたい・・
誰しもが、このようにお考えではないでしょうか?

もちろん、私も自分の家を建てる時にはこのように考え、
出来る限りリビングダイニングキッチンを広くつくりました。

ですが、長きに渡り家づくりをしている経験と、
今まで自分の家で暮らしてみて至った結論は、
"リビングダイニングキッチンにも適度な広さがある"
ということです。


おはようございます。
相馬建築の相馬です。

とにかく、出来る限り広くつくった
我が家のリビングダイニングキッチンですが、
この空間がいつも一体どのような状況になっているのか?
と言うと・・


常にモノにあふれている

例えば、大きな窓をたくさんつくっている家は、
状態です・・・
片付けど片付けど、
3日もすれば元に戻っているって感じですね(泣)

いつもみんなが集うリビング周りに
いろんなモノが集中するのはもちろん、
ダイニングテーブルとソファーの間に出来た余分な空間に、
子供たちが学校や塾のモノ、
そして制服やパジャマ、普段着などを、
そのまま置きっぱなしにするからです。

まっ、明日使うと分かっているものや、
いつも使うものを、
わざわざ2階まで持ち運びするのって
めちゃくちゃ面倒なので、
仕方ないといえば仕方ないんですけどね・・・


広げた分だけ家のコストも高くなる

また、家の面積を広げると、
それに連動して家のコストも高くなってしまいます。

LDKを2帖広げようとすれば、
それだけで家の価格は60万円高くなってしまうし、
LDKを4帖広げようとすれば、
それだけで家の価格は120万円高くなってしまう
という感じに。

それゆえ、コスト面で考えてみても、
たとえリビングダイニングキッチンであろうとも、
必要以上に部屋を広げ過ぎないようにすべきである
ということが言えます。

わざわざお金を掛けて、
余計に散らかりやすい家にしてしまっている・・・
といっても過言ではないわけですからね。


スッキリリビングを維持しやすい工夫

リビングダイニングを無駄に広くしても、
それが散らかる原因となってしまうのだとしたら、
リビングダイニングの広さを適度な広さにし、
当たり前のように2階につくろうとする子供部屋を、
1階につくってみるというのはどうでしょうか?

子供部屋を1階につくれば、
自分たちの荷物を自分の部屋に持って行ってもらいやすいし、
自分たちの部屋を使ってくれやすくなるため、
リビングダイニングを、いつもスッキリしたままで
保ちやすくなるのではないでしょうか?

仮に、あなたがダイニングには、
4人掛けのテーブルを置き、
そこで家族みんなで食事をし、
3人掛けのソファーをリビングに置きたい・・
そうお考えであれば、
リビングダイニングキッチンの広さは
16帖もあれば充分です。

コスト的に充分なゆとりがない場合、
それ以上広くつくる必要はありません。
広げればその分、コストが上がるだけじゃなく、
散らかりやすい家になってしまうだけですからね。

ということで、出来るだけ広くしたいという
気持ちも分かりますが、
それよりも、いかに使いやすく住みやすいのか
という点に焦点を当てて
家づくりをしていただければと思います。


株式会社相馬建築では随時、家づくり相談を行っております。
家づくりを始める前に失敗しない住宅ローンの選び方や
知っておいてほしいことや集めておくべき情報を
分かりやすくお伝えします!

ご相談はのご予約はお電話(0172-40-0237)
またはホームページからお問い合わせください。

http://www.soma-arc.jp/

外構費用を200万円カットするために必要な2つの要素

外構費用を200万円カットするために必要な2つの要素

外構工事には、想像しているよりも
遥かにお金がかかります。
例えば、ものすごく立派な庭だなと
感じるお家があったとしたら、
おそらくその庭には、
ざっと300万円~400万円は
工事費用がかかっていることでしょう。

それゆえ、外構工事に関しては、
資金計画で充分な予算を確保しておくか、
あるいは、そもそも外構工事を
それほどしなくていいように
家づくりの計画を立てるかの、
いずれかの選択をしなければいけません。

おはようございます。
相馬建築の相馬です。

もちろん、弊社では、
外構工事が最低限の予算でおさまるような
家づくりの提案をさせていただいているのですが、
それは2つの秘訣によって実現可能となります。


秘訣1:防犯性に優れた家を建てる

例えば、大きな窓をたくさんつくっている家は、
・外から家の中が丸見えになる・・
・窓を見れば間取りが分かってしまう・・
・防犯性が悪い・・
・外観があまり美しくない・・ため、
それらを外構によって、
カバーしなければいけません。

