注文住宅のローンの組み方はどうする?青森の業者が解説!

「投稿可」注文住宅のローンの組み方はどうする?青森の業者が解説!_main.jpg

注文住宅のローンでお悩みの方はいらっしゃいませんか?
「注文住宅を建てたいけれど、ローンの組み方がわからない。」
「憧れの一軒家を建てたい。」
「そもそも注文住宅ってどうやって建てるの?」
このように思ったことがある方もいらっしゃるかもしれません。
近年、地震や豪雨などの自然災害が頻発しており、建物に耐久性が求められている中、住居を建て直したり、リフォームしたりする人が増えています。
しかし、いざ注文住宅を建てると言っても、どのようにローンを組めば良いのかわからない方も多いのではないのでしょうか?
そこで今回は、青森の方に向けて、注文住宅のローンの組み方についてご紹介します。

注文住宅のローンの組み方はどうする?青森の業者が解説!_①.jpg

□融資を受け取る

始めに融資の受け取り先を決めます。
融資の受け取り先は大きく分けて2つあります。

*民間融資

民間の銀行などが運営する融資です。
公的融資に比べて金利が高いですが、個人や法人に対して積極的に融資を行なっているため審査が通りやすいです。

*公的融資

市や地域自治体による融資です。
他の融資に比べて金利が最も低いですが、融資を受け取る際の審査が厳しいです。


□住宅ローンのプランを選ぶ

住宅ローンには金利が変動するものと、金利が固定されているものがあります。

*金利が変動する

金利が下がった際には低い値段で借り入れられますが、金利が上がった際には高い値段を払う必要があります。
お金を余分に払うリスクがあるため、金利が安くなると分かっている時や、借り入れ金額が低い方、経済的に余裕がある方におすすめします。

*金利が固定されている

金利の上下によって返済額が変わりません。
お金を必要以上に払うリスクがないため、金利が高くなると分かっている時や借り入れ金額が高い方、経済的に余裕がない方におすすめします。


□契約する

契約の際には大きな金額が動くため、些細なことでもすれ違いが起こり、契約の後でトラブルになることが多々あります。
そのため、契約前に詳細をしっかり決めて、決めた内容は口頭だけでなく文章に残すことが大切です。

注文住宅のローンの組み方はどうする?青森の業者が解説!_②.jpg

□まとめ

今回は、注文住宅のローンの組み方についてご紹介しました。
「注文住宅についてもっと知りたい。」
「新築の住居を建てたい。」
と思っている方は、注文住宅について考える良い機会かもしれません。
これを機に、一度住宅の新築・改築を検討してみてはいかがでしょうか?
当社はみなさまの理想の住空間を実現するため、新築から増築・改築に至るまで幅広い建築を行っています。
住宅建設についてわからないことがあれば、お気軽にご相談ください!

詳しくはホームページをご覧ください!
http://www.soma-arc.jp/

PageTop