理想の新築のキッチンとは?適切な広さやかたちを解説します!

「投稿可」理想の新築のキッチンとは?適切な広さやかたちを解説します!_main.jpg

新築のキッチンの広さやかたちについてお悩みの方はいませんか?
「家を建てるからには、キッチンのもこだわりたい。」
「キッチンの適切な広さや形がわからない。」
このように、新築のキッチンの広さや形についてお悩みの方が多くいらっしゃると思います。
そこで今回は、新築のキッチンの適切な広さや形について解説します!

理想の新築のキッチンとは?適切な広さやかたちを解説します!_①.jpg


□キッチンの広さ

キッチン空間に必要な広さは、レイアウトパターンによっても違ってきます。
標準的には、4.5畳ぐらいあれば良いとされています。
ダイニングキッチンになれば、8畳〜12畳が目安です。
LDKワンルームタイプでは、14畳以上が目安です。
最近では、広々としたLDKに人気がありますので、20畳ぐらいのLDKもめずらしくありません。
家全体のバランスやライフスタイルなどを考慮して、必要なスペースを考えましょう。


□キッチンの形

*壁付I型キッチン

壁付キッチンのメリットは、オープンキッチンと違い、水はねや油汚れなどが飛び散らず壁でガードできるという点です。
そのため、お掃除がしやすいキッチンです。

*対面型キッチン

作業スペースの全面がオープンになっており、リビングとのつながりを持てるため、開放感のあるキッチンスペースです。
加熱機器部分に壁があるので、油はねが気にならない点がメリットです。

*アイランド型キッチン

アイランドキッチンとは、壁から離れて配置されたキッチンです。
メリットは、家族とのコミュニケーションが取りやすい空間を作れる点です。
一方、部屋の真ん中にキッチンを配置するため、かなりの部屋の広さが必要です。


□キッチンのサイズ

家具やキッチンなどが置かれていない部屋は、広く見えます。
そのため、実際に配置してみると「思っていた広さと全然違う」ということがよくあります。
それを防ぐためにも、キッチンや冷蔵庫、食器棚の配置を考え、どの程度の幅が必要なのかを考えることが必要です。
家具選びと、キッチン選びが並行してできると理想的ですね。
また、キッチンの大きさは、各家庭によって異なります。
たとえば、身長差がある夫婦の場合、キッチンの高さに悩むかもしれません。
その場合「誰がメインでキッチンを使うのか」をよく考えましょう。

理想の新築のキッチンとは?適切な広さやかたちを解説します!_②.jpg


□まとめ

今回は、新築のキッチンの適切な広さや形について解説しました!
当社では、新築のキッチンについてのご相談を随時受け付けております。
新築住宅の専門家が、お客様を全面的にバックアップいたします。
ぜひ一度、当社までお問い合わせください。
詳しくはホームページをご覧ください!
http://www.soma-arc.jp/

PageTop