青森県の方へ!新築を購入した後、後悔することについて解説!

「投稿可」青森県の方へ!新築を購入した後、後悔することについて解説!_main.jpg

「新築を購入する際に後悔したくない!」
「新築を購入して後悔するのは具体的にどんなことがあるのだろう。」
このように、お考えの方はいらっしゃいませんか。
新築を購入することは、人生で何度も経験することではありません。
そのため、新築を購入した後で、後悔する方が多いです。
しかし、住宅はかなり大きい買い物になるため、絶対に後悔したくないですよね。
そこで今回は、新築を購入した後、後悔することについて解説します。

58ba2ce84409b0811145a4e741fbbef6_s.jpg

□新築を購入した後、後悔することとは?青森県の工務店が解説!

*リビングが思ったより狭い

設計図からイメージしていた広さと実際に完成した住宅のリビングの広さを比べると、狭いと感じる場合があります。
特に、お金を気にして、リビングを小さくした場合は、後悔することが多いです。
リビングは、家族全員が使う場所のため、節約することはなるべく避けましょう。
もし、お金を節約したい場合は、外壁や床材の部材を変えたり、住宅メーカーを変えたりすることをおすすめします。
開放的な住宅を実現したい場合は、理想的な部屋の大きさを確保することが大切です。

*収納スペースが少ない

収納スペースは、新築を購入した後、後悔することがもっとも多い箇所です。
収納スペースが少ないと、部屋にものが散らかりやすくなります。
また、ものは入居した後、どんどん増えていくため、「少し大きいかな」と思うぐらいのスペースを確保しましょう。
収納スペースを大きくすると、部屋が狭くなると思う方がいらっしゃると思います。
しかし、ものをしっかりと収納できれば、部屋がすっきりするため、生活空間を大きくできます。

*部屋が暗い

「明るいリビングにしたい!」という方は多いでしょう。
立地条件などの理由で日光を取り入れにくい場合、明るくするには設計を工夫する必要があります。
設計の時点では、実際に入居していないため、明るさがわからず、購入した後で後悔する方がいらっしゃいます。
後悔しないために、シミュレーションをしてくれたり、プロが相談に乗ってくれたりする工務店を探すことが大切です。

a2aeff8e67813d954a3a63a55cd358bd_s.jpg

□まとめ

今回は、新築を購入した後、後悔することについて解説しました。
新築を購入した後、後悔しないためにも、この記事を参考にしてみてください。
当社は、青森県を中心に、安心・安全の自然素材にこだわった住宅を提供しています。
「新築の購入について相談したい!」
「自然素材を使った住宅を建てたい!」
このようにお考えの方は、ぜひ当社にお問い合わせください。
また、当社は定期的に完成見学会などのイベントを開いています。
詳しくはホームページをご覧ください!
http://www.soma-arc.jp/

青森で新築の購入を検討中に方へ!玄関設計のコツについて解説!

「投稿可」青森県で新築の購入を検討中の方へ!玄関設計のコツについて解説!_main.jpg

「せっかく新築を購入するなら、玄関をこだわりたい。」
「玄関を設計するコツを教えて欲しい。」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
玄関は、住宅の顔であり、家族以外の方に見られることが多い場所です。
そのため、こだわりたい方やセキュリティについて心配な方もいらっしゃると思います。
しかし、新築の購入は何度も経験することではないため、玄関設計について知らない方が多いでしょう。
そこで今回は、青森県で新築の購入を検討中の方へ、玄関の設計するコツについて解説します。

51eb07af9b60537a221599db965f2882_s.jpg

□玄関設計のコツについて青森県の工務店が解説!