敷地に入ってこられないように、
隣との境界につくる塀。
家の中を外の視線から守るための、
またウッドデッキを使いやすくするための
目隠しや植栽。
家を惹き立てるためにつくる、
門やアプローチ。

こういったものに
多額の費用をかけることによって、です。

外構費用を200万円カットするために必要な2つの要素
外構費用を200万円カットするために必要な2つの要素


他方、このような家を建てた場合、
・外から家の中が全く見えない
・間取りが分からない
・防犯性が高い
・家の外観が美しい
ことから、先程のような
外構工事をする必要が一切なくなります。

家の外壁が塀代わりになるため、
そもそも塀が必要じゃなくなるし、
視線を防ぐための目隠しや植栽も
一切必要ないからです。
また、家を惹き立てるための、
門やアプローチなども
一切必要がないからです。

秘訣2:土地に余白をつくらないようにする

そして、もう1つの秘訣が、
土地に無駄な余白をつくらないことです。

そのためには、まずは無駄に広い土地を
買わないようにしなければいけません。

例えば、あなたが4人家族で、
ゆったりと暮らせる平屋が建てたいとお考えであれば、
その敷地は50坪~60坪もあれば充分です。

ですが、多くの方が、
80坪?100坪ぐらいの広さがないと、
平屋が建てられないと思い込んでしまっており、
無駄に広い土地を買おうとしてしまいます。

ですから、まずは、
自分が建てたいと思っている家に
必要な土地の広さを知った上で、
土地探しをするようにしなければいけません。

そして、次に、
無駄な余白が残らないように
建物を配置するようにします。

例えば、一般的には、
土地の広さが50坪あれば
平屋を建てることが出来るのですが、
その広さの土地には、
当たり前のように、
総二階建ての家が建ち並んでいます。

というのも、総二階建ての家が、
最もコスパに優れているという
思い込みを誰もがお持ちだからです。

ですが、この場合、
外構工事費用が高くなってしまいます。
先程お伝えした、塀や目隠しや植栽、
そして門やアプローチなどを
つくらないといけなくなるからです。

また、余白が多くなれば、
その分、草抜きの手間がかかるようになるし、
落ち葉の掃除や、木の剪定などにも、
これから先ずっと
手間がかかり続けることになります。

それゆえ、
1階を出来るだけ大きくつくることによって、
この費用と手間をカットすべき、なんですよね。

ただ、1階が大きくなれば
それに伴ってコストも割高になってしまうため、
コストが上がらないような
間取りのつくり方が
必要不可欠になってくるんですけどね。

しかし、この2つのルールに従って
家を建てるようにすれば、
外構工事の予算を大幅に圧縮することが出来ます。
また、それだけじゃなく、
土地購入予算も大幅に圧縮することも出来ます。
さらに、家のコストも大幅に圧縮することが出来ます。

つまり、家づくりの総コストを
大幅に圧縮することが出来るというわけですね。

土地にも家にも庭にも、たくさんお金を使うのか?
土地・家・庭にかかるコストを全て圧縮して、
その浮いたお金を、趣味や旅行、思い出づくり、
子供の教育資金、やがて迎える
老後資金などに充てるようにするか?

さて、あなたなら、
どちらを選択されますか?・・


株式会社相馬建築では随時、家づくり相談を行っております。
家づくりを始める前に失敗しない住宅ローンの選び方や
知っておいてほしいことや集めておくべき情報を
分かりやすくお伝えします!

ご相談はのご予約はお電話(0172-40-0237)
またはホームページからお問い合わせください。

http://www.soma-arc.jp/

一日中明るい家の正しいつくり方

一日中明るい家の正しいつくり方

明るく開放感がある家にするためには、
カーテンを閉めなくてもいい窓をつくりながら、
窓から入ってくる光を
家全体に拡散させないといけないのですが、
残念ながらほとんどのお家が、
そうはなっていません。


おはようございます。
相馬建築の相馬です。

一般的に、このような狭小地で
例えば、本来キッチンは、
朝からずっと明るくあるべき場所なのですが、
北に配置されがちな上、
小さめの窓をつけがちであることから、
薄暗く、電気なしでは
居られない場所になってしまいます。

