青森で注文住宅をお考えの方必見!契約する際の流れと注意点!

0805.jpg

「注文住宅を建てたいけど、どうやって契約を進めればいいのか分からない」
「悪質な業者だけは避けたいけど、そのために注意するポイントは何だろう」

このようにお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

注文住宅は一生物といっても過言ではありません。
そのため、しっかりとした優良業者と損のない契約を結びたいものですよね。

そこで今回は、注文住宅を建てる際の契約の流れと注意点についてご紹介します!

0805-1.jpg

□契約する際の流れ

*仮契約

どこの業者を利用するか決定したら初めに仮契約を結びます。
基本的に10万円程度の手付金を入金します。

*間取り図と仕様書の作成

ご自身がどのような間取りを望んでいるのかを業者側に伝えます。
そして、それに沿った図面を作成してもらい、確認をします。

*概算見積書の作成

作成した図面を元に大体どの程度かかるかの見積もりを行ってもらいます。

*最終見積書の提示

概算見積もりの金額と予算を比較して、細かな調整を行います。

*本契約

最後に間取り図・金額ともに調整が整えば、本契約を行います。
基本的に、この際に100万円ほどの手付金を入金します。


□注意するポイント

*価格と仕様の確認

本契約の後から価格が増えるというトラブルが発生するのを防ぐためにも、契約時にしっかりと価格と仕様の確認をしましょう。
契約時にこれらをあいまいにしてしまったことが原因でトラブルが起きることが多いです。
悪徳業者の場合、このパターンを故意に狙っていることがあるので、急かされてもすぐにうなずかず、怪しさを感じた場合は業者を変更するのがベストです。

*工事完了日と引き渡し日の確認

天候の影響で工事が遅れてしまうことはどうしても起こりえます。
そのような場合、スムーズに損害金を請求できるように完了日や引き渡し日を正確に設定しておきましょう。
ここがあいまいで請求できなかったパターンも多くあります。

*支払い方法の決定

契約の際の支払いは基本的に数回に分けて行われますが、住宅ローンが適用されるのは最後の引き渡し時に払う分だけです。
そのため、住宅ローンを利用する前提の方は、なるべく後半に多くの金額を支払うようにするのがオススメです。

0805-2.jpg

□まとめ

今回は、注文住宅を建てる際の契約の流れと注意点についてご紹介しました。

どのように契約を進めるのか分からなかった方は、ぜひこちらを参考にしていただければ幸いです。
何か分からないことがあれば、お気軽にお問い合わせください。

詳しくはホームページをご覧ください!
http://www.soma-arc.jp/

PageTop