*収納スペース

玄関で失敗することの一つに、収納スペースがないことがあります。
収納スペースが少ないことで、靴が入りきらないパターンが目立ちます。
そのため、子供が成長することや、子供が増えることなどを考えて決めましょう。

*照明

玄関の照明は、おしゃれさだけではなく、実用性を考えることも大切です。
例えば、おしゃれであっても、照明のスイッチの場所がわからないと実用的ではないでしょう。
おすすめの照明は、センサー付きの照明です。
人を感知すると、自動で照明がつくため、スイッチの位置を考える必要がありません。
一方で、あまり必要でなかったと言われる照明は、足元を照らす照明です。

*セキュリティ

玄関をこだわるというと、実用性やおしゃれさだけを考える方が多いと思います。
しかし、玄関は人が出入りする場所のため、セキュリティについても考える必要があります。
ピッキング対策されているドアかどうかを確認しましょう。
また、派手で悪目立ちするドアは、周囲の目につきやすく、犯罪のリスクを高める可能性があります。

*玄関アプローチ

玄関アプローチとは、道路や駐車場から玄関までのスペースや行き方を指します。
玄関というより玄関周りに該当するスペースです。
玄関をこだわるなら、玄関周りもこだわることがおすすめです。
例えば、階段やスロープのスタイルや、装飾について考えましょう。

3359a2445abea1f938e70adc2d5748a9_s.jpg

□まとめ

今回は、青森県で新築の購入を検討中に方へ、玄関を設計するコツについて解説しました。
この記事を参考に、玄関設計をしてみてはいかがですか。
当社は、青森県を中心に、安心・安全の自然素材にこだわった住宅を提供しています。
そのため、「玄関設計について相談したい!」という方や「自然素材を使った住宅を建てたい!」という方は当社にお問い合わせください。
また、当社は定期的に完成見学会などのイベントを開いています。
詳しくはホームページをご覧ください!
http://www.soma-arc.jp/

青森県で新築を検討中の方へ!新築の間取りの考え方とは!?

「投稿可」青森県で新築を検討中の方へ!新築の間取りの考え方とは!?_main.jpg

「間取りってどのように考えればいいのだろう。」
「間取りで気をつけることって何だろう。」
このように、お考えの方はいらっしゃいませんか。
間取りは、住宅を建てる際にもっとも重要な項目です。
そのため、生活することを想像して、しっかり考える必要があります。
しかし、間取りを決めたことがない方にとって、間取りを考えることは難しいと思います。
そこで今回は、新築の間取りの考え方について解説します。

0036db4efbdac8ed0ab387dc4604ad47_s.jpg

□新築の間取りの考え方を青森県の工務店が解説!

*風はどのように通るか

住宅の中で、風を感じられると気持ちいいですよね。
そのため、自然の風を、日光とともに取り入れたい方が多いのではないでしょうか。
風を取り入れるには、窓の配置を工夫する必要があります。
・1部屋に2つ以上窓をつける
風を取り入れるには、風の通り道が必要です。
風の通り道を作るために、1部屋に2つ以上窓をつけましょう。
また、間取り図で、窓と窓を線で結び、その線が複雑になっていないか確認することも大切です。
・高い位置と低い位置に窓をつける
低い位置の窓から冷たい空気を取り入れ、高い位置の窓から温まった空気を逃がします。
また、窓の高さを考える際は、外からの視線について考えることも大切です。

*生活動線

生活動線を考えて間取りを決めることは、暮らしやすい住宅を実現する近道です。
家族全員の1日の流れを把握し、さまざまな動線を考えることが大切です。
また、現時点のことだけではなく、5〜10年後のことも考えましょう。

*収納

間取りで後悔していない方の共通点の1つは、使い勝手の良い収納スペースがたくさんあることです。
出し入れのしやすさや、収納スペースの大きさを考える必要があります。
よくある後悔は、ものが増えていき、収納スペースが足りなくなることです。
そのため、新築を建てる際は「少し大きいかな」と思うぐらいの収納スペースを確保することが大切です。

273c9746ec110388d56fad2bd7d96681_s.jpg

□まとめ

今回は、新築の間取りの考え方について解説しました。
この記事を参考に、新築の間取りを考えてみてはいかがですか。
当社は、青森県を中心に、安心・安全の自然素材にこだわった住宅を提供しています。
そのため、「間取りについて相談したい!」という方や「自然素材を使った住宅を建てたい!」という方は当社にお問い合わせください。
また、当社は定期的に完成見学会などのイベントを開いています。
詳しくはホームページをご覧ください!
http://www.soma-arc.jp/

青森県の方へ!新築を建てる際の土地探しのポイントとは!?