また、大きな窓をつけることが
当たり前のリビングも、
日光がたっぷりと降り注ぐ
明るい場所のように思いますが、
外から丸見えになってしまうことと、
日差しが眩し過ぎること、
そして暑くなり過ぎることから、
遮光カーテンやシャッターを閉め切ってしまい、
電気なしでは居られない場所となってしまいます。

そして、ただでさえ薄暗いキッチンを
さらに暗くしてしまう原因となってしまいます。

それゆえ、家全体を、
まんべんなく明るく保てるようにするために、
どんな土地でも、
単純に南の方向に大きな窓をつくるのではなく、
敷地に合わせて、光の採り込み方を
変えるようにしないといけないんですよね。


狭小地でも朝から安定した明るさを保つ方法

こちらのお家は、南側接道の
日当たりが良い土地に建っているのですが、
その道が比較的交通量が多いため、
単純に南に大きな窓をつくってしまうと、
外から家の中が丸見えになってしまいます。

一日中明るい家の正しいつくり方
それゆえ、あえて1階の南には窓をつくらず、
リビング上部に吹抜けをつくり、
リビングダイニングキッチン全体に、
光を届けるようにしました。

一日中明るい家の正しいつくり方

"吹抜け"のデメリットとメリット

しかし、吹抜けをつくると、
熱がそこに逃げることで、
リビングが寒くなりそうな気がして、
それを理由に諦めようとしている方も、
決して少なくないのではないでしょうか?

ですが、そのネガティブな側面は、
使用する断熱材や断熱と気密の強化、
それから、廊下をはじめとした
無駄なスペースを最大限にカットすることで、
家を最小限の大きさに出来れば、
大幅に緩和することが出来ます。

そして、吹抜けから得られる
素晴らしい恩恵を
たっぷりと享受することが出来ます。

まず、こちらの住まいは、
朝から夕方までずっと、
吹抜けの窓から光が入り続けます。
光を遮断するものが何もないですからね。

朝は、東から入ってきた光が、
吹抜けの西側の壁に反射し、
反射光として室内へと拡散していきます。

昼間は、室内にたっぷりと光が降り注ぎます。
とりわけ、太陽高度が低くなる冬は、
奥のキッチンの方まで、
深く光が射し込んで行くので、
北にあるキッチンが明るく暖かい場所になります。

夕方は、西から入ってきた光が、
吹抜けの東側の壁に反射し、
反射光として室内へと拡散していきます。

このようにして、こちらの住まいは、
リビングダイニングキッチンを、
一日中安定的に明るく保つことが出来る
というわけなんですよね。

明るいだけじゃなく、
開放感もたっぷり感じられますしね。

また、熱が逃げるというネガティブな側面も、
吹抜けに面してつくった2階の部屋に、
その余熱が伝わると考えれば、
決してネガティブなものではなくなります。

例えば、こちらの住まいは、
寝室を吹抜けに面してつくっているのですが、
おそらく、冬寝に行く時、
リビングからの余熱が寝室に伝わっていることで、
大なり小なり寒さが緩和されることでしょう。

吹抜けに面する部屋が子供部屋の場合も、
親と子供がお互いの気配を感じやすくなるため、
使ってもらいにくい2階の子供部屋を
子供たちが使ってくれやすくなる
かもしれないですしね。

つまり、吹抜けを上手く利用することで、
結果的に、家全体を無駄なく使うことにもつながる
というわけですね。

いかがですか?

アパートや実家のように、
薄暗い家は絶対に嫌だなー
絶対に明るくて暖かい家にしたいなー
もし、あなたがそうお考えであれば、
「家にはカーテンがあって当たり前だ」
という固定概念と、
「常に一番南には大きな窓をつくるべきだ」
という固定概念を、
一旦リセットしてみていただければと思います。


株式会社相馬建築では随時、家づくり相談を行っております。
家づくりを始める前に失敗しない住宅ローンの選び方や
知っておいてほしいことや集めておくべき情報を
分かりやすくお伝えします!

