新築のキッチンの適切な広さについて専門業者が解説します!

新築のキッチンの適切な広さについて専門業者が解説します!_main.jpg

新築をお考えの方はいませんか?
「新築でキッチンをどのくらいの広さにしたらいいのかわからない!」
「使いやすいキッチンにするにはどうしたらいいんだろう。」
このように、新築でキッチンの広さについて知りたい方は多くいらっしゃると思います。
しかし、適切なキッチンの広さをご存知でない方は多いですよね。
そこで今回は、新築のキッチンにおける適切な広さを解説します。

新築のキッチンの適切な広さについて専門業者が解説します!_①.jpg

□キッチンの種類は?

キッチンにはいくつかの種類があります。
それぞれの特徴を見ていきましょう。

*壁付きキッチン

壁付きキッチンとは、部屋の壁に配置するキッチンを指します。
壁に向かって調理を行うため、汚れや臭いが広がりにくいといった良い点があります。

*対面・カウンターキッチン

対面キッチンは、ダイニングに向かって配置されているものです。
対面キッチンでは、ダイニングに面しているため、家族とのコミュニケーションをとりながら作業できるといった良い点があります。

*オープン対面キッチン

対面キッチンの特徴は、壁で空間を区切らないところにあります。
オープンキッチンには、アイランド型とペニンシュラ型があります。
アイランド型はよく耳にすることが多いですよね。
この型は、キッチンが壁から離れている形です。
もう一つのペニンシュラ型は、キッチンの一辺が壁についている形です。
どちらもダイニングに対してより開放的といった良い点があります。


□キッチンの広さは?

標準的なキッチンの広さを見ていきましょう。

*必要な空間の広さ

キッチン空間に必要な広さは、キッチンセットのレイアウトパターンによって異なります。
しかし、標準的には4.5畳ほどで良いと言われています。
ダイニングキッチンの場合は、8~12畳、リビンクとダイニングとキッチンが一緒の部屋では約15畳以上が目安になるでしょう。
また、近年では20畳以上のリビングとダイニングとキッチンが一緒の部屋も増えてきています。
ご家族の人数やライフスタイルに合わせた広さを選ぶようにしましょう。

*キッチンに必要な幅

キッチンで動線を確保するために、幅は大切なポイントです。
キッチンの出入り通路には、両手に食器を持って通れる幅の80センチ前後が標準です。

新築のキッチンの適切な広さについて専門業者が解説します!_②.jpg

□まとめ

今回は、新築のキッチンにおける適切な広さを解説致しました。
キッチンの種類と適切な広さについてご理解いただけたでしょうか。
当社では、新築についてのご相談を随時受け付けております。
新築の専門家が、お客様をサポート致します。
新築についてご検討の際は、ぜひ一度、当社までお問い合わせください。
詳しくはホームページをご覧ください!
http://www.soma-arc.jp/

PageTop