「投稿可」青森県の方へ!新築を建てる際の土地探しのポイントとは!?_main.jpg

「土地探しのポイントを教えてほしい。」
「土地探しを手伝ってくれる工務店ってないの?」
このように、お考えの方はいらっしゃいませんか。
土地探しは、人生で何度も経験することではありません。
そのため、土地探しのポイントがわからない方が多いと思います。
しかし、ポイントがわからないと、良い土地が見つからなかったり、いつまでも決められなかったりするでしょう。
そこで今回は、新築を建てる際の土地探しのポイントを解説します。

6b38e0909818870a3a60878ce5901508_s.jpg

□新築を建てる際の土地探しのポイント

*優先順位

土地探しでは、価格、形、駅までの距離などを考慮して希望通りの土地を見つけることが大切です。
最初に優先順位を決めておくことで、理想の土地を見つけやすくなります。

*用途地域

市街化区域内には、用途地域が定められており、地域ごとに建築物の制限があります。
基本的には、工業専用地域以外の場合、住宅を建てられます。
しかし、注意すべきことは、建物の高さが制限されたり、周りに高層マンションなどが建つ可能性があったりすることです。
そのため、土地探しをしている地域が、どの用途地域に含まれているか確認しましょう。

*建ぺい率と容積率

建ぺい率によって建築面積の上限が決まり、容積率によって延べ床面積の上限が決まります。
そのため、この2つを確認せず購入した場合は、希望の大きさの住宅を建てられないことがあります。

*土地の接する道路

住宅を建てる場合は、建築基準法に従う必要があります。
建築基準法では、住宅を建てる土地は「4m以上の道路に2m以上接した土地でなければならない」と定められています。
もし条件を満たしていない場合は、住宅を建てられないこともあるため、注意しましょう。


□青森県で土地探しを手伝ってほしい方は当社にお任せ!

当社では、住宅を建てるプロであり、ときには土地探しもお手伝いします。
良い土地の情報は、お客様の手に届かないことが多いでしょう。
良い土地が見つからない理由は、不動産会社の営業方法に秘密があり、個人では対策できません。
もし、秘密が気になる方は、当社のホームページをご覧ください。

2b1ee5d630cb1bcfd7d0e155a1bcd683_s.jpg

□まとめ

今回は、新築を建てる際の土地探しのポイントを解説しました。
この記事を参考に、土地を探してみてはいかがですか。
当社は、青森県を中心に、安心・安全の自然素材にこだわった住宅を提供しています。
そのため、「土地探しについて相談したい!」という方や「自然素材を使った住宅を建てたい!」という方は当社にお問い合わせください。
また、当社は定期的に完成見学会などのイベントを開いています。
詳しくはホームページをご覧ください!
http://www.soma-arc.jp/

デザイン住宅のリビングをおしゃれにする方法を解説!

デザイン住宅のリビングをおしゃれにする方法を解説!_main.jpg

デザイン住宅をお考えの方はいませんか?
「せっかくのデザイン住宅、おしゃれなリビングにしたいな!」
「おしゃれなリビングにしたいけど、どうすればいいかわからない。」
このように、デザイン住宅のリビングに関してお悩みの方は多くいらっしゃると思います。
せっかくのデザイン住宅なら、おしゃれなリビングにしたいですよね。
そこで今回は、デザイン住宅のリビングにおいておしゃれにするポイントを紹介します。

デザイン住宅のリビングをおしゃれにする方法を解説!_①.jpg

□おしゃれなリビングにするために

注文住宅にするなら、おしゃれなリビングに憧れますよね。
はじめに、リビングを決める上で必要なポイントを見ていきましょう。

*リビングとダイニング

多くの住宅がキッチンとダイニングとリビングを一つの部屋にまとめています。
ダイニングとリビングを一緒にすることでリラックスした空間を作れます。
一方で、リビングとダイニングを区切ることで、くつろぐスペースと食べるスペースを分けられます。

*ウッドデッキを採用する

庭にウッドデッキを用意すれば、おしゃれなリビングになるかもしれません。
ウッドデッキには、視覚的に広く見せる効果があります。
また、リビングとの段差がないため、洗濯物を干すときにストレスがなくなります。