ご相談はのご予約はお電話(0172-40-0237)
またはホームページからお問い合わせください。

http://www.soma-arc.jp/

実生活のことまで熟慮した間取りづくり

実生活のことまで熟慮した間取りづくり

例えば、30~35坪ぐらいしかない土地は、
"狭小地"と呼ばれる土地の部類に入るのですが、
こういった土地に家を建てる場合、
暗い、閉塞感がある、片付けにくい、
使いにくい、といった家になってしまいやすいため、
こうならないよう配慮しなければいけません。


おはようございます。
相馬建築の相馬です。

一般的に、このような狭小地で
家を建てるとなると、
当たり前のように2階建てになります。

そして、1階には、
リビングダイニングキッチンと水回りが配置され、
2階には、寝室と子供部屋が配置されるのですが、
このようなお家で犯しやすい失敗は、

◆少しでも光を採り込もうと
窓を多くつくったものの、
逆に家の中が丸見えになってしまい、
結局カーテンが開けられず
家の中が薄暗くなってしまった・・・

◆必要な場所に収納が不足してしまい、
片付けにくく、いつも散らかっている
掃除までもしにくい家になってしまった・・・

◆洗濯動線を考える時、
干す→取り込む→たたむ→片付ける、の
全ての流れを考えて動線をつくっていないため、
実際住んでみて初めて、
その動線の悪さと不便さに
気付くことになってしまった・・・

といったことです。
つまり、生活面において、
よくない影響が出てしまうというわけですね。

それゆえ、光の採り込み方はもちろん、
収納のつくり方、そして家事動線のことも、
実生活のことを考えながら、
間取りをつくるようにしなければいけないんですよね。


景観にも配慮した理想的な動線


実生活のことまで熟慮した間取りづくり
例えば、実家の隣に建っていた古い家を取り壊し、
建て替えさせていただいたこちらの住まいは、
敷地は、いわゆる狭小地と呼ばれる、
一般の方が見たら「ここに家って建つの?」
と疑問に思うぐらい狭い土地でしたが、
このような敷地条件の中でも、
毎日しなければいけない洗濯の
一連の作業が非常に楽になるような
間取りをご提案させていただきました。

このお家が建つ土地は、
接道が南であるため、
1階の一番北に水回りを配置し、
2階の一番南にベランダをつくり、
そこに洗濯物を干すという間取りを
つくってしまいやすい土地です。

しかし、そのような間取りにしてしまうと、
水回りは薄暗くて寒くなってしまう上に、
脱衣室から一番遠いところまで、
重たい洗濯物を持ち運びしないといけなくなります。
毎日、階段を上下しつつです。

これって、歳をとるに連れて
どんどん辛くなっていきますよね?
そして、足腰が弱くなってしまった時には・・・

それゆえ、限られた広さの土地ではあるものの、
こちらの住まいでは、1階で洗濯作業の全てが
解決する間取りとさせていただきました。

実生活のことまで熟慮した間取りづくり
まず、洗面脱衣室を少し広めにつくり、
かつ南向きにさせていただきました。
そして、その窓の向こうには、
洗濯物が干せるデッキをつくらせていただきました。

こうすることで、晴れた日は、
洗濯機からわずか数歩で、
太陽が当たる場所に洗濯物が干せるし、
花粉などが厳しい時期は、
太陽が射し込む洗面脱衣室に
室内干ししておくことも出来ます。

また、そのデッキへは、
リビングからも続くようにしているため、

実生活のことまで熟慮した間取りづくり

乾いた洗濯物を、
リビングに取り込むことが出来ます。

さらに、リビング近くに、
ファミリークローゼットをつくっているのですが、
これは、乾いた洗濯物を、
そのままクローゼットの中のハンガーパイプに
干しておけるようにするためでもあります。

いちいち全部たたむのも大変ですからね。
そのまま吊れるものは、
吊っておけばいいわけですもんね。

もちろん、洗濯物を干すデッキは、
周囲から丸見えにならない場所につくっているし、
かつ周りから見えないように目隠しもしているので、
家の景観も美しい状態のまま維持出来ます。

いかがですか?
景観にも配慮しつつ、
理想的な動線の住まいになっているでしょ?

ということで、今回はここまでにして、
引き続き次回も、こちらの住まいについて、
別の角度からお伝えしていきたいと思います。

株式会社相馬建築では随時、家づくり相談を行っております。
家づくりを始める前に失敗しない住宅ローンの選び方や
知っておいてほしいことや集めておくべき情報を
分かりやすくお伝えします!

ご相談はのご予約はお電話(0172-40-0237)
またはホームページからお問い合わせください。

http://www.soma-arc.jp/