注文住宅のローンは自己資金がなくても大丈夫?青森の業者が解説!

「投稿可」注文住宅のローンは自己資金がなくても大丈夫?青森の業者が解説!_main.jpg

注文住宅のローンでお悩みの方はいらっしゃいませんか?
「注文住宅を建てたいけれど、ローンの組み方がわからない。」
「憧れの一軒家を建てたい。」
「自己資金がないけれど、ローンを組めるの?」
このように思ったことがある方もいらっしゃるかもしれません。
近年、地震や豪雨などの自然災害が頻発しており、建物に耐久性が求められている中、住居を建て直したり、リフォームしたりする人が増えています。
しかし、いざ注文住宅を建てると言っても、どのようにローンを組めば良いのかわからない方も多いのではないのでしょうか?
そこで今回は、青森の方に向けて、注文住宅のローンは自己資金がなくても大丈夫なのかについてご紹介します。

注文住宅のローンは自己資金がなくても大丈夫?青森の業者が解説!_①.jpg

□自己資金が無くてもローンは組める?

ローンの中には、物件購入額と諸費用額を合計した金額を借りることで、自己資金を全く用意せずにローンを組めるものもあります。
ただし一般的には審査が厳しくなり金利も高くなるため、自己資金を全く用意せずにローンを組むのは難しいです。


□自己資金に見合った住居

自己資金が少なければ、その分金利が高くなり最終的に支払う金額が高くなります。
そのため、家計とのバランスをとり、自己資金に見合った住居を購入する必要があります。
基本的に、自己資金の2〜3倍の値段の住居が自己資金に見合った住居です。
住居の値段が自己資金よりも高いほど金利は増えるため、最大でも自己資金の5倍以下の値段の住居を買うことをおすすめします。
また、住居を買う際に、一時的に自己資金を他の場所から集めることで金利を下げられます。
例えば、返済期間35年、金利1.3%で4000万円の住居を買う際に、自己資金が800万円(20%)の場合と1200万円(30%)の場合では、最終支払い金額に約500万円の違いが生じます。
そのため、無理のない範囲で自己資金を集めることも、自己資金に見合った住居を購入する上では重要です。

注文住宅のローンは自己資金がなくても大丈夫?青森の業者が解説!_②.jpg

□まとめ

今回は、注文住宅のローンは自己資金がなくても大丈夫なのかについてご紹介しました。
「注文住宅についてもっと知りたい。」
「新築の住居を建てたい。」
と思っている方は、注文住宅について考える良い機会かもしれません。
これを機に、一度住宅の新築・改築を検討してみてはいかがでしょうか?
当社はみなさまの理想の住空間を実現するため、新築から増築・改築に至るまで幅広い建築を行っています。
住宅建設についてわからないことがあれば、お気軽にご相談ください!

詳しくはホームページをご覧ください!
http://www.soma-arc.jp/

PageTop