*照明を工夫する

リビングの照明を工夫すれば、簡単におしゃれな雰囲気を作れるでしょう。
部屋全体を照らすシーリングライトや、端のスペースも照らせるダウンライトもオススメです。


□吹き抜けのリビング

吹き抜けのあるリビングはおしゃれな印象を受けますよね。
そこで、吹き抜けのリビングの長所と短所を紹介します。

*吹き抜けのリビングの長所

近隣の住宅事情や、土地の向きによって、窓を作っても光を取り入れにくいケースがあります。
しかし、吹き抜けのリビングなら、採光や通風を確保できます。
また、吹き抜けのリビングでは、視界が上下に広がることで空間を広く見せられるでしょう。
そのため、開放感のある空間が作れます。

*吹き抜けリビングの短所

吹き抜けリビングの短所として、一番に挙げられるのは冷暖房効率の悪さでしょう。
上下に空間が広いため、室温を変えるのが大変です。
過ごしやすい気温の春や秋は快適ですが、夏や冬は過ごしにくいかもしれません。
また、匂いや音が上の階にそのまま伝わってしまうのも短所として挙げられます。

デザイン住宅のリビングをおしゃれにする方法を解説!_②.jpg

□まとめ

今回は、デザイン住宅のリビングにおいておしゃれにするポイントを紹介しました。
当社では、デザイン住宅についてのご相談を随時受け付けております。
デザイン住宅の専門家が、お客様を全面的にサポートいたします。
ぜひ一度、当社までお問い合わせください。
詳しくはホームページをご覧ください!
http://www.soma-arc.jp/

新築が寒いって本当?理由とその対策を業者が解説!

新築が寒いって本当?理由とその対策を業者が解説!_main.jpg

新築をお考えの方はいませんか?
「今の家は寒いから新築は寒くない家がいいな。」
「新築が寒いっていう話を聞いたことがあるけど、どうなんだろう。」
このように、新築の寒さについて不安な方は多くいらっしゃると思います。
しかし、新築の寒さの原因と対策についてあまりご存知ないですよね。
そこで今回は、新築の寒くなる理由、対策を解説致します。

「新築が寒いって本当?理由とその対策を業者が解説!_①.jpg

□新築が寒くなる理由は?

新築が寒いなんてありえない!とお考えの方は多いのではないでしょうか。
はじめに、新築が寒くなってしまう理由を見ていきましょう。

*大切なのは機密性!

機密性とは、「家の外に面している壁の隙間がどの程度か」を指します。
つまり、隙間風が多い家は機密性が低く、隙間風が少ない家は機密性が高いと言えます。
新築なのに寒い家は、機密性が低いことが多いです。
機密性については後ほど詳しく解説します。

*床材の材料は何か

床材は部屋の雰囲気を決めるため、デザインを見て選ぶことが多いですよね。
しかし、床材の素材は部屋の温度に大きく影響します。
床材の素材選びには注意しましょう。

*窓が大きく、多い

暖房で暖めた空気の約60%が、窓から出て行くと言われています。
大きい窓がある、窓の数が多い、窓の位置が太陽の光を取り込めていないといった特徴に当てはまる場合、寒さの原因となっている可能性が高いです。


□新築が寒くならないための対策!

*機密性を数値化した「C値」

先ほど機密性について解説しました。
しかし、機密性が高いか低いかと一概にはわからないですよね。
機密性を数値化したものが「C値」と呼ばれます。
C値には基準があり、北海道や秋田、青森、岩手は2以下、その他の地域は5以下となっています。
新築を考える際は、「C値」を基準に考えましょう。

*窓に工夫をする

窓に工夫をすると、寒さを抑えられます。
ペアガラス、トリプルガラスといった機密性が高くなるガラスを取り入れましょう。
また、厚手のカーテンで保温性を高めたり、隙間テープで風の通り道を塞いだりするのも効果的です。

*床暖房を取り入れる

床暖房は電気代が高くなるというイメージがありますよね。
しかし、床暖房があれば驚くほど室内が温かくなります。
長期的に考えると、電気代はかかりますが、快適に過ごせる方が良いのではないでしょうか。
ご家族の年齢や、ライフスタイルに合わせて考えましょう。

「新築が寒いって本当?理由とその対策を業者が解説!_②.jpg

□まとめ

今回は、新築の寒くなる理由、対策を解説致しました。
当社では、新築についてのご相談を随時受け付けております。
新築の専門家が、お客様を全面的にバックアップ致します。
ぜひ一度、当社までお問い合わせください。
詳しくはホームページをご覧ください!
http://www.soma-arc.jp/

新築のキッチンの適切な広さについて専門業者が解説します!

