デザイン住宅とは?メリットとデメリットをご紹介します!

「投稿可」デザイン住宅ってどんな家?メリットとデメリットをご紹介します!_main.jp.jpg

デザイン住宅のご購入をお考えの方はいませんか?
「デザイン住宅のメリットとデメリットを知りたい。」
「そもそもデザイン住宅とは、どんな家なのか。」
このように、デザイン住宅について気になっている方が多くいらっしゃると思います。
そこで今回は、デザイン住宅について解説し、メリットとデメリットをご紹介します!

デザイン住宅ってどんな家?メリットとデメリットをご紹介します!_①.jpg


□デザイン住宅とは?

一般的には、都心部の少し変な形の土地に、建築士や建築家に設計を依頼してつくるような住宅のことを指します。
近年、従来の建売住宅では満足できない人が増えています。
ライフスタイルの変化や価値観の多様化により、自分だけの独自の住宅を希望する人が増えているのかもしれません。
中でも、デザイン住宅というジャンルは、お施主のより個性的なデザインやこだわり、通常の注文住宅では現実的でない要望にも答えられる可能性があります。


□メリット

*特徴のある土地への対応力が高い

一般の工務店やハウスメーカーの家は、ある程度規格が存在し、そのアレンジで家を建てることが通常です。
そのため、狭小地のように特徴のある土地への対応力が低いです。
一方で、建築士や建築家が一棟一棟設計を行うデザイン住宅は、このような特徴のある土地への対応力が高いことがメリットです。

*オリジナル性が高い

家の設計だけでなく、建築資材や設備に至るまですべて希望のテイストで揃えてもらえます。
輸入物を含め日本国内で手に入るすべてのものが対象なので、建築資材の組み合わせは、無限大です。

*監理もしてくれる

設計どおりに施工が進んでいるのかどうかのチェック作業を「監理」と呼びます。
建築家は、お施主と一緒に考えた設計内容の実現具合を、現場に何度も足を運び細かくチェックしてくれます。


□デメリット

*完成までに時間がかかる

デザイン住宅は、デザインだけでなく建築資材や設備もすべて決める必要があります。
そのため、打ち合わせから着工、そして完成までに時間がかかります。

*デザイナーの主張が強すぎる場合

デザイナーの売りは個性のあるデザインです。
中にはこだわりや主張が強いデザイナーもいるため、どんなにこちら側が希望を伝えても、飲み込んでくれないケースがあります。

デザイン住宅ってどんな家?メリットとデメリットをご紹介します!_②.jpg


□まとめ

今回は、デザイン住宅について解説しました!
当社では、デザイン住宅についてのご相談を随時受け付けております。
デザイン住宅の専門家が、お客様を全面的にバックアップいたします。
ぜひ一度、当社までお問い合わせください。
詳しくはホームページをご覧ください!
http://www.soma-arc.jp/

PageTop