新築のキッチンの適切な広さについて専門業者が解説します!_main.jpg

新築をお考えの方はいませんか?
「新築でキッチンをどのくらいの広さにしたらいいのかわからない!」
「使いやすいキッチンにするにはどうしたらいいんだろう。」
このように、新築でキッチンの広さについて知りたい方は多くいらっしゃると思います。
しかし、適切なキッチンの広さをご存知でない方は多いですよね。
そこで今回は、新築のキッチンにおける適切な広さを解説します。

新築のキッチンの適切な広さについて専門業者が解説します!_①.jpg

□キッチンの種類は?

キッチンにはいくつかの種類があります。
それぞれの特徴を見ていきましょう。

*壁付きキッチン

壁付きキッチンとは、部屋の壁に配置するキッチンを指します。
壁に向かって調理を行うため、汚れや臭いが広がりにくいといった良い点があります。

*対面・カウンターキッチン

対面キッチンは、ダイニングに向かって配置されているものです。
対面キッチンでは、ダイニングに面しているため、家族とのコミュニケーションをとりながら作業できるといった良い点があります。

*オープン対面キッチン

対面キッチンの特徴は、壁で空間を区切らないところにあります。
オープンキッチンには、アイランド型とペニンシュラ型があります。
アイランド型はよく耳にすることが多いですよね。
この型は、キッチンが壁から離れている形です。
もう一つのペニンシュラ型は、キッチンの一辺が壁についている形です。
どちらもダイニングに対してより開放的といった良い点があります。


□キッチンの広さは?

標準的なキッチンの広さを見ていきましょう。

*必要な空間の広さ

キッチン空間に必要な広さは、キッチンセットのレイアウトパターンによって異なります。
しかし、標準的には4.5畳ほどで良いと言われています。
ダイニングキッチンの場合は、8~12畳、リビンクとダイニングとキッチンが一緒の部屋では約15畳以上が目安になるでしょう。
また、近年では20畳以上のリビングとダイニングとキッチンが一緒の部屋も増えてきています。
ご家族の人数やライフスタイルに合わせた広さを選ぶようにしましょう。

*キッチンに必要な幅

キッチンで動線を確保するために、幅は大切なポイントです。
キッチンの出入り通路には、両手に食器を持って通れる幅の80センチ前後が標準です。

新築のキッチンの適切な広さについて専門業者が解説します!_②.jpg

□まとめ

今回は、新築のキッチンにおける適切な広さを解説致しました。
キッチンの種類と適切な広さについてご理解いただけたでしょうか。
当社では、新築についてのご相談を随時受け付けております。
新築の専門家が、お客様をサポート致します。
新築についてご検討の際は、ぜひ一度、当社までお問い合わせください。
詳しくはホームページをご覧ください!
http://www.soma-arc.jp/

デザイン住宅をご検討中の方必見!おしゃれな玄関にするポイントを徹底解説!

デザイン住宅をご検討中の方必見!おしゃれな玄関にするポイントを徹底解説!_m.jpg

デザイン住宅をご検討中の方はいませんか?
「おしゃれな玄関に憧れるけど、どうしたらいいんだろう?」
「せっかくのデザイン住宅、玄関にこだわりたいな。」
このように、おしゃれな玄関に憧れる方は多くいらっしゃると思います。
しかし、おしゃれな玄関を作るためにはどうしたらいいかわからないですよね。
そこで、今回はデザイン住宅の玄関をおしゃれにするポイントをご紹介します。

デザイン住宅をご検討中の方必見!おしゃれな玄関にするポイントを徹底解説!_①.jpg

□玄関でこだわるポイント

家の顔とも呼ばれる玄関には、こだわるべきポイントがいくつかあります。
おしゃれな玄関にするために、こだわるポイントをご紹介します。

*玄関ドアの素材と形

玄関ドアは、来客の際に絶対に見られるポイントですよね。
玄関ドアの素材と形にこだわりましょう。
玄関ドアの素材には、アルミ、スチールといった金属がメインのものがあります。
そこにガラスを埋め込むドアもあり、様々なバリエーションがあります。
形にも、片開き、両開き、引き戸といった様々な選択肢があります。
好きなデザインを組み合わせてこだわりの玄関ドアにしましょう。

*玄関照明

玄関照明は、玄関の雰囲気作りに大きな役割を果たします。
シャンデリアを用いてゴージャスな雰囲気を作ったり、間接照明を使うことでおしゃれな雰囲気を作ったりできます。
また、デザインだけでなく機能性も重視しましょう。
玄関に入った時にだけ、点灯してくれる人感センサー機能がついた照明をオススメします。
電気代の節約だけでなく、防犯にも役立ちます。

*玄関の間取り

玄関の間取りは、実際に住んだ時のことをイメージしながら考えましょう。
玄関に大きな荷物を置いたり、趣味の道具を置いたりすることもあります。
スペースに余裕を持った間取りにすることをオススメします。

*靴収納

玄関の設計で最も大切なのは、靴収納ではないでしょうか。
家族が増えたり、成長したりすると必要な靴も増えますよね。
その際、玄関に靴が溢れてしまうのは避けたいところです。
靴収納のスペースはかなり広めに考えておく方がいいでしょう。
余ってしまったスペースには靴ブラシや空気入れといった小物を収納できます。

デザイン住宅をご検討中の方必見!おしゃれな玄関にするポイントを徹底解説!_②.jpg

□まとめ

今回は、デザイン住宅の玄関をおしゃれにするポイントをご紹介しました。
玄関にはこだわるポイントがたくさんあることをご理解いただけたでしょうか。
おしゃれな玄関を考える際の一助となれば幸いです。
当社では、デザイン住宅についてのご相談を随時受け付けております。
デザイン住宅の専門家が、お客様を全面的にサポート致します。
ぜひ一度、当社までお問い合わせください。
詳しくはホームページをご覧ください!
http://www.soma-arc.jp/

新築のお風呂で後悔しないためのポイントを業者が徹底解説!

「投稿可」新築のお風呂で後悔したくない!後悔しないお風呂のポイントを業者が徹底解説!_m.jpg

注文住宅をご検討中の方はいませんか?
「注文住宅を建てるとき、お風呂ってどうすればいいんだろう?」
「注文住宅のお風呂、後悔したら嫌だな。」
このように、注文住宅のお風呂に関して不安をお持ちの方は多くいらっしゃると思います。
注文住宅を建てる際のお風呂のポイントをご存知の方は少ないでしょう。
そこで今回は、新築のお風呂で後悔しないためのポイントを解説致します。

新築のお風呂で後悔したくない!後悔しないお風呂のポイントを業者が徹底解説!_①.jpg

□お風呂の失敗例を紹介!

実は、お風呂の失敗例はとても多いです。
そこでまずはお風呂の失敗例から見ていきましょう。

*お風呂のサイズで失敗!

間取りを決める際、リビングや玄関、部屋の配置などにこだわり、お風呂のことをあまり考えていない方が多いです。
そのため、お風呂が狭くなってしまったという失敗例があります。
また、逆にお風呂を広くしすぎてしまったため、掃除が大変になったという失敗例もあります。
お風呂を適切な広さで配置するために、間取りを考える際には、お風呂の位置やサイズを早めに決めてしまいましょう。

*オプションをつけすぎてしまった!

カタログには様々な魅力的なオプションがついていますよね。
しかし、住み始めると意外と不要だったというオプションがあります。
不要だった浴室のオプションでよくあげられるのは、テレビです。
住み始めてテレビを使ってみると、テレビを見る時間が長くて次の人が入れなくなるという問題が発生します。
そのため、家族内で禁止されるケースもあるようです。
家族構成やライフスタイルに合わせて浴室のオプションを決めましょう。


□お風呂で失敗しないためのポイント!

*窓を設置する

お風呂では、他の部屋よりも湿気がこもりますよね。
換気扇だけでは、湿気がこもりカビが発生してしまうことがあります。
そのため、窓を設置してカビが発生しないようにしましょう。

*掃除しやすい素材の壁を選ぶ

カビや汚れが目立つお風呂に入りたくないですよね。
しかし、どれだけ綺麗に保とうとしても、カビや汚れはついてしまいます。
そこで掃除がしやすい素材の壁を選ぶことが大切です。
また、カビや汚れが目立たない色の壁を選ぶことも重要です。
近年では、カビが生えにくく、掃除がしやすい壁もあります。
お風呂の壁を選ぶ際は、壁の材質に注意しましょう。

新築のお風呂で後悔したくない!後悔しないお風呂のポイントを業者が徹底解説!_②.jpg

□まとめ

今回は、新築のお風呂で後悔しないポイントを解説致しました。
当社では、注文住宅についてのご相談を随時受け付けております。
注文住宅の専門家が、お客様を全面的にバックアップ致します。
ぜひ一度、当社までお問い合わせください。
詳しくはホームページをご覧ください!
http://www.soma-arc.jp/

デザイン住宅の間取りで失敗したくない!間取りのポイントを徹底解説!

デザイン住宅の間取りで失敗したくない!間取りのポイントを徹底解説!_main.j.jpg

注文住宅をご検討中の方はいませんか?
「せっかくの注文住宅、間取りで後悔したら嫌だな。」
「間取りで失敗しないためにはどうすればいいんだろう」
このように、注文住宅において間取りに不安をお持ちの方は多くいらっしゃると思います。
絶対に間取りで後悔したくないですよね。
そこで今回は、デザイン住宅の間取りで失敗しない方法について解説します。

デザイン住宅の間取りで失敗したくない!間取りのポイントを徹底解説!_①.jpg

□部屋の広さで失敗!原因と対策!

住宅の面積は限られていますよね。
その際、スペースの配分が間取りを成功か失敗かを決める重要な鍵となります。
部屋の広さが原因の失敗例をご紹介します。

*脱衣所が狭すぎた!

脱衣所には、洗濯機やタオル、洗剤など意外にも多くのものを置きます。
そのため、脱衣所を狭くしすぎると、通りにくくなることがあります。
また、脱衣所は朝にバタバタしないように少し広めにしましょう。

*和室が狭くて使いにくい!

客間としてよく使われるのが、和室ですよね。
和室は、それほど使う機会が多くないからといって狭くしてしまいがちな部屋です。
しかし、狭くしすぎると複数の来客の際に窮屈になってしまいます。
来客を窮屈な和室に通さず、リビングに通すようになり、最終的に和室が物置になってしまったという失敗例もあります。
客間として使うスペースは広めに考えましょう。


□設備で失敗!原因と対策!

*寝室の場所で失敗!

寝室を道路側に作ってしまい、夜に走る車の音や話し声がうるさく、寝られないという失敗例があります。
道路の声は住宅に響きます。
寝室は、道路から離れた位置に配置するのがいいでしょう。

*吹き抜けのリビングで失敗!

吹き抜けのリビングはおしゃれですし、上の階に声をかけるのも楽です。
しかし、夜にリビングの音が響いたり、食事の匂いが上の階に染み付いたりします。
吹き抜けのリビングを採用する際は、音や匂いの対策をしましょう。


□収納で失敗!原因と対策!

*収納スペースが足りない!

間取りの失敗で一番多いのは、やはり収納スペースの不足ではないでしょうか。
収納スペースが足りず、物が溢れてしまうことが多いです。
また、逆に収納スペースを大きくしすぎたせいで奥にあるものがわからないといった失敗例もあります。
収納スペースはものの量を考慮し、適切なサイズのものを採用しましょう。


□こんな失敗例もある!

*コンセントの位置と数

意外にもよくある失敗例がコンセントの位置と数です。
コンセントの位置が悪かったり、数が足りなかったりすることが原因で、レイアウトを変えざるを得なかったという失敗例もあります。

*ゴミ箱の置き場がない!

いざ住み始めてみるとゴミ箱を置く場所がないという失敗例もあります。
ゴミ箱の置き場所を考慮した間取りを考えましょう。


□まとめ

今回は、デザイン住宅の間取りで失敗しない方法について解説しました。
間取りで失敗しないためのポイントをご理解いただけたでしょうか。
当社では、注文住宅についてのご相談を随時受け付けております。
注文住宅の専門家が、お客様を全面的にサポートいたします。
ぜひ一度、当社までお問い合わせください。
詳しくはホームページをご覧ください!
http://www.soma-arc.jp/